2000年オーストラリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オーストラリアの旗 2000年オーストリアグランプリ
レース詳細
2000年F1世界選手権全17戦の第1戦
Albert Park Circuit
Albert Park Circuit
日程 2000年シーズン
決勝開催日 3月12日
正式名称 LXV Qantas Australian Grand Prix
開催地 メルボルン・グランプリ・サーキット
オーストラリアメルボルン
コース Temporary street circuit
コース長 5.303[1]
レース距離 307.574[2]
決勝日天候 Sunny, Hot,[2] Air Temp: 20°C
ポールポジション
ドライバー マクラーレン-メルセデス
タイム 1:30.556[3]
ファステストラップ
ドライバー ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ
タイム 1:31.481 (41[2]周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 ウィリアムズ-BMW

2000年オーストラリアグランプリ (LXV Qantas Australian Grand Prix) は、2000年F1世界選手権の開幕戦として、2000年3月12日にメルボルン・グランプリ・サーキットで開催された[4]。58周で争われたレースは3番グリッドからスタートしたフェラーリミハエル・シューマッハが優勝した。今シーズンからシューマッハのチームメイトとなったルーベンス・バリチェロが2位に入り、BMW-ウィリアムズラルフ・シューマッハが3位に入った[5]

ポールポジションからスタートしたマクラーレンミカ・ハッキネンと、2番手スタートのチームメイトデビッド・クルサードは共にエアバルブのトラブルでリタイアとなった[6]。3名のドライバー、ウィリアムズのジェンソン・バトン、プロスト・グランプリのニック・ハイドフェルド、ミナルディのガストン・マッツァカーネがF1デビューを果たした。バトンとマッツァカーネはリタイアとなったが、ハイドフェルドは2周遅れの9位で完走となった[5][7]

背景[編集]

シーズン開幕に先立って、ブックメーカーおよび元F1ドライバー達はシューマッハが優勝する予想したが[8][9]、多くがフェラーリミハエル・シューマッハ1999年チャンピオン、マクラーレンミカ・ハッキネンが優勝争いの中心になると考えた[10]。シューマッハの元チームメイトであり今年からジャガーに乗るエディ・アーバインはシューマッハが優勝すると予想した[11]。フェラーリで1979年にタイトルを獲得したジョディ・シェクターもシューマッハの優勝を予想した[12]

11チーム、22名のドライバーが出場する本GPは3名のドライバーがデビューした。ニック・ハイドフェルドプロスト・グランプリに加入しジャン・アレジのチームメイトとなった[13]。プロストの1999年シーズンのラインナップは2人とも入れ替えとなり、オリビエ・パニスはマクラーレンのテストドライバーに、ヤルノ・トゥルーリデイモン・ヒルの後釜としてジョーダンに加入しハインツ=ハラルド・フレンツェンのチームメイトとなった[14][15]。ミナルディではルカ・バドエルが1997年から始めたフェラーリのテストドライバーとしての役割に専念するため、代わってガストン・マッツァカーネが加入した[16]。3人目のルーキー、ジェンソン・バトンアレッサンドロ・ザナルディに代わってウィリアムズに加入した。バトンは2000年当時の最年少イギリス人ドライバーであった[17]。多くの関係者、ドライバーがバトンを採用したウィリアムズの選択に疑問を抱いていた。ザウバーのミカ・サロは、バトンは経験不足で「自分か他の誰かを傷つけるだろう。」と述べた[18]

予選[編集]

ミカ・ハッキネンがチームメイトのデビッド・クルサードにコンマ35秒の差を付けてポールポジションを獲得、マクラーレンの2台がフロントローを独占した。ミハエル・シューマッハはクルサードのスピンによる赤旗のため最終アタックを放棄せざるを得ず、失意の3番グリッドとなった[3]。クルサードはそのスピンを、シューマッハのフライングラップを混乱させるために「故意に行ったのでは無い。」と語った。予選トップ3の顔ぶれは前2シーズンと変わらなかった。シューマッハの新しいチームメイト、ルーベンス・バリチェロは4番手に入り、ジョーダンのハインツ=ハラルド・フレンツェンヤルノ・トゥルーリがサードローとなった。ジャガーのエディ・アーバインが7番手に続き、ジャック・ヴィルヌーヴジャンカルロ・フィジケラミカ・サロまでがトップ10となった。ウィリアムズのラルフ・シューマッハが11番手に入ったが、ルーキーのチームメイト、ジェンソン・バトンはラルフに1.6秒遅れの21番手となった。バトンの後ろはもう一人のルーキー、ガストン・マッツァカーネとなり、彼らの前はジャガーのジョニー・ハーバートであった。バトンは後に予選セッションは「これ以上悪くなることは無い。」と語った[19]

結果[編集]

順位 No ドライバー チーム タイム
1 1 フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 1:30.556
2 2 イギリスの旗 デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 1:30.910 +0.354
3 3 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1:31.075 +0.519
4 4 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1:31.102 +0.546
5 5 ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン ジョーダン-無限ホンダ 1:31.359 +0.803
6 6 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ ジョーダン-無限ホンダ 1:31.504 +0.948
7 7 イギリスの旗 エディ・アーバイン ジャガー-コスワース 1:31.514 +0.958
8 22 カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ BAR-ホンダ 1:31.968 +1.412
9 11 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ ベネトン-プレイライフ 1:31.992 +1.436
10 17 フィンランドの旗 ミカ・サロ ザウバー-ペトロナス 1:32.018 +1.462
11 9 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 1:32.220 +1.664
12 18 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ アロウズ-スーパーテック 1:32.323 +1.767
13 19 オランダの旗 ヨス・フェルスタッペン アロウズ-スーパーテック 1:32.477 +1.921
14 12 オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ ベネトン-プレイライフ 1:32.775 +2.219
15 15 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド プロスト-プジョー 1:33.024 +2.468
16 23 ブラジルの旗 リカルド・ゾンタ BAR-ホンダ 1:33.117 +2.561
17 14 フランスの旗 ジャン・アレジ プロスト-プジョー 1:33.197 +2.641
18 20 スペインの旗 マルク・ジェネ ミナルディ-フォンドメタル 1:33.261 +2.705
19 16 ブラジルの旗 ペドロ・ディニス ザウバー-ペトロナス 1:33.378 +2.822
20 8 イギリスの旗 ジョニー・ハーバート ジャガー-コスワース 1:33.638 +3.082
21 10 イギリスの旗 ジェンソン・バトン ウィリアムズ-BMW 1:33.828 +3.272
22 21 アルゼンチンの旗 ガストン・マッツァカーネ ミナルディ-フォンドメタル 1:34.705 +4.149

決勝[編集]

22台中21台がグリッド上からスタートし、プロストのジャン・アレジがピットスタートとなった[20]。ハッキネンはスタートにおいて第1コーナーでリードを確保するため、ポールポジションの位置を交換した。クルサードとシューマッハは2番手と3番手にそれぞれ残っていたが、バリチェロはターン1でフレンツェンに抜かれ5番手に後退した。トゥルーリは1周目を終えた時点で6番手を維持していた[20]。後方ではバトンが順位を6番上げて21番手から15番手まで上ってきた[21][19]。これはミナルディのマルク・ジェネとルーキーのハイドフェルドが衝突したためでもあり、ジェネは修理のためピットストップしなければならなかった[1]

2ラップ目にクラッチトラブルでジャガーのジョニー・ハーバートがリタイアする。4ラップ目までにマクラーレンの2台はシューマッハと共に、フレンツェンのジョーダンを引き離し、フレンツェンはシューマッハに5秒の差を付けられた。7ラップ目にペドロ・デ・ラ・ロサのアロウズのフロントサスペンションにトラブルが発生し、デ・ラ・ロサはタイヤバリアに激突した。ハーバートのチームメイト、アーバインはアロウズを避けようとしてスピン、エンジントラブルで再スタートできなかった[20]。両者共にリタイアとなり、セーフティーカーが出動、コースマーシャルが残骸を清掃する間、他の車はスロー走行を余儀なくされた[21][22]

10ラップ目の終わりにグリーンフラッグが振られ、クルサードはエンジントラブルのため劇的に速度低下しピットインした。クルサードはコースに復帰したがトラブルは続き、結局11ラップ目にリタイアした。シューマッハが2位に浮上しフレンツェンは3位となる。バリチェロ、トゥルーリが続いてトップ5を形成した。BARのジャック・ヴィルヌーヴが6位を走行、バトンは12位を走行していた[20]。ハッキネンはクルサードと同じトラブルのため18ラップ目にリタイアした[21]。ハッキネンのリタイアでシューマッハがトップとなり、2位のフレンツェンに16.5秒の差を付ける。シューマッハは29ラップ目に唯一のピットストップを行い、フレンツェンが首位に立つ。シューマッハは3位でコースに復帰、トゥルーリの前を走行した[20][22]。バリチェロが33ラップ目にピットインしたが、フェラーリはバリチェロがフレンツェンの前に出られるように2ストップ作戦に切り替えた[22]

トゥルーリは36ラップ目にギアボックスのトラブルでリタイアした。このリタイヤとピットストップで、バトンが36ラップ目のピットストップ前に3位に浮上した[20][21]。フレンツェンも36ラップ目にピットストップを行ったが、ジョーダンのメカニックは給油でトラブルに遭遇し、フレンツェンは10秒以上を費やすこととなる。フレンツェンは6位でコースに復帰したが、3ラップ後にギアボックスのトラブルでリタイアした[21][22]。バリチェロは2度目のピットストップ前、45ラップ目にチームメイトのシューマッハを抜いてトップに立つ。ピット後は2位でコースに復帰した[22]

マクラーレン、ジョーダンのそれぞれ2台がリタイアしたことで、ラルフ・シューマッハが3位に浮上した。ヴィルヌーヴが4位、ベネトンジャンカルロ・フィジケラが5位となり、バトンが6位となった[20]。11周を残す時点でバトンはエンジントラブルのためリタイアとなる[19]。BARのリカルド・ゾンタが6位に浮上したが、ザウバーのミカ・サロに抜かれる[20]。レースはシューマッハが58ラップ、1:34:01.987で優勝し、2位のバリチェロには12秒差、フェラーリの1-2フィニッシュとなった。ラルフ・シューマッハが3位に入り、僅差でヴィルヌーヴが4位となる。これによってBARはF1において初のポイントを獲得した[22]。フィジケラが5位、サロのザウバーが6位に入った。しかしながらレースの数時間後にサロは車体規定の違反のため失格となり、ゾンタが6位に繰り上げとなった[20]

結果[編集]

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 3 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 58 1:34:01.987 3 10
2 4 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 58 +11.415 4 6
3 9 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 58 +20.009 11 4
4 22 カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ BAR-ホンダ 58 +44.447 8 3
5 11 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ ベネトン-プレイライフ 58 +45.165 9 2
6 23 ブラジルの旗 リカルド・ゾンタ BAR-ホンダ 58 +46.468 16 1
7 12 オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ ベネトン-プレイライフ 58 +46.915 14  
8 20 スペインの旗 マルク・ジェネ ミナルディ-フォンドメタル 57 +1 Lap 18  
9 15 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド プロスト-プジョー 56 +2 Laps 16  
DSQ 17 フィンランドの旗 ミカ・サロ ザウバー-ペトロナス 58 失格 10  
リタイア 10 イギリスの旗 ジェンソン・バトン ウィリアムズ-BMW 46 エンジン 21  
リタイア 16 ブラジルの旗 ペドロ・ディニス ザウバー-ペトロナス 41 トランスミッション 19  
リタイア 21 アルゼンチンの旗 ガストン・マッツァカーネ ミナルディ-フォンドメタル 40 ギアボックス 22  
リタイア 5 ドイツの旗 ハインツ=ハラルド・フレンツェン ジョーダン-無限ホンダ 39 ハイドロリック 5  
リタイア 6 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ ジョーダン-無限ホンダ 35 エンジン 6  
リタイア 14 フランスの旗 ジャン・アレジ プロスト-プジョー 27 ハイドロリック 17  
リタイア 1 フィンランドの旗 ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 18 エンジン 1  
リタイア 19 オランダの旗 ヨス・フェルスタッペン アロウズ-スーパーテック 16 サスペンション 13  
リタイア 2 イギリスの旗 デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 11 エンジン 2  
リタイア 18 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ アロウズ-スーパーテック 6 サスペンション 12  
リタイア 7 イギリスの旗 エディ・アーバイン ジャガー-コスワース 6 スピン 7  
リタイア 8 イギリスの旗 ジョニー・ハーバート ジャガー-コスワース 1 クラッチ 20  

レース後[編集]

レース後、ミハエル・シューマッハは以下のように語った:

僕は始めから楽に運転し、最後の瞬間に備えてタイヤと燃料を取っておいて、ピットストップが来てアタックしたんだ。不幸にも僕の前の2人はリタイアした。僕は最後まで彼らとレースをして、僕たちがどれだけ良いかを立証したかった。[22]

第1戦終了時点でのランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照[編集]

  1. ^ a b GRAND PRIX RESULTS: AUSTRALIAN GP, 2000”. GrandPrix.com. Inside F1, Inc.. 2008年6月5日閲覧。
  2. ^ a b c “Michael Schumacher Wins the Australian GP”. Atlas F1 and Reuters (Haymarket Publications). (2000年3月12日). http://atlasf1.autosport.com/news/2000/mar/2128.htm 2008年6月5日閲覧。 
  3. ^ a b “Hakkinen Sets 22nd Pole in Qualifying - Australian GP”. Atlas F1 and Reuters (Haymarket Publications). (2000年3月11日). http://atlasf1.autosport.com/news/2000/mar/2118.htm 2008年6月5日閲覧。 
  4. ^ Tytler, Ewan. “The Australian GP Preview”. Atlas F1 (Haymarket Publications). http://atlasf1.autosport.com/2000/aus/preview/tytler.html 2008年6月5日閲覧。 
  5. ^ a b 2000 Australian Grand Prix”. The Official Formula 1 Website. Formula One Management. 2008年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月5日閲覧。
  6. ^ Mossop, James (2000年3月13日). “Australian Grand Prix: Ferrari off to a flyer”. Telegraph.co.uk (Telegraph Group). http://www.telegraph.co.uk/htmlContent.jhtml?html=/archive/2000/03/13/smagp13.html 2008年6月5日閲覧。 
  7. ^ “Slow starters, or dream debuts?”. The Official Formula 1 Website (Formula One Management). (2007年3月13日). オリジナル2014年2月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140222184404/http://www.formula1.com/news/features/2007/3/5752.html 2008年6月5日閲覧。 
  8. ^ “Schumacher Bookie's Favourite to Win Drivers' Title”. Atlas F1 (Haymarket Publications). (2000年3月3日). http://atlasf1.autosport.com/news/2000/mar/2075.htm 2008年6月5日閲覧。 
  9. ^ The F1 Rumours Team. “The Grapevine - Rumours and speculation in the world of Formula One”. Atlas F1 (Haymarket Publications). http://atlasf1.autosport.com/2000/aus/preview/grapevine.html 2008年6月5日閲覧。 
  10. ^ Australian GP Preview Homepage”. Atlas F1. Haymarket Publications. 2008年6月5日閲覧。
  11. ^ Allsop, Derick (2000年3月1日). “Irvine provides new spin on McLaren rival”. The Independent (Independent News and Media). http://www.independent.co.uk/sport/motor-racing/irvine-provides-new-spin-on-mclaren-rival-722975.html 2008年6月5日閲覧。 
  12. ^ Gordon, Ian (2000年3月4日). “Schumacher can Scheck in for title”. The Independent (Independent News and Media). http://www.independent.co.uk/sport/motor-racing/schumacher-can-scheck-in-for-title-722984.html 2008年6月5日閲覧。 
  13. ^ “Prost Signs Heidfeld”. Atlas F1 (Haymarket Publications). (1999年8月27日). http://atlasf1.autosport.com/news/1999/aug/1576.htm 2008年6月5日閲覧。 
  14. ^ Fearnley, Paul (1999年10月22日). “Pitpass: Ollie taks test”. F1 Racing (Teddington, Middlesex, United Kingdom: Haymarket Magazine) (November 1999): pp. 21. ISSN 1361-4487. 
  15. ^ Fearnley, Paul (2000年2月18日). “2000 Preview”. F1 Racing (Teddington, Middlesex, United Kingdom: Haymarket Magazine) (March 2000): pp. 54–86. ISSN 1361-4487. 
  16. ^ “Minardi Announce Mazzacane as Second Driver”. Atlas F1 (Haymarket Publications). (2000年2月14日). http://atlasf1.autosport.com/news/2000/feb/2010.htm 2008年6月5日閲覧。 
  17. ^ “Williams Launch New Car; Button Replaces Zanardi”. Atlas F1 (Haymarket Publications). (2000年1月24日). http://atlasf1.autosport.com/news/2000/jan/1919.htm 2008年6月5日閲覧。 
  18. ^ McRae, Donald (2000年3月11日). “Moment of truth for Button, the most hyped driver since Senna”. guardian.co.uk (Guardian News and Media). http://www.guardian.co.uk/sport/story/0,,235485,00.html 2008年6月5日閲覧。 
  19. ^ a b c Benson, Andrew (2000年3月13日). “Button bright in baptism of fire”. guardian.co.uk (Guardian News and Media). http://www.guardian.co.uk/sport/story/0,,235615,00.html 2008年6月5日閲覧。 
  20. ^ a b c d e f g h i Lupini, Michele. “The Australian GP Review”. Atlas F1 (Haymarket Publications). http://atlasf1.autosport.com/2000/aus/lupini.html 2008年6月5日閲覧。 
  21. ^ a b c d e f g Windsor, Peter; Clarkson, Tom (2000年3月17日). “Schuey's confidence repaid”. F1 Racing (Teddington, Middlesex, United Kingdom: Haymarket Magazine) (March 2000): pp. 136–143. ISSN 1361-4487. 
  22. ^ a b c d e f g Henry, Alan (2000年3月13日). “Ferrari fire as Button comes undone”. guardian.co.uk (Guardian News and Media). http://www.guardian.co.uk/sport/story/0,,235624,00.html 2008年6月5日閲覧。 
FIA F1世界選手権
2000年シーズン
次戦
2000年ブラジルグランプリ
前回開催
1999年オーストラリアグランプリ
オーストラリアの旗 オーストラリアグランプリ次回開催
2001年オーストラリアグランプリ

座標: 南緯37度50分59秒 東経144度58分06秒 / 南緯37.84972度 東経144.96833度 / -37.84972; 144.96833