ガストン・マッツァカーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガストン・マッツァカーネ
基本情報
フルネーム ガストン・ウゴ・マッツァカーネ
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
出身地 同・ラプラタ
生年月日 (1975-05-08) 1975年5月8日(44歳)
F1での経歴
活動時期 2000 - 2002
過去の所属チーム ミナルディプロスト、フェニックス
出走回数 21
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
最終戦 2001年サンマリノGP
テンプレートを表示

ガストン・ウゴ・マッツァカーネ(Gastón Hugo Mazzacane, 1975年5月8日 - )は、アルゼンチン人レーシングドライバー。2000年3月12日にF1デビューを果たした。

プロフィール[編集]

ミナルディ・M02をドライブするマッツァカーネ

1999年にミナルディのテストドライバーとなり、2000年からセカンドドライバーとしてF1デビューを果たす。新人ではあったものの、チームメイトのマルク・ジェネより優れたパフォーマンスを見せ、17戦中11戦完走。入賞はなかったものの、シーズンで全23人中3番目に多いラップ数を記録した。アメリカGPではウェットからドライにタイヤ交換するタイミングを遅らせ、一時3番手まで浮上。2年連続チャンピオンのミカ・ハッキネンを抑えて走行し、インディアナポリスの大観衆を沸かせた。

2001年の始めにアロウズをテストするが、2001年1月にプロストのセカンドドライバーとして出走することが決定。しかし、チームメイトのジャン・アレジに比べてパフォーマンスが芳しくなかったことを理由にシーズン途中の第4戦サンマリノGPを最後にチームから放出され、ルチアーノ・ブルティにシートを譲ることとなった。

2002年にF1に新しく参戦すると期待されたチーム、フェニックスと契約をするが、チーム自体F1に参戦することはなかった(フェニックス自体、前年に経営破綻したプロスト・グランプリの資産をトム・ウォーキンショーらが買い取ったもので、チームとしての実体はないに等しかった)。

その後、アメリカに渡り2004年にチャンプカー・ワールド・シリーズに参戦。73ポイントを獲得し、シーズン17位であった。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム 車番 獲得ポイント ランキング 決勝最高位・回数 表彰台回数
2000年 ミナルディ 21 0 21位 10位・2回 0回
2001年 プロスト 23 0 25位 12位・1回 0回