BMW・X6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京マラソン2011提供車両
E72アクティブハイブリッド

X6(エックスシックス)は、ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売しているSUVである。

初代(2008年- )E71/E72[編集]

フロント
フロント
リア
リア
インテリア
インテリア

2008年1月の北米国際オートショーで量産型が発表され、同社のSUVであるX5とともに米国・サウスカロライナ州スパータンバーグ工場で生産される。

ハードウェアの基本をX5(E70)としながら、クーペとSUVのクロスオーバーとしたスタイルが外観上の特徴。ターボチャージャーもX5に先駆けて導入された。

走行状況や車両状況に応じて、駆動力を臨機応変に左右のリヤ・ホイール間で配分するBMWの新技術である「ダイナミック・パフォーマンス・コントロール」を初めて装備した。

2009年後半にアクティブ・ハイブリッド・バージョンを市場投入予定。X6の社内モデルコードはE71、アクティブ・ハイブリッド搭載車はE72である。SUVに分類される乗用車であるものの、BMWでは、コンセプトとして「Sports Activity Coupe(スポーツ・アクティビティ・クーペ)」という造語を用いることにより、「BMWが発案した、まったく新しいカテゴリーの自動車である」としている。

日本での販売[編集]

  • 2008年6月24日発表、予約注文が開始された。日本には「xDrive50i」と「xDrive35i」 が導入された。
  • 2009年7月7日、「X6 M」が追加導入された[1]
  • 2010年5月27日、マイナーチェンジ。「xDrive35i」の3.0L 直6ツインターボエンジンが3.0L 直6シングルターボエンジンに変更された。全グレードで6速ATは8速ATにされ、マイクロ・ハイブリッド・テクノロジーが搭載されたほか、リアコンビネーションライトがLEDに変更された[2][3]
  • 2010年7月26日、「アクティブハイブリッドX6」の受注が開始された[4]
  • 2011年5月24日、乗車定員が4名から5名に変更された[5]
  • 2012年6月6日、マイナーチェンジ。外装のデザインが変更されたほか、標準装備の内容も見直された[6]
グレード 製造年 エンジン 排気量 最高出力/最大トルク 変速機 駆動方式
xDrive50i 2008年6月-2010年4月 N63型 V型8気筒DOHCツインターボ 4,394cc 407PS/61.2kgf·m 6速AT 4WD
xDrive35i N54型 直列6気筒DOHCツインターボ 2,979cc 306PS/40.8kgf·m
X6 M 2009年7月-2010年4月 S63型 V型8気筒DOHCツインターボ 4,394cc 555PS/69.3kgf·m
xDrive50i 2010年5月- N63型 V型8気筒DOHCツインターボ 407PS/61.2kgf·m 8速AT
xDrive35i N54型 直列6気筒DOHCターボ 2,979cc 306PS/40.8kgf·m
X6 M S63型 V型8気筒DOHCツインターボ 4,394cc 555PS/69.3kgf·m
アクティブハイブリッド X6 2010年7月- N63型 V型8気筒DOHCツインターボ 407PS/61.2kgf·m

2代目(2014年- )F16[編集]

2014年6月発表。欧米では2014年12月から発売が開始される予定である[7]。日本では同年8月に発表され、「xDrive50i」が同年12月から、「xDrive35i」が2015年2月から納車される予定である[8]

参考文献[編集]

  1. ^ 555psの「BMW X5 M/X6 M」、発売!”. 2012年9月24日閲覧。
  2. ^ 「BMW X6」、新エンジンで燃費改善”. 2012年9月24日閲覧。
  3. ^ 「BMW X5 M」「X6 M」にブレーキエネルギー回生システム搭載”. 2012年9月24日閲覧。
  4. ^ SUV系ハイブリッド「BMWアクティブハイブリッドX6」受注開始”. 2012年9月24日閲覧。
  5. ^ 「BMW X6」の乗車定員が5名に変更”. 2012年9月24日閲覧。
  6. ^ 「BMW X6」がマイナーチェンジ”. 2012年9月24日閲覧。
  7. ^ BMW X6 新型、公式発表…荷室容量アップした2代目”. 2014年6月15日閲覧。
  8. ^ BMW X6がフルモデルチェンジ”. 2014年8月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]