BMW・X1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

X1(エックス・ワン)は、ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売しているSUVである。

初代(E84型、2009年-2015年)[編集]

BMW・X1
E84
フロント
BMW X1 front 20100410.jpg
リア
BMW X1 rear 20100410.jpg
室内
BMW X1 sDrive 18i interior.jpg
販売期間 2009年-2015年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン ガソリンエンジン
3.0L 直6
2.0L 直4
ディーゼルエンジン
2.0L 直4 ツインターボ
2.0L 直4 ターボ
駆動方式 FR/4WD
最高出力 3.0L ガソリン
190kW (258PS) /6,600rpm
2.0L ガソリン
110kW (150PS) /6,400rpm
2.0L ディーゼルツインターボ
150kW (204PS) /4,400rpm
2.0L ディーゼルターボ
130kW (177PS) /4,000rpm
105kW (143PS) /4,000rpm
最大トルク 3.0L ガソリン
310N·m (31.6kgf·m) /2,600rpm
2.0L ガソリン
200N·m (20.4kgf·m) /3,600rpm
2.0L ディーゼルツインターボ
400N·m (40.8kgf·m)
/2,000-2,250rpm
2.0L ディーゼルターボ
350N·m (35.7kgf·m)
/1,750-3,000rpm
320N·m (32.6kgf·m)
/1,750-2,500rpm
変速機 6速AT/8速AT/6速MT
サスペンション 前: ストラット式
後: 5リンク式
全長 4,454mm
全幅 1,798mm
全高 1,545mm
ホイールベース 2,760mm
車両重量 1,545-1,685kg
-自動車のスペック表-

概要[編集]

コンセプトX1

2009年9月に開催されたフランクフルトモーターショーで発表された。BMWのクロスオーバーSUVシリーズである「Xモデル」の、X5X3X6に次ぐ4番目のモデルであり、同社のSUVシリーズでは最小クラスに位置する。

発表の1年前である2008年10月に行われたモンディアル・ド・ロトモビルでは、コンセプトモデルの「BMW・コンセプトX1」が公開されている。

プラットフォームを共有する3シリーズツーリング(ステーションワゴン)とは兄弟モデルの関係にあり、かつ互いに競合する関係にある(X1は3シリーズツーリングと較べ、駆動方式に4WDを採用する等オフロード志向を高めている)。

日本では2010年4月20日に販売が開始された[1](欧州市場では2009年10月に販売が開始された)。

メカニズム[編集]

プラットフォームには、E91ツーリングをベースに小変更が施されたものが用いられており[2]、ホイールベースもE90系3シリーズと同一値である。全高は1,545mmと、機械式駐車場に入るように設計されている。

2009年登場時、ガソリンエンジンについては3.0L 直6エンジンの1種類のみが用意された(モデル名は「xDrive28i」)。ディーゼルエンジンには2.0L 直4直噴ツインターボエンジンと同直噴ターボエンジンが用意され、後者には最高出力が177PSと143PSの2種類のエンジンが用意される。

トランスミッションは、ステップトロニック付6速ATと6速MTの2種類が用意されるが、6速ATについてはxDrive28iとxDrive23dに標準設定され、xDrive20dにオプション設定されているのみで、その他のモデルには全車に6速MTが組み合わせられる。

駆動方式は4WDのほか、2.0L直噴ターボエンジン搭載グレードにはBMWのXモデルシリーズとしては初のFR車が用意された。

グレード名称は2.0Lツインターボモデルが「xDrive23d」となり、2.0Lターボモデルの177PSのモデルは、4WDモデルが「xDrive20d」、FRモデルが「sDrive20d」、同様に143PSのモデルは4WDモデルが「xDrive18d」、FRモデルが「sDrive18d」となる。 さらに、2010年3月にエントリーモデルとなる2.0Lガソリンエンジン搭載車、「X1sDrive18i」が追加された。欧州ではこのモデルは6速MTが標準で組み合わせられる。また、同時に「xDrive18d」、「sDrive18d」、「sDrive20d」には6速ATがオプション設定される[3]

年表[編集]

日本での販売[編集]

  • 2010年4月20日に日本向けに発表され、2010年4月21日から販売が始まった[6]。2.0L直列4気筒エンジンを搭載した後輪駆動モデル「sDrive18i」と3.0L直列6気筒エンジンを搭載した4WDモデルの「xDrive25i」が導入された。全車6速ATが組み合わされ、右ハンドル車のみが設定された。
  • 2011年4月21日、「Mスポーツパッケージ」が設定された[7]
  • 2011年10月31日、新開発の2.0L直列4気筒ターボエンジンに8速ATを組み合わせた「xDrive20i」と「xDrive28i」が追加導入された。「xDrive28i」の導入により「xDrive25i」は廃止された[8]
  • 2012年9月15日、フェイスリフトモデルが日本発売された[9]。新グレードとして「sDrive20i」が追加導入され、「sDrive18i」を除く全グレードにアイドリングストップ機構が搭載された。「Mスポーツ」に加え、エクステリアおよびインテリアに専用装備を施した「xLine」および「Sport」の2つのデザインラインが新たに設定された。
E84(2010年 - 2012年)/ E84LCI (2012年 - 2015年)
グレード 型式 排気量(cc) エンジン 最高出力(ps/rpm) 最大トルク(kgm/rpm) 変速機 駆動方式
sDrive18i N46B20B 1,995 直列4気筒DOHC 150/6,400 20.4/3,600 6速AT 後輪駆動
sDrive20i (2012年 - ) N20B20A 1,997 直列4気筒DOHCターボ 184/5,000 27.5/1,250-4,500 8速AT
xDrive20i (2011年 - ) 四輪駆動
xDrive25i ( - 2011年) N52B30A 2,996 直列6気筒DOHC 218/6,100 28.6/2,500-3,500 6速AT
xDrive28i (2011年 - ) N20B20A 1,997 直列4気筒DOHCターボ 245/5,000 35.7/1,250-4,800 8速AT


2代目(F48型、2015年 - )[編集]

BMW・X1
F48
フロント
BMW X1 xDrive25d (F48) - Frontansicht.jpg
リヤ
BMW X1 xDrive25d (F48) - Heckansicht.jpg
販売期間 2015年 -
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン ガソリンエンジン
1.5L 直3 ターボ
2.0L 直4 ターボ
2.0L 直4 ターボディーゼル
駆動方式 FF/4WD
変速機 6速AT/8速AT/6速MT
サスペンション 前: ストラット式
後: マルチリンク式
全長 4,455mm
全幅 1,820mm
全高 1,610mm
ホイールベース 2,670mm
プラットフォーム UKL
-自動車のスペック表-

先代E84型は後輪駆動ベースであったが、当代では前輪駆動ベースに変更された。尚、世代交代に伴い、PCDも120から112に変更されている。同時に、4WDシステムも変更され、ビスカスカップリングを通じて前輪がスリップまたは車速に応じてビスカスカップリングが後輪に最適な駆動力を配分する仕組みとなる。

  • 2015年6月3日、2代目となるF48型X1の概要が発表された[10]。F55/56型ミニクーパーやF45/46型2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラーと共通のFF系プラットフォームが採用され、新世代のモジュラーエンジンが搭載された。これにより、全長は先代比30mm短くなったが全高は35mm高められ、後席の膝周りのスペースが37-67mm広くなるなど室内空間が拡大されている。1.5L直列3気筒又は2.0L直列4気筒のガソリンエンジン、ディーゼルエンジンが用意され、6速MT又は8速ATが組み合わされる。「Standard」と、これに代わるオプションパッケージとして「Advantage」「Sport Line」「xLine」「Mスポーツ」が設定されている。
  • 2015年10月16日、日本市場向けに発表された[11]。1.5L直列3気筒ガソリンエンジンを搭載する「sDrive18i」、2.0L直列4気筒ガソリンエンジンを搭載する「xDrive20i」「xDrive25i」がラインナップされ、「Standard」のほか、「xLine」「Mスポーツ」のデザインラインが設定された。全車右ハンドルのみで、sDrive18iは6速AT、それ以外は8速ATを搭載している。
  • 2016年4月、北京モーターショーにおいて中国向けのロングホイールベースモデルを発表した。モデルコードはF49が与えられている。標準モデルに対しホイールベースが110mm延長されて2780mmとなり、その延長分は主に後席の足元空間の拡大に使用している。グレードは「sDrive18Li」「sDrive20Li」「xDrive20Li」「xDrive25Li」が用意され、中国瀋陽にある華晨汽車との合弁工場にて生産される。
  • 2016年9月23日、クリーンディーゼルエンジン搭載モデル「xDrive18d」の日本投入が発表された[12]
F48(2015年 - )
グレード 型式 排気量(cc) エンジン 最高出力(ps/rpm) 最大トルク(kgm/rpm) 変速機 駆動方式
sDrive18i B38A15A 1,498 直列3気筒DOHCターボ 136/4,400 22.4/1,250-4,300 6速AT 前輪駆動
xDrive18d (2016年 - ) B47C20A 1,995 直列4気筒DOHCディーゼルターボ 150/4,000 33.7/1,750-2,750 8速AT 四輪駆動
xDrive20i B48A20A 1,998 直列4気筒DOHCターボ 192/5,000 28.6/1,250-4,600
xDrive25i B48A20B 231/5,000 35.7/1,250-4,500


脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]