アルバート・パーク・サーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルバート・パーク・サーキット
Melbourne Grand Prix Circuit, March 22, 2018 SkySat (cropped).jpg
2018年の空撮より
所在地オーストラリア連邦ビクトリア州メルボルン
標準時UTC+10
主なイベントF1オーストラリアGPV8スーパーカーカレラ・カップフォーミュラ・フォード
(2021-)
Albert Park Circuit 2021.svg
コース長5.278 km (3.280 mi)
コーナー数14
(1996-2020)
Circuit Albert Park 1996.svg
コース長5.303 km (3.295 mi)
コーナー数16
レコードタイム1:20.486 (イギリスの旗 ルイス・ハミルトン, メルセデス, 2019年)
アルバート・パーク・サーキットのピットレーン(2004年9月)
アルバート・パーク内の公道、湖、コクチョウ(2004年9月)

アルバート・パーク・サーキットAlbert ParkMelbourne Grand Prix Circuit)はオーストラリア連邦ビクトリア州メルボルンにある公道を使用したコースである。1996年からF1オーストラリアGPが開催されている。

概要[編集]

メルボルンの中心地から約3kmの場所にあり、公園内の人工湖を周回する公道と駐車場の一部を組み合わせたサーキット。開催されるレースはF1やサポートレース、スーパーカー・チャンピオンシップのみとなっている。同地でのF1初開催は1996年。一部の年を除き例年開幕戦が行われており、2019年には週末の総観客数が32万人を超えた[1]

2017年にオーストラリアGPの主催者は、大規模な変更を加えるために調査を行った。その結果、2021年の改修内容に近い案が提出されたものの、一年の大半を公道として使用しているため、その計画は頓挫したが、ドライバーなどからコースレイアウトを含めた批判が上がり続けた[2]

2021年にはコース全体の再舗装と合わせて改修が行われ、各所のコース幅の拡張やセクター2のコースレイアウトが大きく変わり高速化された。それによりラップタイムは5秒ほど速くなるとみられている。

コースレイアウト[編集]

1996年 - 2020年[編集]

ストレートとヘアピンや直角のコーナーを組み合わせたストップ&ゴータイプのサーキット。そのため減速時の安定性やコーナーからの加速性能が求められるサーキットだった。ピットレーンの距離は280mほどしかなく、F1カレンダーの中では最短で制限速度も60km/hに設定されている。初開催の1996年に合わせ前年に舗装されて以降、コース全域で再舗装はされておらず、また1年の大半を公道として使用していたため、非常にバンピーな路面となっていた。2017年に再舗装を含めた改修案が出たものの、普段は公道として使用していることからその計画は頓挫した[1][2]

2021年 -[編集]

2017年の改修計画に近い内容で2021年に再舗装と合わせてコース全体が改修された。コース幅の拡張によりコーナーの通過速度の向上や並走して通過しやすくなったほか、ターン9,10が撤去されたことによりターン7の立ち上がりからターン11(旧ターン13)にかけてはほぼ全開区間となった。それにより平均速度は15km/hほど上がり、ラップタイムは5秒ほど短縮すると見られている[1][2]

F1GPの結果[編集]

決勝日 ラウンド グランプリ 勝者 所属チーム
1996 3月10日 1 オーストラリア イギリスの旗 デイモン・ヒル ウィリアムズ
1997 3月09日 1 オーストラリア イギリスの旗 デビッド・クルサード マクラーレン
1998 3月08日 1 オーストラリア フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン マクラーレン
1999 3月07日 1 オーストラリア イギリスの旗 エディ・アーバイン フェラーリ
2000 3月12日 1 オーストラリア ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ
2001 3月04日 1 オーストラリア ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ
2002 3月03日 1 オーストラリア ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ
2003 3月09日 1 オーストラリア イギリスの旗 デビッド・クルサード マクラーレン
2004 3月07日 1 オーストラリア ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ
2005 3月06日 1 オーストラリア イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ ルノー
2006 4月02日 3 オーストラリア スペインの旗 フェルナンド・アロンソ ルノー
2007 3月18日 1 オーストラリア フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ
2008 3月16日 1 オーストラリア イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレン
2009 3月29日 1 オーストラリア イギリスの旗 ジェンソン・バトン ブラウン
2010 3月28日 2 オーストラリア イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン
2011 3月27日 1 オーストラリア ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブル
2012 3月18日 1 オーストラリア イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン
2013 3月17日 1 オーストラリア フィンランドの旗 キミ・ライコネン ロータス
2014 3月16日 1 オーストラリア ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス
2015 3月15日 1 オーストラリア イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス
2016 3月20日 1 オーストラリア ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス
2017 3月26日 1 オーストラリア ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
2018 3月25日 1 オーストラリア ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
2019 3月17日 1 オーストラリア フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス
2020 新型コロナウイルス感染拡大のため中止
2021
2022 4月10日 3 オーストラリア モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c アルバート・パーク・サーキット”. Fomula1-Data (2022年4月5日). 2022年4月6日閲覧。
  2. ^ a b c 3年ぶりにオーストラリアにF1が戻ってくる……その間に改修されたコースで、どんなバトルが繰り広げられるか??”. jp.motorsport.com (2022年4月6日). 2022年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

座標: 南緯37度51分02.01秒 東経144度58分12.10秒 / 南緯37.8505583度 東経144.9700278度 / -37.8505583; 144.9700278

外部リンク[編集]