木下隆之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 隆之(きのした たかゆき、1960年5月5日 - )は、日本のレーシングドライバー作家、自動車伝道師。日本自動車ジャーナリスト協会会員。

経歴[編集]

東京都出身。血液型はA型。明治学院大学経済学部卒業。妻は料理研究家飛田和緒日本カーオブザイヤー選考委員(09-10等)。

2005年当時、専門学校テクニカルカレッジ神戸の非常勤講師を務めていた。

初レース時のクルマはトヨタKP61スターレットであり、非力なクルマであったことが逆に闘争心に火をつけたと語っている。このレースで初優勝し、その走りを見ていたP'Sプロモータースポーツ監督の上村にスカウトされ、プロのレーサーとして出発する事になる。

国内外のツーリングカーレースや耐久レースで活躍。近年はスーパー耐久を中心に活動する他、TOYOTA GAZOO Racingの一員としてニュルブルクリンク24時間レースにも参戦している。

2014年にはBMWDTMマシンをテストドライブした。

エピソード[編集]

  • 木下がFJ1600ポールポジションを獲得した際、六田登が漫画『F-エフ-』を描くため取材に来ており、その時の木下の写真をモチーフに描かれたコマがある[1]

レース戦績[編集]

全日本ツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車種 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1986 日産・スカイライン DlV.3 NIS
Ret
SUG TSU
5
SEN
5
FSW
Ret
SUZ
5
1988 JTC-1 SUZ NIS SEN TSU
6
SUG
7
FSW
Ret
1989 JTC-1 NIS
Ret
SEN
4
TSU
8
SUG
5
SUZ
3
FSW
Ret
1992 NISMO 日産・スカイラインGT-R JTC-1 TAI
5
AUT
1
SUG
2
SUZ
4
MIN
NC
TSU
3
SEN
2
FSW
1
6位 100
1993 一ッ山レーシング BMW・M3 JTC-2 MIN
Ret
AUT SUG
6
SUZ
5
TAI
4
TSU
4
TOK
3
SEN
5
FSW
3
9位 66

全日本GT選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1995年 牧口エンジニアリング BMW・M3 GT2 SUZ FSW SEN
Ret
FSW
1
SUG
Ret
MIN
2
11位 35
1996年 GT300 SUZ
3
FSW
4
SEN
1
FSW
Ret
SUG
10
MIN
4
3位 53
1997年 HITOTSUYAMA RACING BMW・318i GT300 SUZ
Ret
14位 13
TEAM DAISHIN 日産・シルビア FSW
7
SEN
6
FSW
Ret
MIN
Ret
SUG
8
1998年 HITOTSUYAMA RACING BMW・M3 GT300 SUZ
FSW
C
SEN FSW 19位 12
910 RACING ポルシェ・911 TRM
3
MIN
Ret
SUG
14
1999年 cdma One TOYOTA TEAM CERUMO with Key’s トヨタ・スープラ GT500 SUZ
8
FSW
6
SUG
8
MIN
Ret
FSW
Ret
TAI
11
TRM
15
16位 12
2000年 GT500 TRM
11
FSW
Ret
SUG
16
FSW
19
TAI
13
MIN
Ret
SUZ
10
23位 1
2001年 TEAM TAISAN ADVAN Jr. ダッジ・バイパー GTS-R GT300 TAI
8
FSW
9
SUG FSW
9
TRM
14
SUZ MIN
3
15位 19
2002年 TEAM TAISAN ADVAN ポルシェ・911 GT300 TAI FSW
3
11位 34
TEAM TAISAN ADVAN Jr. ダッジ・バイパー GTS-R SUG
5
SEP
9
FSW TRM MIN
RE雨宮レーシング マツダ・RX-7 SUZ
3
2003年 TEAM TAISAN ADVAN  ダッジ・バイパー GTS-R GT300 TAI
16
FSW
16
SUG
Ret
FSW
1
FSW
5
TRM
Ret
AUT
7
SUZ
Ret
12位 34

主な寄稿先[編集]

連載記事[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]