ベンタブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルミ箔にコーティングされたベンタブラック

ベンタブラック(Vantablack)は、カーボンナノチューブから構成される、可視光の最大99.965%を吸収する物質[1]。光が当たると、それを跳ね返すのではなく「チューブの森」に捉え[2]、チューブ内を何度も屈折させ最終的には吸収されて熱として放散される。2019年にMITが吸収率99.995%の物質を発表するまで既知の「最もい物質」であった[3]

語源[編集]

Vertically Aligned NanoTube Arrays(垂直に並べられたナノチューブの配列)の頭文字をとっている[4]

発展[編集]

初期の発展は、イギリス国立物理学研究所によって進められたが[5]、VANTAという言葉は、この頃は生まれていなかった[6]。現在は、Surrey NanoSystemsで開発が進められている[7]

応用[編集]

この物質には、望遠鏡迷光防止や赤外線カメラの性能向上等、様々な応用がある[7]

Surrey NanoSystemsのCTOであるベン・ジェンセンは、次のように説明する[7]

例えば、この物質は、望遠鏡の感度を向上させることで、遠い微かな星の光も捉えられるようにする。また、非常に低い反射率のため、地上や宇宙空間、大気中の機器の感度を向上させる。

また、ベンタブラックは、集光型太陽熱発電の素材として用いることで、熱の吸収を高めることができる。また軍事では、熱カモフラージュ等の応用がある。ベンタブラックの放射率と拡張性が、幅広い応用を可能にしている。

芸術家のアニッシュ・カプーアは、この物質を創作に用いている[8]

近年では、H.モーザーなどの時計メーカーが、時計の文字盤にベンタブラックを用いている[9]

2019年8月30日、BMWはベンタブラックの(若干反射率を高めた)派生素材で塗装したBMW・X6の特別モデルを製作したことを発表。フランクフルト・モーターショーで公開する予定[10]

既存の物質からの改善[編集]

Vantablack 02.JPG

ベンタブラックは、これまで開発された物質の改善となっている。木炭は、入射光の4%を反射する。既知の2番目に放射を吸収する物質は、0.04%を除いた全ての光を吸収するが、ベンタブラックは0.035%を除いた全ての光を吸収する。また、この新しい物質は、400℃で形成される。アメリカ航空宇宙局は似たような物質を開発しているが、その成長温度は750℃である。従って、ベンタブラックは、高温に耐えられない物質の上にも成長させることができる[1]

ベンタブラックのガス放出や粒子降下は少ない。かつての似たような物質は、これが多いために商用化が妨げられてきた。また、ベンタブラックは、振動耐性や耐熱性も優れている[4]

独占使用権をめぐる問題[編集]

2016年,英国の彫刻家であるアニッシュ・カプーアは,ベンタブラックの製造元であるサリー・ナノシステムズ社から同製品のアート分野における独占使用権を購入した。この問題により、ベンタブラックを芸術活動に用いることが困難となったポートレート作家のクリスチャン・ファーやアーティストのスチュアート・センプルなど多くのアーティストやメディアから批判の声が上がっている。特に創作活動の自由を求めるセンプルと独占使用権を持つカプーアの対立は強く,センプルが「世界で最もピンク色のピンク(粉末塗料)」を開発し、「アニッシュ・カプーアとその関係者は購入出来ない」との警告付きでウェブ販売すると,カプーアが自身の公式インスタグラムにて、センプルの開発したピンクの塗料を中指に付けた画像を投稿する,センプルが「カプーア以外の世界中の人々が自由に使うことのできる」黒色塗料Black2.0,Black3.0を開発・販売するなどの応酬が起こっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Vantablack, the world’s darkest material, is unveiled by UK firm”. South China Morning Post - World (2014年7月15日). 2014年7月19日閲覧。
  2. ^ Vantablack: U.K. Firm Shows Off 'World's Darkest Material'”. NBCNews.com (2014年7月15日). 2014年7月19日閲覧。
  3. ^ MIT engineers develop “blackest black” material to date | MIT News
  4. ^ a b Kuittinen, Tero (2014年7月14日). “[https://ca.news.yahoo.com/scientists-developed-black-deep-makes-3d-objects -look-233004466.html?pt=Array Scientists have developed a black so deep it makes 3D objects look flat]”. Yahoo! News Canada. 2014年7月19日閲覧。
  5. ^ Theocharous, E.; Deshpande, R.; Dillon, A. C.; Lehman, J.. “Evaluation of a pyroelectric detector with a carbon multiwalled nanotube black coating in the infrared”. Applied Optics 45 (6): 1093. doi:10.1364/AO.45.001093. 
  6. ^ Theocharous, S.P.; Theocharous, E.; Lehman, J.H.. “The evaluation of the performance of two pyroelectric detectors with vertically aligned multi-walled carbon nanotube coatings”. Infrared Physics & Technology 55 (4): 299–305. doi:10.1016/j.infrared.2012.03.006. 
  7. ^ a b c Howard, Jacqueline (2014年7月14日). “This May Be The World's Darkest Material Yet”. Huffington Post. 2014年7月19日閲覧。
  8. ^ How black can black be?”. BBC.col.uk. BBC News (2014年9月23日). 2014年12月7日閲覧。
  9. ^ 光を99.965%吸収するVantablack® 加工、H.モーザーのブラックホール文字盤、WebChronos、2018年9月26日、同年11月22日閲覧
  10. ^ 独BMW、「世界で最も黒い物質」まとったX6お披露目へ”. CNN (2019年8月30日). 2019年8月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]