BMW・8シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

BMW 8シリーズドイツ自動車メーカー・BMWが製造・販売している乗用車である。クーペまたはカブリオレのボディ形式を持つ。

初代(1990年-1999年)E31[編集]

BMW・8シリーズ(初代)
E31
840Ci
BMW 840 Ci 1.jpg
840Ci
BMW 840 Ci 2.jpg
販売期間 1990年 - 1999年
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン M70型 5.0L V12 SOHC
S70型 5.6L V12 SOHC
M60型 4.0L V8 DOHC
M62型 4.4L V8 DOHC
駆動方式 FR
変速機 4速AT
6速MT
5速AT
ステップトロニック5速AT
全長 4,780mm
全幅 1,855mm - 1,865mm
全高 1,330mm - 1,340mm
ホイールベース 2,684mm
車両重量 1,850kg – 1,930kg
先代 6シリーズ(E24)
後継 6シリーズ(E63)
-自動車のスペック表-

E31は、ドイツの自動車メーカーBMWが生産するラグジュアリークーペモデルに付けられたコードネームである。

『世界一美しいクーペ』と評された6シリーズ(E24)の事実上の後継モデルであり、BMWのフラッグシップモデルとして、1989年のフランクフルトモーターショーで発表された。

M1以来のリトラクタブルヘッドライトが採用され、CSLを彷彿させるサイドビューをもつ。ボディはBピラーを持たないハードトップスタイルであり、カブリオレの開発も進められていたがコストパフォーマンスなどの面から市販化は実現しなかった。

当時、ワイドボディであるにも関わらずゴルフバッグがトランクに積めないなど、日本人が好む価格に見合った価値を提供することができず、販売面でライバルのメルセデス・ベンツ SLクラスに大きく水を開けられた。

1999年3月、生産終了。

2003年9月9日、フランクフルトモーターショーで8シリーズ(E31)の事実上の後継モデル、6シリーズ(E63)がおよそ14年ぶりの復活を遂げた。

日本での販売[編集]

  • 1990年 - 850iを発売。
  • 1994年 - 840Ci/850CSiを追加。
  • 1994年 - 850iを廃止。
  • 1996年 - 840Ciの価格を値下げ。
  • 1996年 - 850CSiを廃止。
  • 1996年 - 840Ciを廃止。
  • 1996年 - 840Ci Mインディビデュアルを発売。
  • 1999年 - 840Ci Mインディビデュアルを廃止。
  • 1999年 - 840Ci リミテッド(最終仕様)を発売。

850i[編集]

1990年に発売された最初のモデルである。

日本での価格は1,450万円。

850CSi[編集]

BMW Mのラインで生産され、プロトタイプM8からコンセプトを引き継いだ。

サスペンションは硬めのセッティングとなり、車高も低くなった。ステアリングギア比も15%減少し、よりスパルタンな味付けがされた。前後バンパーは空力性能向上のために再設計された。アクティブ・リヤ・アクスル・キネマチックス(4輪操舵)が装備された。

当初、BMWは6シリーズ同様に500ps級のM8を企画していたが、その頃から世界的な景気後退や環境問題の顕在化などにより、このプロジェクトは頓挫した。パウロ・ロッシュにより用意されていたV12エンジンは、一方でデチューンされてM8用のエクステリアで850CSiとして発表されるとともに、他方ではゴードン・マレーの求めに応じマクラーレン F1に搭載された。

日本での価格は1,680万円。

840Ci[編集]

840Ciと850iを区別するエンブレム以外のエクステリアはエキゾーストエンドで、840Ci(V8エンジン)はラウンドタイプであるが、850i(V12エンジン)はスクエアタイプである。

日本での価格は1,170万円(1996年2月以降は980万円)。

840Ci Mインディビデュアル[編集]

840Ci Mインディビデュアルは、3種類のボディカラー(レッド/ブルー/シルバー)と専用(850CSi仕様)の内外装となる。

日本での価格は1,050万円。

グレード 製造年 エンジン型式 エンジン 排気量 最高出力/最大トルク 変速機 ハンドル位置 駆動方式
850i 1990年-1994年 M70B50型 V型12気筒SOHC 5.0L 300ps/45.9kgm 4速AT FR
850CSi 1994年-1996年 S70B56型 5.6L 381ps/56.1kgm 6速MT
840Ci 1994年-1996年 M60B40型 V型8気筒DOHC 4.0L 286ps/40.8kgm 5速AT
840Ci Mインディビデュアル 1996年-1999年 M62B44型 4.4L 286ps/42.8kgm ステップトロニック5速AT

プロトタイプモデル[編集]

830i[編集]

830iは少数生産されただけに止まり、市販には至らなかった。最高出力218psの3.0L V8エンジン(M60B30型)を搭載していた。BMW博物館に一台展示されている。

M8[編集]

M8はフェラーリに対抗するためのモデルとして、最高出力558psの約6L V12エンジン(S70/1型)を搭載。車両重量1,492kgと軽量化が施されている。しかし、BMWはM8が販売できる市場がないと判断し、このプロジェクトは最終的に廃止された。

BMWカー・マガジン2010年2月号でM8プロトタイプが存在することが明らかになり、2010年7月2日にジャーナリストの前に初めて披露された。カリフォルニア州で開催されたショーの最中、2012年8月17日にドイツから搬送され公開された。

第2世代(2019年-)G14/G15/G16[編集]

BMW・8シリーズ(第2世代)
G14/G15/G16
クーペ(G15)
BMW 840d, IFA 2018, Berlin (P1070297).jpg
クーペ(G15)
BMW 840d, IFA 2018, Berlin (P1070298-Pano).jpg
販売期間 2019年 -
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドアカブリオレ
2ドアクーペ
4ドアクーペ
エンジン N63型 4.4L V8ツインターボ
駆動方式 FR
4WD
変速機 パドルシフト付8速AT
全長 4,843mm -
全幅 1,902mm -
全高 1,341mm -
ホイールベース 2,822mm -
-自動車のスペック表-

G14/G15/G16は、ドイツの自動車メーカーBMWが生産するラグジュアリークーペ/カブリオレモデルに付けられたコードネームである。G14は2ドアカブリオレ、G15は2ドアクーペ、G16は4ドアクーペ(グランクーペ)のモデルコードである。

2017年5月25日、コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステでコンセプト8シリーズクーペが公開され、BMWは2018年に初代8シリーズ(E31)からおよそ19年ぶりに8シリーズクーペ(G15)を復活させると発表した。

2018年3月6日、ジュネーヴモーターショーでコンセプトM8グランクーペが公開された。

2018年3月21日、BMWはドイツ・ミュンヘンで開催した年次記者会見で8シリーズにカブリオレを設定すると発表した。

2018年6月15日、ル・マン24時間レースで新型8シリーズクーペが発表された。

2018年8月2日、BMWはドイツ・ミュンヘンで開催した決算発表会で2019年に8シリーズカブリオレと8シリーズグランクーペを発売すると発表した。

日本での販売[編集]


関連項目[編集]


外部リンク[編集]