BMW・F30

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BMW・3シリーズ > BMW・F30
320d Sport Line

F30は、ドイツの自動車メーカーBMWが生産している6代目3シリーズの4ドア・セダン(Limousine )のコードネームである。なおステーション・ワゴン(Touring )のコードネームはF31、5ドアハッチバック(Gran Turismo =GT)のコードネームはF34となる。また、中国市場専売(生産は華晨汽車との合弁会社である華晨宝馬(=BMW)汽車)の4ドア・セダンのロングホイールベース版はF35となる。高性能モデルである「M3」には別のコードネームF80が与えられている。

なお、F32、F33、F36はBMW・4シリーズのコードネームとして使用されるため、F30系3シリーズでは存在しない[1]

概要[編集]

BMW・3シリーズ(6代目)
F30/F31/F34/F35
F30セダン Luxury Line(2012年 - 2015年)
BMW 320d Luxury Line (F30) – Frontansicht, 24. Juni 2012, Düsseldorf.jpg
販売期間 2012年2月 -
乗車定員 5
ボディタイプ 4ドアセダン
ステーションワゴン
エンジン 1.6L-2.0L 直列4気筒ターボ
3.0L 直列6気筒ターボ
2.0L 直列4気筒ターボディーゼル
3.0L 直列6気筒ターボディーゼル
駆動方式 FR/ 4WD(xDrive)
変速機 8速AT / 6速MT
サスペンション 前:ダブルジョイントストラット
後:5リンク
全長 4,625mm(F30/F31)
4,645mm(F30LCI/F31LCI)
4,825mm(F34)
4,734mm(F35)
全幅 1,800mm(F30/F31日本仕様)
1,811mm(F30/F31/F35)
1,830mm(F34)
全高 1,440mm(F30/F35)
1,460mm(F31)
1,510mm(F34)
ホイールベース 2,810mm(F30/F31)
2,920mm(F34/F35)
先代 BMW・E90
-自動車のスペック表-
  • 2011年10月14日、本国で6代目となるF30型3シリーズセダンを発表した。E90型から約6年ぶりとなる。ボディサイズは先代と比べ全長が93mm、ホイールベースが50mm伸び、全長4,624mm×全幅1,811mm×全高1,429mm、ホイールベース2810mmとなった。エンジンによるグレード分けとは別に、トリムの違いにより「スタンダード」、「スポーツ」、「モダン」、「ラグジュアリー」のデザイン・ラインが用意された(後に「M スポーツ」を追加)。外観上の特徴として、2代目1シリーズ(F20)同様にターンシグナルレンズ内蔵のドアミラーを採用している。
  • 2012年1月30日に日本市場において発表された[2]。先代モデル(E90LCI)同様にドアハンドルを照明のない専用設計とし、全幅を機械式立体駐車場に収まる1800mmとした。「328i」を皮切りに「320i」「アクティブハイブリッド3」を順次投入した。
  • 2012年4月に開催された北京モーターショー12において、中国市場向けのロングホイールベース版(F35)を発表した。ホイールベースはF30から110mm延長して2920mmとなり、後席の足元スペースを拡大させている。「335Li」「328Li」「320Li」の3グレードが設定された。
  • 2012年5月13日、本国でステーションワゴン版であるF31型3シリーズツーリングを発表した。セダン同様に先代比でホイールベースが50mm拡大されている他、全長は97mm伸ばされた。
  • 2012年9月5日に日本市場においてツーリングが発表された[3]。セダンと同様にドアハンドルを日本市場専用品とし、全幅1800mmとした。当初はディーゼルエンジンを搭載した「320d」とガソリンエンジンを搭載した「328i」が用意された。後に「320i」、「335i」が追加された。
  • 2013年2月6日には5ドアハッチバックモデルであるグランツーリスモ(=GT、F34)が発表された。ホイールベースを中国向けのF35同様2920mmとし、クーペのようになだらかなテールゲートとなっている。セダンやツーリングと異なりサッシュレスドアを採用している。
  • 2013年6月4日、日本市場向けにGTが発表された。「335i」、「328i」、「320i」の3グレードが用意された[4]
  • 2015年5月7日、セダンとツーリングが本国においてマイナーチェンジをうけた(F30LCI/F31LCI)。ライト類やバンパーなどが変更された他、新開発のエンジンが搭載された。
  • 2015年8月20日に日本市場向けにセダンとツーリングのマイナーチェンジモデルが発表され、2015年9月12日より販売が開始された[5]。従来型のエンジンが引き続き搭載された「320d」、新開発のエンジンが搭載された「320i」「330i」「340i」が用意された。
  • 2016年1月26日、日本においてプラグインハイブリッドモデルである「330e」が発表された。セダンのみが用意されている。「320i」にも搭載されている2.0L直列4気筒エンジンに電気モーターを組み合わせている。満充電状態で最大36.8kmのEV走行が可能としている[6]
  • 2016年5月19日、「320d」に搭載されているディーゼルエンジンを本国同様の新型のものに切り替えることが発表された[7]

日本発売モデル[編集]

F30/F31(2011年 - 2015年)
グレード 型式 排気量(cc) エンジン 最高出力(ps/rpm) 最大トルク(kgm/rpm) 変速機 駆動方式
320i セダン/ツーリング N20B20B 1,997 直列4気筒DOHCターボ 184/5,000 27.6/1,250-4,500 8速AT/6速MT(セダンのみ) 後輪駆動
320i xDrive セダン/ツーリング 8速AT 四輪駆動
320d セダン/ツーリング N47D20C 1,995 直列4気筒DOHCディーゼルターボ 184/4,000 38.7/1,750-2,750 後輪駆動
328i セダン/ツーリング N20B20A 1,997 直列4気筒DOHCターボ 245/5,000 35.7/1,250-4,800
335i ツーリング N55B30A 2,979 直列6気筒DOHCターボ 306/5,800 40.8/1,200-5,000
Active Hybrid 3 セダン N55B30A-M230 306/5,800
(システムトータル:340)
40.8/1,200-5,000
(システムトータル:45.9)
F30LCI/F31LCI(2015年 - )
グレード 型式 排気量(cc) エンジン 最高出力(ps/rpm) 最大トルク(kgm/rpm) 変速機 駆動方式
320i セダン/ツーリング B48B20A 1,998 直列4気筒DOHCターボ 184/5,000 27.5/1,350-4,600 8速AT/6速MT(セダンのみ) 後輪駆動
320i xDrive セダン/ツーリング 8速AT 四輪駆動
320d セダン/ツーリング ( - 2016年5月) N47D20C 1,995 直列4気筒DOHCディーゼルターボ 184/4,000 38.7/1,750-2,750 後輪駆動
320d セダン/ツーリング (2016年5月 - ) B47D20A 1,995 190/4,000 40.8/1,750-2,500
330i セダン( - 2015年12月) / ツーリング B48B20B 1,998 直列4気筒DOHCターボ 252/5,200 35.7/1,450-4,800
340i セダン/ツーリング B58B30A 2,997 直列6気筒DOHCターボ 326/5,500 45.9/1,380-5,000
330e セダン (2016年1月 - ) B48B20A 1,998 直列4気筒DOHCターボ 184/5,000
(システムトータル:252)
27.5/1,350-4,600
(システムトータル:42.8)
F34(2013年 - )
グレード 型式 排気量(cc) エンジン 最高出力(ps/rpm) 最大トルク(kgm/rpm) 変速機 駆動方式
320i グランツーリスモ N20B20B 1,997 直列4気筒DOHCターボ 184/5,000 27.6/1,250-4,500 8速AT 後輪駆動
328i グランツーリスモ N20B20A 245/5,000 35.7/1,250-4,800
335i グランツーリスモ N55B30A 2,979 直列6気筒DOHCターボ 306/5,800 40.8/1,200-5,000

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]