2006年カナダグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カナダの旗 2006年カナダグランプリ
レース詳細
Circuit Gilles Villeneuve.svg
日程 2006年シーズン
決勝開催日 6月25日
開催地 ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット
カナダ モントリオール
コース 恒久的レース施設
コース長 4.361km
レース距離 70周(305.27km)
ポールポジション
ドライバー
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
決勝順位
優勝
  • スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
2位
3位
  • フィンランドの旗 キミ・ライコネン
ジェンソン・バトンは予選8位、チームメイトのルーベンス・バリチェロ9位であった。
ヘアピンカーブを行くニコ・ロズベルグ
アロンソはポールポジションを獲得した。
予選でフェラーリ248F1を駆るミハエル・シューマッハ
MF1の2名、クリスチャン・アルバースティアゴ・モンテイロは1ラップ目でクラッシュした。
フィジケラは2位スタートだったものの、ドライブスルーのペナルティを科され4位でフィニッシュした。
トヨタの2台はラルフがリタイヤするまでお互いに追走した。
バリチェロとクリエンのバトル。

2006年カナダグランプリは、2006年F1世界選手権第9戦として、2006年6月25日にジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで開催された。

フェルナンド・アロンソが勝利し、ミハエル・シューマッハに対するリードを広げることとなった。シューマッハは2ラップを残した時点でキミ・ライコネンをパスし、2位に入賞した。

ミッドランドの2台がスタート後にヘアピンカーブでクラッシュした。2ラップ目にはファン・パブロ・モントーヤとニコ・ロズベルグが接触、セーフティーカーが出動した。ロズベルグはリタイヤしたが、モントーヤは走行を続け、13周目に壁に衝突、リタイヤした。

シューマッハは先を走るトゥルーリに阻まれ、ようやくパスしたときにはアロンソがかなりのリードを築いていた。

しかしながら、ペースの遅いラルフ・シューマッハをパスしようとしたジャック・ヴィルヌーヴが壁に衝突、クラッシュすると再びセーフティカーが出動した。ラルフも結局リタイヤすることとなった。

2位を走るライコネンはセーフティーカーによってアロンソとの差が縮められるチャンスを得たものの、これを生かすことはできなかった。彼は終盤にミハエル・シューマッハにパスされ3位でフィニッシュすることとなった。

予選[編集]

From [1]:

順位 国籍 ドライバー コンストラクター Q3 Q2 Q1
1 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ ルノー 1:14.942 1:14.726 1:15.350
2 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ ルノー 1:15.178 1:15.295 1:15.917
3 フィンランドの旗 キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 1:15.386 1:15.273 1:15.376
4 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1:15.968 1:15.506 1:16.455
5 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1:15.986 1:15.139 1:15.716
6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ-コスワース 1:16.012 1:15.269 1:16.404
7 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ マクラーレン-メルセデス 1:16.228 1:15.253 1:16.251
8 イギリスの旗 ジェンソン・バトン ホンダ 1:16.608 1:15.814 1:16.594
9 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ ホンダ 1:16.912 1:15.601 1:16.735
10 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:17.209 1:15.555 1:16.259
11 カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ BMWザウバー 1:15.832 1:16.493
12 オーストリアの旗 クリスチャン・クリエン レッドブル-フェラーリ 1:15.833 1:16.585
13 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 1:15.885 1:15.906
14 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ トヨタ 1:15.888 1:16.702
15 イタリアの旗 ヴィタントニオ・リウッツィ トロ・ロッソ-コスワース 1:16.116 1:16.581
16 イギリスの旗 デヴィッド・クルサード レッドブル-フェラーリ 1:16.301 1:16.514
17 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー ウィリアムズ-コスワース 1:16.985
18 アメリカ合衆国の旗 スコット・スピード トロ・ロッソ-コスワース 1:17.016
19 ポルトガルの旗 ティアゴ・モンテイロ MF1-トヨタ 1:17.121
20 オランダの旗 クリスチャン・アルバース MF1-トヨタ 1:17.140
21 日本の旗 佐藤琢磨 スーパーアグリ-ホンダ 1:19.088
22 フランスの旗 フランク・モンタニー スーパーアグリ-ホンダ 1:19.152
  • デヴィッド・クルサードは予選後エンジンを交換したため10位降格、22番手スタートとなった。

決勝[編集]

From [2]:

順位 No 国籍 ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 1 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ ルノー 70 1:34:37.308 1 10
2 5 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ フェラーリ 70 +2.111 5 8
3 3 フィンランドの旗 キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 70 +8.813 3 6
4 2 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ ルノー 70 +15.679 2 5
5 6 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 70 +25.172 10 4
6 8 イタリアの旗 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 69 +1 lap 4 3
7 16 ドイツの旗 ニック・ハイドフェルド BMWザウバー 69 +1 lap 13 2
8 14 イギリスの旗 デヴィッド・クルサード レッドブル-フェラーリ 69 +1 lap 22 1
9 12 イギリスの旗 ジェンソン・バトン ホンダ 69 +1 lap 8
10 21 アメリカ合衆国の旗 スコット・スピード トロ・ロッソ-コスワース 69 +1 lap 17
11 15 オーストリアの旗 クリスチャン・クリエン レッドブル-フェラーリ 69 +1 lap 12
12 9 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー ウィリアムズ-コスワース 69 +1 lap 16
13 20 イタリアの旗 ヴィタントニオ・リウッツィ トロ・ロッソ-コスワース 68 +2 laps 15
14 18 ポルトガルの旗 ティアゴ・モンテイロ MF1-トヨタ 66 +4 laps 18
15 22 日本の旗 佐藤琢磨 スーパーアグリ-ホンダ 64 Accident 20
Ret 17 カナダの旗 ジャック・ヴィルヌーヴ BMWザウバー 58 Accident 11
Ret 7 ドイツの旗 ラルフ・シューマッハ トヨタ 58 Retired 14
Ret 4 コロンビアの旗 ファン・パブロ・モントーヤ マクラーレン-メルセデス 13 Accident 7
Ret 11 ブラジルの旗 ルーベンス・バリチェロ ホンダ 11 Mechanical 9
Ret 23 フランスの旗 フランク・モンタニー スーパーアグリ-ホンダ 2 Engine 21
Ret 10 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ-コスワース 1 Collision 6
Ret 19 オランダの旗 クリスチャン・アルバース MF1-トヨタ 0 Collision 19


第9戦終了時点でのランキング[編集]

注:1位から5位まで

ドライバーズ・チャンピオンシップ[2]
順位 ドライバー ポイント
1 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ 84
2 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ 59
3 フィンランドの旗 キミ・ライコネン 39
4 イタリアの旗 ジャンカルロ・フィジケラ 37
5 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ 28
コンストラクターズ・チャンピオンシップ[2]
順位 コンストラクター ポイント
1 フランスの旗 ルノー 121
2 イタリアの旗 フェラーリ 87
3 イギリスの旗 マクラーレンメルセデス 65
4 日本の旗 ホンダ 29
5 ドイツの旗 BMWザウバー 19

参照[編集]

  1. ^ Domenjoz, Luc et al.. Formula One Yearbook 2006-2007. Chronosports S.A.. p. 138. ISBN 2-84707-110-5. 
  2. ^ a b c Domenjoz, Luc et al.. Formula One Yearbook 2006-2007. Chronosports S.A.. p. 141. ISBN 2-84707-110-5. 

外部リンク[編集]

前戦
2006年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
2006年シーズン
次戦
2006年アメリカグランプリ
前回開催
2005年カナダグランプリ
カナダの旗 カナダグランプリ 次回開催
2007年カナダグランプリ