ルイス・ペレス=サラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はペレス=サラ第二姓(母方の)はヴァルズ=タベルネルです。
ルイス・ペレス=サラ
基本情報
フルネーム ルイス・ペレス=サラ・ヴァルズ=タベルネル
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・カタルーニャ州バルセロナ
生年月日 (1959-05-15) 1959年5月15日(61歳)
F1での経歴
活動時期 1988-1989
所属チーム '88-'89 ミナルディ
出走回数 32 (26スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1988年ブラジルGP
最終戦 1989年オーストラリアGP
テンプレートを表示

ルイス・ペレス=サラ・ヴァルズ=タベルネルLuis Pérez-Sala Valls-Taberner, 1959年5月15日 - )は、スペインカタルーニャ州バルセロナ出身の元レーシングドライバーである。HRT F1のチーム代表。

経歴[編集]

初期の経歴[編集]

1983年よりアルファサッドスプリントカップに参戦。1984年よりイタリアF3に参戦した。その後、1986年に国際F3000に移り、1987年にはイギリスのバーミンガムとイタリアのエンナで優勝を遂げるなどし、ステファノ・モデナとタイトル争いを演じ、シリーズを2位で終えた。

F1ドライバーとして[編集]

前年のモデナとのタイトル争いが評価され、1988年のF1世界選手権よりペレス=サラはF1にステップアップすることに成功し、ミナルディからデビューを果たした。チームメイトは、前年から所属していた同じくスペイン人のエイドリアン・カンポス。同チームにとっては初めてイタリア人以外の「外国人」コンビで臨んだシーズンとなった。 ペレス=サラはすぐにチームメイトをしのぐようになり、結果的に第5戦まででカンポスに予選、決勝とも全勝し、予選落ちを繰り返したカンポスは第5戦で解雇され、第6戦からは1985年にもミナルディでフル参戦ピエルルイジ・マルティニとコンビを組むことになった。最高完走位8位。ペレス=サラはカンポスには完勝したものの、マルティニは移籍初戦のアメリカGPからいきなり6位入賞を果たすなど、チームメイトに対して大きく遅れをとった。尚、この年のミナルディの予選落ちはペレス=サラ、マルティニ共に2回ずつの予選落ちを喫している。(※:余段ではあるが、カンポスは5戦中3戦の予選落ちであった。)

1989年もミナルディに残留し、引き続きマルティニとコンビを組んだ。第8戦イギリスGPでは6位入賞を果たす[1]。これがペレス=サラ自身のF1キャリアの中で最初で最後のポイント獲得となった。この年もマルティニに対して大きく出遅れた感は否めなく、マルティニはパオロ・バリッラにシートを1戦だけ譲った日本GP以外全て予選通過し、5位2回、6位1回の計3回の入賞を果たしているのに対し、ペレス=サラは前述の通り6位入賞1回のみに留まり、予選落ちも4回喫しており事実上の完敗であった事は否めなかった。

ペレス=サラは1988年と1989年の全32戦にエントリーし、計6回の予選落ちを記録している(1988年2回、1989年4回)。決勝への出走回数は26戦を数えるにとどまり、最後のレースとなった1989年オーストラリアGPで予選落ちを喫したため、最後に決勝に出走したレースはその前戦である日本GPとなる。

ツーリングカー[編集]

その後、ペレス=サラはスペイン国内のツーリングカー選手権に参戦した。同カテゴリーにて1991年には、アルファロメオ・75を駆り、シリーズチャンピオンを獲得した。1993年にも日産・スカイラインGTーRで自身2度目のチャンピオンを獲得。その後も1996年まで参戦し、チーム・メイトで同じく元F1ドライバーのエリック・ヴァン・デ・ポールと共に日産・プリメーラで参戦。1996年もシリーズ3位となる。2003年にはバルセロナカップ24時間レースで優勝を果たした。レーシングドライバーとしては2008年に引退。それまでに計46回の勝利を収めている。

その他の活動[編集]

F1から退いた後、上記のツーリングカー選手として活動する傍らにペレス=サラはスペイン国内のテレビ局でレース実況・解説や、エル・パイスをはじめとする新聞にコラムを寄稿する等、様々なメディアで解説者やコメンテーターとして活動した。又、新人発掘にも特化しており、上記の経験から自動車競技のトレーニングコーチや講師としても活躍し、現在ペレス=サラの甥であるダニエル・ジュンカデラ(フンカデージャ)もF3ユーロシリーズやGP3などで活躍している。

再度F1へ[編集]

2011年7月21日、スペインのF1チームであるHRTのアドバイザーとして就任[2]

12月15日、コリン・コレスに代わってHRT F1の新代表に就任した事が発表された[3]

エピソード[編集]

  • F1時代、自分のレースカーに乗り込む前にエアーサロンパスをシートにたっぷり吹き付けてから乗るという変わった習慣をもっていた。
  • HRTのアドバイザーとして就任した為、23年ぶりに再びカンポスと同じチームに在籍した事になる。

レース成績[編集]

国際F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1986年 パベッシー・レーシング SIL
12
VAL
Ret
PAU
5
SPA
4
IMO
5
MUG
DNQ
PER
1
OST
5
BIR
1
BUG
5
JAR
8
4位 24.5
1987年 ローラ・モータースポーツ SIL
Ret
VAL
2
SPA
18
PAU
Ret
DON
1
PER
Ret
BRH
9
BIR
4
IMO
3
BUG
1
JAR
5
2位 33

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1988年 ミナルディ M188 BRA
Ret
SMR
11
MON
Ret
MEX
11
CAN
13
DET
Ret
FRA
NC
GBR
Ret
GER
DNQ
HUN
10
BEL
DNQ
ITA
Ret
POR
8
ESP
12
JPN
15
AUS
Ret
NC
(22位)
0
1989年 M188B BRA
Ret
SMR
Ret
MON
Ret
28位 1
M189 MEX
DNQ
USA
Ret
CAN
Ret
FRA
DNQ
GBR
6
GER
DNQ
HUN
Ret
BEL
15
ITA
8
POR
12
ESP
Ret
JPN
Ret
AUS
DNQ

(key)

スペインツーリングカー選手権[4][5][編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント
1991年 アルファロメオ・75アメリカ アルファロメオ・75 1位 100
1992年 チーム・レプソルニッサン 日産・スカイラインGTーR 4位 103
1993年 1位 134
1994年 日産・プリメーラ JAR
5
ALB
3
CAL
3
ALB
3
CAT
Ret
JER
2
CAT
2
ALC JAR
Ret
JER
Ret
5位 74
1995年 JER
1

7
JER
2

5
JAR
1

4
JAR
2

9
BAR
1

DNS
BAR
2

DNS
EST
1

8
EST
2

6
ALB
1

1
ALB
2

Ret
CAL
1

2
CAL
2

1
ALB
1

5
ALB
2

4
JER
1

7
JER
2

6
BAR
1

DNS
BAR
2

DNS
JAR
1

2
JAR
2

2
6位 144
1996年 JAR
1

8
JAR
2

DNS
ALB
1

2
ALB
2

4
BAR
1

3
BAR
2

6
EST
1

5
EST
2

5
CAL
1

1
CAL
2

1
JER
1

5
JER
2

3
JAR
1

6
JAR
2

7
BAR
1

6
BAR
2

4
3位 153

脚注[編集]

  1. ^ スペイン人ドライバーがF1世界選手権でポイントを獲得したのは1957年アルゼンチンGPアルフォンソ・デ・ポルタゴによる5位入賞以来、32年ぶりの出来事。
  2. ^ “ルイス・ペレス・サラ、HRTのアドバイザーに就任”. F1 Gate.com. (2011年7月22日). http://f1-gate.com/hispania/f1_12394.html 2011年7月23日閲覧。 
  3. ^ “HRT、ルイス・ペレス・サラが新チーム代表に就任”. F1 Gate.com. (2011年12月15日). http://f1-gate.com/hispania/f1_13875.html 2011年12月16日閲覧。 
  4. ^ Luis Pérez-Sala | Racing career profile | Driver Database”. www.driverdb.com. 2019年11月24日閲覧。
  5. ^ Luis Pérez-Sala” (英語). Super Touring Register. 2019年11月24日閲覧。

外部リンク[編集]