BMW・7シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

7シリーズ英語名: 7 Seriesドイツ語名: 7er)はドイツ自動車メーカー、BMWが製造・販売している大型高級セダンである。

概要[編集]

前身は大型セダンのE3系である。4人乗りまたは5人乗りの大型セダンで、メルセデス・ベンツ・Sクラスジャガー・XJをライバルとしてきた。このクラスは、近年ではアウディ・A8レクサス・LSなど新興勢力の台頭により激戦区となっている。

他のライバルの多くがショーファードリヴンカー(オーナーは後席に座り、専従の運転手がハンドルを握る)としての性格を強く持つ中、BMW・7シリーズは、オーナー自らがハンドルを握る車(オーナードリヴンカー)としての性格を強調している点が特徴である。

車名の後のアルファベットは
i :フューエルインジェクション
A :オートマチックトランスミッション
L :ロングホイールベース
d :ディーゼルエンジン
をあらわす。

初代 E23(1977年-1986年)[編集]

前期型
後期型
735i 後期型 リア

1970年代に行われ始めたモデル改称により「7シリーズ」となる。前年に登場した6シリーズ(E24)同様の流麗なスタイルを採用。しかしプラットフォームは6シリーズが5シリーズベースであるのに対して7シリーズは専用設計となる。

従来の車ではショーファードリヴン向けとしてロングホイールベース版が存在したが、7シリーズにおいてはボディそのものを大型化することによりこれを解消した。これによりマーケットではメルセデス・ベンツ Sクラスと完全に競合することになる。

エンジンはE3系から引き継いだ直列6気筒エンジン(ビッグ・シックス)を全車に搭載し、ラインナップはキャブレター仕様は728と730、インジェクション仕様のトップモデルは3.3リッターの733iになった。また研究用にE23ベースの水素自動車も開発された。1979年にエンジンの変更を行い全車インジェクション化、728i、732i、735iとなる。1980年には2002ターボ以来のターボ車745iを追加。1983年に外装をマイナーチェンジし、フロントグリル、バンパー、サイドミラーなどのデザインが変わった。

もうひとつの745i[編集]

745i1984年 - 1986年南アフリカ専用モデル

ステアリングシャフトとの干渉とブレーキマスターシリンダーの過熱により、ターボモデルの右ハンドル仕様はあきらめざるを得なかったBMWであったが、南ア専用(右ハンドル)のハイパフォーマンスモデルとして、もうひとつの745iを用意した。 この745iは、M1やM635CSi同様、ボッシュのMLジェトロニックを持つモータースポーツ用、M88型 直列6気筒DOHC24バルブエンジン(3,453 cc 286 hp)を搭載しており、トランスミッションは3ATのほか、クロースレシオの5速MTが選べた。 生産台数は192台と極めて少ない。

北米専用モデル[編集]

L7

北米ではターボ車の745iが排出ガス規制により販売できず、500SELを最上級グレードとするSクラスに比べて見劣りするため、735iをベースに内装を高級化、インパネから内張りまで本革仕様とした「L7」が販売された。なおL7というモデル名はのちに第3世代のストレッチリムジン仕様として復活する。

日本での販売[編集]

当初はバルコム・オート・トレイディングが輸入を行っていたが、1981年昭和56年)のBMWジャパン設立に伴いそちらへ移管した。

しかしながら正規輸入車は厳重な排出ガス対策に伴うパワーダウンが顕著で、日本やアメリカ合衆国に比べて排出ガス規制が遅れていたヨーロッパからの並行輸入が盛んに行われた。また、1980年代中盤はランド安(南アフリカの通貨)だったことあり、右ハンドル圏である南アフリカからの並行輸入も多く見られた。

日本に正規輸入されたモデル
グレード 発売期間 エンジン 排気量 最高出力 変速機 備考
733iA 1977年-1984年 直列6気筒 SOHC 3,210cc 170馬力(- 1979年)
175馬力(- 1982年)
180馬力(- 1984年)
3速AT ドイツでは1980年以降732iと名前を変えたが日本仕様車は最後まで733iだった。
1983年にはこのエンジンを5シリーズに搭載した533iがデビューしている。
735iA 1985年 - 1986年 3,430 cc 185馬力  4速AT(最終型はプログラムセレクター付) ミシュランTRXタイヤを装備。
745iA M30型(M30B34)
直列6気筒 SOHCターボ
250馬力 標準車のBパッケージとバッファローレザーシートなどを装備する豪華版・Aパッケージというグレードが存在。
しかしわかりづらかったために標準車と特別仕様車へと後に改名した。特別仕様車ではL7と同じオールレザー内装にすることも可能だった。当初4.5リッターV12モデルが開発されていたが、オイルショックによりその開発を断念せざるを得なかった。

第2世代 E32(1986年-1994年)[編集]

740iL
735i

第2世代7シリーズ。更に洗練されスマートになったボディが特徴。空気抵抗係数(Cd値)は0.32を達成。また、従来モデルで達成できなかったV型12気筒エンジンを遂に完成させる。750i/iLは第二次世界大戦後のドイツ車で初のV12エンジン搭載車である。
変速機は、4速もしくは5速ATに加え、5速MTも存在したが、日本にはAT車のみが正規輸入された。

日本に正規輸入されたモデル
グレード 製造年 エンジン 排気量 最高出力 備考
735iA -1992年 直列6気筒 SOHC 3,430 cc 211馬力 最終年には、ウッド部分をエボニーとした、特別仕様車が用意された。
この時期すでにV8の4.0 L/3.0 Lモデルが発表されており、生産調整の意味合いもあった。
735iLA 1988年 - 1992年
750iLA 1988年 - 1994年 V型12気筒 SOHC 4,987 cc 300馬力 後席中央にコンソールを設け2人掛けとし、乗車定員を4人とした豪華な750iLAハイラインも販売された。
730iA 1991年 - 1993年 直列6気筒 SOHC 2,986 cc 188馬力 右ハンドルのみの設定。730iA-V8が発売された後も、価格上昇による顧客離れが懸念されたために併売された。
750iA 1991年 - 1994年 V型12気筒 SOHC 4,987 cc 300馬力
730iA-V8 1992年-1994年 V型8気筒 DOHC 2,996 cc 218馬力 ムービングパーツやフライホイールを過度に軽量化したため、アクセルオフと同時に大きなフリクションを感じる、
回転フィールの良くないものであった。
740iA
740iLA
3,981cc 286馬力 モデル末期の1994年に専用のレザーシート、木目パネルを装備した「740i/iLエディション7」が発売される。


第3世代 E38(1994年-2001年)[編集]

BMW・7シリーズ(第3世代)
E38型
E38
E38black.jpg
販売期間 1994年 - 2001年
乗車定員 4 - 5 人
ボディタイプ 4ドアセダン
ストレッチリムジン(L7)
エンジン V8・V12
駆動方式 FR
変速機 5速AT
5速MT
6速MT
全長 4,985 mm
5,125 mm(750iL)
5,375 mm(L7)
全幅 1,860 mm
全高 1,435 mm
1,425 mm(後期型M-Sport)
ホイールベース 2,930 mm
3,070 mm(750iL)
3,320 mm(L7)
車両重量 1,870 kg(後期型735i M-Sport)
-自動車のスペック表-

第3世代7シリーズ。当時の3シリーズ(第3世代/E36)に似せたヘッドランプを採用。空気抵抗係数(Cd値)は0.30である。エンジンは基本的に従来モデルを踏襲する。

1996年にトランスミッションが変更になり、全車マニュアルモード付きのステップトロニック搭載となる。1998年にはフェイスリフトを行うと共に、V型8気筒モデルにエアロパーツやスポーティーな内装のMスポーツ仕様が追加される。日本で導入されたモデルは下表のとおりになるが、欧州ではV型8気筒DOHCのディーゼルモデル740dが発売された。またL7は750iLのホイールベースを250 mm延長し、後席の居住性を上げたストレッチリムジン。後席に大型センターコンソールが付加され、乗車定員は4人。東アジア(日本など)および中東地域のみで販売されたモデルである。 その他のモデルとして、728i、728iL、730i、730iL、735iL、740iL、725tds、730dなどのモデルも製造されたが、日本には正規輸入されなかった。
また、730iや740i等には、5速あるいは6速マニュアル仕様車も存在したが、これも、日本には正規輸入されず、下記、日本正規輸入モデルのオートマティックやステップ・トロニック車のみが輸入された。

日本に正規輸入されたモデル
グレード 製造年 エンジン 排気量 最高出力
740i -1996年 V型8気筒 DOHC 3,981 cc 286馬力
750iL 1995年 - 2001年 V型12気筒 SOHC 5,379 cc 326馬力
735i 1996年-2001年 V型8気筒 DOHC 3,497cc 235馬力
740i 4,398 cc 286馬力
L7 1997年 - 2001年 V型12気筒 SOHC 5,379 cc 326馬力


第4世代 E65/E66/E67/E68(2001年- 2009年)[編集]

BMW・7シリーズ(第4世代)
E65/E66/E67/E68型
前期型フロント
BMW 7er schwarz vl.jpg
前期型リア
BMW 7er schwarz hl.jpg
後期型フロント
BMW 750i.jpg
販売期間 2001年 - 2009年
乗車定員 4 - 5 人
ボディタイプ 4ドアセダン
駆動方式 後輪駆動
変速機 6速AT/5速AT
全長 5,030 mm(E65)
5,040 mm(E65LCI)
5,170 mm(E66)
5,180 mm(E66LCI)
全幅 1,900 mm
全高 1,490 mm
ホイールベース 2,990 mm(E65)
3,130 mm(E66)
車両重量 1,900 - 2,220 kg
-自動車のスペック表-

第4世代7シリーズ。E65はノーマル・ホイールベース、E66はロング・ホイールベース、E67防弾仕様(BMW HIgh Security)、E68はハイドロジェン仕様(Hydrogen 7)のモデルコードである。先代のE38よりボディーサイズが拡大したが、空気抵抗係数(Cd値)は0.29である。

特徴的なエクステリアデザインと新開発バルブトロニック搭載エンジン、革新的な操作系のインターフェイス(iドライブ)など、新技術が数多く搭載された。2005年に大規模なフェイスリフトを行うと共に、V型8気筒エンジンが変更され、「735i」「745i/Li」がそれぞれ「740i」「750i/Li」に置換された。

日本での販売[編集]

E65/E66(2001年 - 2005年)/ E65LCI/E66LCI(2005年 - 2009年)
グレード 型式 排気量(cc) エンジン 最高出力(ps/rpm) 最大トルク(kgm/rpm) 変速機 駆動方式
735i (2001年 - 2005年) N62B36A 3,591 V型8気筒DOHC 272/6,200 36.7/3,700 6速AT 後輪駆動
740i (2005年 - 2009年) N62B40A 3,999 306/6,300 39.8/3,500
745i/745Li (2001年 - 2005年) N62B44A 4,398 333/6,100 45.9/3,600
750i/750Li (2005年 - 2009年) N62B48B 4,798 367/6,300 50.0/3,400
760Li (2003年 - 2009年) N73B60A 5,972 V型12気筒DOHC 445/6,000 61.2/3,950

ハイドロジェン7(E68)[編集]

ハイドロジェン7(2007年東京モーターショー展示車)

世界初の量産型水素自動車。760Li(E66)をベースに開発され、2006年11月のロサンゼルスモーターショーでお披露目、2006年末に100台が限定生産された。

水素使用時の性能は下記のようになる。

  • 最高出力:194 kW(260馬力)
  • 最大トルク:390 N-m(39.8 kgf-m)
  • 0-100 km/hの加速:9.5秒
    ガソリン使用時5.6秒
  • 最高速度:229 km/h
  • 燃費:50 L/100 km(リッター2 km:28 km/kg)
    ガソリン使用時13.9 L/100 km(リッター7.2 km)
  • 航続距離:200 km
  • 水素タンク容量:8 kg(液化水素)
    ガソリンタンクは容量減


第5世代 F01/F02/F03/F04(2009年 - 2015年)[編集]

BMW・7シリーズ(第5世代)
F01/F02/F03/F04型
F01型7シリーズ フロント(前期型)
BMW F01 front 20081213.jpg
F01形7シリーズ リア(前期型)
BMW F01 rear 20081213.jpg
販売期間 2009年 - 2015年
乗車定員 4 - 5 人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 3.0L直列6気筒DOHCターボ
3.0L直列6気筒DOHCツインターボ
4.4LV型8気筒DOHCツインターボ
6.0LV型12気筒DOHCツインターボ
駆動方式 後輪駆動/四輪駆動
変速機 6速AT / 8速AT
全長 5,070 mm(F01)
5,080 mm(F01LCI)
5,210 mm(F02)
5,220 mm(F02LCI)
全幅 1,900 mm
全高 1,485 mm(F01)
1,475 mm(F01LCI)
1,490 mm(F02)
1,485 mm(F02LCI)
ホイールベース 3,070 mm(F01)
3,210 mm(F02)
車両重量 1,940 - 2310 kg
-自動車のスペック表-

第5世代7シリーズ。F01はノーマル・ホイールベース、F02はロング・ホイールベース、F03は防弾仕様(BMW High Security)、F04はハイブリッド仕様(ActiveHybrid 7)のモデルコードである。BMWの車種のコードネームで“F”を冠するモデルは、このF01/F02/F03/F04が初めてとなる。チーフデザイナーはカリム・ハビブで、物議を醸した先代と比べると、スタイリングはよりコンサバティブな方向に改められ、L字型リアコンビネーションランプも久しぶりに採用された。インテリアにおいても先代で採用されたコラムシフトは、5シリーズX5などでも採用されているジョイスティックのような形状のフロアシフトに改められている。

だが一方で、最新テクノロジーの数々はさらにアップデートされており、例えばアクティブ・ステアリングの拡張機能として四輪操舵システムが標準設定されている。またiドライブも、コントローラーの周りに各機能を呼び出すショートカットキーを備える最新型が採用されている。

環境への配慮としては、ディーゼルエンジンモデルの730dのCO2排出量が200 g/kmを切っている他、ガソリンエンジンモデルもターボの採用で燃焼効率を上げ、740iと750iでそれぞれ8.0 km/lと6.6 km/l(ともに10・15モード燃費)を達成させている。また、ハイブリッドカーである「ActiveHybrid 7」も追加しており、これは10・15モード燃費で9.3 km/lである。

なお「ActiveHybrid 7」のエンジンについては当初は左ハンドルのみで4.4lのV8+モーターを採用していたが、2012年の改良で「ActiveHybrid 5」と同じ3.0 L直6ターボ+モーターに換装されている(新エンジンモデルの日本導入は2012年〈平成24年〉9月26日から)。それと同時に右ハンドル仕様も追加された。

2012年にマイナーチェンジが行われ、LEDヘッドランプが採用された。

日本での販売[編集]

  • 2009年(平成21年)3月24日に発表され、同日販売が開始された[1]。当初は「740i/Li」「750i/Li」が用意された。6速ATを採用。
  • 2009年(平成21年)7月16日、V型12気筒エンジン搭載のフラッグシップモデル「760Li」が発売された[2]
  • 2009年(平成21年)10月29日、ハイブリッドモデルの「ActiveHybrid 7」及び「ActiveHybrid 7L」を発売[3]
  • 2010年(平成22年)11月に横浜で開催されたAPEC首脳会議の首脳移送用車両として外務省に対し「BMW 760Li High Security」(防弾仕様車)が提供された[4]
  • 2012年(平成24年)9月26日、フェイスリフトモデル(F01LCI/F02LCI)が発表された。全車8速ATが搭載されたほか、ActiveHybrid 7/7Lに組み合わされるエンジンが直列6気筒のものに変更された[5]


F01/F02(2009年 - 2012年)
グレード 型式 排気量(cc) エンジン 最高出力(ps/rpm) 最大トルク(kgm/rpm) 変速機 駆動方式
740i
740Li
N54B30A 2,979 直列6気筒DOHCツインターボ 326/5,800 45.9/1,500-4,500 6速AT 後輪駆動
750i
750Li
N63B44A 4,394 V型8気筒DOHCツインターボ 407/5,500 61.2/1,750 - 4,500
760Li N74B60A 5,972 V型12気筒DOHCツインターボ 544/5,250 76.5/1,500-5,000 8速AT
ActiveHybrid 7
ActiveHybrid 7L
N63B44A-K210 4,394 V型8気筒DOHCツインターボ 449/5,500-6,000
(システムトータル:465)
66.3/2,000-4,500
(システムトータル:71.4)
6速AT
F01LCI/F02LCI(2012年 - 2015年)
グレード 型式 排気量(cc) エンジン 最高出力(ps/rpm) 最大トルク(kgm/rpm) 変速機 駆動方式
740i
740Li
N55B30A 2,979 直列6気筒DOHCターボ 320/5,800 45.9/1,300-4,500 8速AT 後輪駆動
750i
750Li
N63B44B 4,394 V型8気筒DOHCツインターボ 450/5,500 66.3/2,000 - 4,500
760Li N74B60A 5,972 V型12気筒DOHCツインターボ 544/5,250 76.5/1,500 - 5,000
ActiveHybrid 7
ActiveHybrid 7L
N55B30A-M230 2,979 直列6気筒DOHCターボ 320/5,800
(システムトータル:354)
45.9/1,300 - 4,500
(システムトータル:51.0)


第6世代 G11/G12(2015年- )[編集]

BMW・7シリーズ(第6世代)
G11/G12型
740i(日本仕様)
BMW 7Series Front (right).jpg
販売期間 2015年-
乗車定員 4 - 5 人
ボディタイプ 4ドアセダン
エンジン 2.0L直列4気筒DOHCターボ+PHEV
3.0L直列6気筒DOHCターボ
4.4LV型8気筒DOHCツインターボ
6.6LV型12気筒DOHCツインターボ
3.0L直列6気筒DOHCディーゼルターボ
駆動方式 後輪駆動/四輪駆動
変速機 8速AT
全長 5,110 mm(G11)
5,250 mm(G12)
全幅 1,900 mm
全高 1,480 mm(G11)
1,485 mm(G12)
ホイールベース 3,070 mm(G11)
3,210 mm(G12)
車両重量 1840 - 2140 kg
-自動車のスペック表-

2015年6月10日、第6世代となる7シリーズが発表された。なお、G11は通常のホイールベース、G12はロングホイールベースのモデルコードである。


i3」や「i8」で培われた炭素繊維技術を用いたボディ構造「カーボン・コア」を採用することにより従来比最大130 kgの軽量化が図られている[6]

エンジンはガソリンエンジン2種類、ディーゼルエンジン1種類と、プラグインハイブリッドを用意。それぞれに8速ATが組み合わされる。

外部からのリモートキー操作により自動的に駐車できる世界初の「リモートパーキング」、ジェスチャー操作やタッチパネルも採用した新世代のiDriveなどの新技術が採用されている。

  • 2015年10月7日に日本市場で発表された[7]。「740i/Li」「750i/Li」がラインナップされ、遅れてプラグインハイブリッドを導入することも案内された。
  • 2016年10月13日、プラグインハイブリッドモデル「740e iPerformance」[8]及びトップエンドモデル「M760Li」[9]の導入が発表された。
G11/G12(2015年 - )
グレード 型式 排気量(cc) エンジン 最高出力(ps/rpm) 最大トルク(kgm/rpm) 変速機 駆動方式
740e (2016年 - ) B48B20B 1,998 直列4気筒DOHCターボ 258/5,000
(システムトータル:326)
40.8/1,550 - 4,400
(システムトータル:51.0)
8速AT 後輪駆動
740i/740Li B58B30A 2,997 直列6気筒DOHCターボ 326/5,500 45.9/1,380 - 5,000
750i/750Li N63B44C 4,394 V型8気筒DOHCツインターボ 450/5,500 66.3/1,800 - 4,500
M760Li xDrive (2017年 - ) N74B66B 6,591 V型12気筒DOHCツインターボ 610/5,500 - 6,500 81.6/1,550 - 5,000 四輪駆動


参考文献[編集]

外部リンク[編集]