プジョー・307

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プジョー・307
ハッチバック
Peugeot.307.topview.arp.750pix.jpg
クーペカブリオレ
Peugeot307cc babylonred.jpg
販売期間 2001年 - 2008年
ボディタイプ 4ドアセダン
3ドア・5ドア ハッチバック
5ドア ステーションワゴン
2ドア クーペカブリオレ(CC)
セダンと3ドアハッチバックは日本で正規販売なし
エンジン 1.3L、1.6、2.0Lガソリンエンジン
1.6L、2.0Lディーゼルエンジン
1.3Lモデルとディーゼルは日本で正規販売なし
駆動方式 前輪駆動
最高出力 137PS/6,000rpm
最大トルク 19.40kgfm/4,100rpm
変速機 4速AT・5速MT
サスペンション ストラット(前)
トレーリングアーム(後)
全長 セダン:4,470mm
ハッチバック:4,210mm
CC:4,380mm
全幅 1,730mm
全高 1,510mm
CCのみ1,420mm
先代 プジョー・306
後継 プジョー・308
-自動車のスペック表-

プジョー・307Peugeot 307 )は、フランスの自動車メーカー、プジョーが2001年から2008年まで生産していた乗用車である。

日本における概要[編集]

同社の乗用車306の後継であり、安全性の確保等の理由によりボディは大型化された。最終的にはハッチバック307フェリーヌ、3列7人乗りミニバン307SWクーペカブリオレ(電動格納屋根のオープンカー)の307CCの3種類が存在。

エンジンは1.6Lと2.0Lが搭載されたがCCは2.0Lのみ。CC及びフェリーヌにはチューンアップした2.0Lエンジンを搭載したSportというグレードが存在。いずれもマニュアル設定のみだが、CCではハンドルの左右が選べた。SWには後席頭上までガラスが広がるパノラミックガラスルーフを装備。2列目以降のシートは1席単位で取り外し可能。一時ラインナップされていた307ブレークはSWと同じボディでシートが2列5人乗りのステーションワゴンで、パノラミックガラスルーフは未設定だった。

WRC[編集]

モータースポーツにおいては2004年のWRCより、これまでの206WRCから307CCをベースとしたWRカー・307WRCにスイッチした。307WRCはポテンシャルの高さは見せるものの度重なるギアボックス、パワーステアリングなどの油圧系トラブルが頻発し不振を極めた。あまりのマシントラブルの多さに当時ワークスドライバーであったマーカス・グロンホルムは「このクルマにはもううんざりだ」とスペシャルステージ直後のインタビューで吐き捨てている。2005年シーズンはトラブルの頻発は解決されたものの、ピレリタイヤにスイッチしたことによりタイヤの競争力不足に悩まされ、2005年を最後にワークスとしてのWRC撤退を表明したが、2005年度のワークスマシンを元としたカスタマー・スペック車が、2006年シーズンにプライベートチームOMVプジョー・ノルウェーWRTからエントリーしていた。

歴史[編集]

  • 2001年春 - 欧州で発売
    • 9月 - 日本で3ドア/5ドアハッチバックを発売
  • 2002年10月 - 日本で307ブレーク/SWを発売
  • 2003年10月 - 東京モーターショーでCCを参考出品
  • 2004年 - 世界ラリー選手権に「307WRC(CCベース)」で出場
    • 3月 - 日本で307CC発売開始
  • 2005年6月 - 欧州でマイナーチェンジ。407のような顔つきになる。
    • 10月 - 日本でもマイナーチェンジされる。同時にグレード展開も変更。3ドアハッチバックとブレークが廃止され、新たにハッチバックにはフェリーヌの名が付いた。
  • 2006年5月 - SWに1.6Lモデルを追加。
    • 10月 - フェリーヌの特別仕様車Oxygoを発売。黒120台、赤50台、青80台の限定計250台。
  • 2008年 - 後継車である308の発売により、307シリーズは販売は終了した。但し、中国ブラジル等の新興国市場ではセダンを中心に現地生産・販売を継続。
  • 2011年 - 南米仕様車の現地生産が終了。
  • 2014年 - 中国仕様車の現地生産も終了。