BMW・1シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BMW 1シリーズ (F40)

BMW 1シリーズ(BMW 1 Series, BMW 1er)は、ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売している自動車である。

概要[編集]

1シリーズはCセグメントに属し、BMWのエントリーモデルとなっていた3シリーズコンパクトの後継を担っている。

他社のCセグメント車は室内容積などの実用面を重視して駆動方式に横置きFFを採用しているのに対し、初代・2代目の1シリーズは走行性能の追求のため、フロントアクスルとリアアクスルへの荷重をほぼ50:50の均等に配分することにこだわり、FRを採用していた。

3代目は、MINIや2シリーズツアラー(F45/F46)で培われた技術を活用したFFで開発され[1]2019年に販売が開始された。

初代(2004年 - 2011年)E87型[編集]

BMW・1シリーズ(初代)
E81/82/87/88
BMW E87 120.JPG
120i (E87)(2004年 - 2007年)
BMW 118d (E87) Facelift front 20100711.jpg
118d (E87LCI)(2007年 - 2011年)
2010 BMW 120i (E87) 5-door hatchback 01.jpg
120i (E87LCI)(2007年 - 2011年)リア
概要
販売期間 2004年 - 2011年 (E87)
2008年 - 2014年 (E82/E88)
ボディ
乗車定員 5人 (E87)/4人 (E82/E88)
ボディタイプ 3 / 5ドア ハッチバック
2ドアクーペ、2ドアカブリオレ
駆動方式 後輪駆動
パワートレイン
変速機 6速AT、6速MT、7速DCT
車両寸法
ホイールベース 2,660 mm
全長 4,240 mm (E87)
4,370 mm (E82/E88)
全幅 1,750 mm
全高 1,430 mm (E87)
1,410 mm (E82/E88)
車両重量 1350 - 1530 kg
系譜
先代 BMW・E46 ti
後継 BMW・F20/F21(E87/E81の後継)
BMW・F22/F23(E82/E88の後継)
テンプレートを表示

ハッチバック (E87/E81)[編集]

2002年、後の1シリーズとなるデザイン開発コンセプトモデルの「BMW CS1 Concept」が公開された。スタイリングは下記の市販車とは異なるオープンエア・2ドア・4シーターで、直列4気筒1,796 ccのエンジンを搭載していた。

CS1 Concept CS1 Concept
CS1 Concept

2004年にドイツで発表。開発時のデザイン部長はクリス・バングル。基本プラットフォームをE90型3シリーズと共有する。当初は5ドアモデルのみで、モデルコードはE87である。同年9月22日に日本向けに発表され、10月9日から「120i」の販売を開始、「118i」「116i」は予約受付が開始された。「118i」「116i」は2005年3月ごろの納車と案内された。「116i」は1.6 L直列4気筒エンジン、「118i」「120i」は2.0 L直列4気筒エンジンを搭載し、6速ATが組み合わされている。生産は、ドイツのレーゲンスブルク工場で、日本仕様は全て右ハンドル仕様のみ。

2005年10月4日、3.0 L直6エンジンを搭載したフラッグシップモデル「130i」が追加された。右ハンドル、6速MTのみの設定。日本では「M Sport」が標準で装着される。あわせて、「116i」「118i」「120i」にも「M Sport」パッケージがオプション設定された。

2006年4月20日、「130i」に6速ATモデルが追加された。ステアリングにはパドルシフトが装備され、変速時間を短縮した「スポーツAT」を採用。

2007年1月、ドイツでフェイスリフトモデル (E87LCI) が発表され、同時に3ドアモデル (E81) が追加された。キドニーグリルが大きくなり、フォグランプ形状も丸型から四角形に変更。それに伴いフロントバンパー開口部も変更されている。「120i」「118i」には新開発の直列4気筒エンジンが搭載された。

2007年5月24日、フェイスリフトモデルが日本で正式発表された[2]。日本仕様では「118i」は廃止され、「116i」「120i」は引き続き従来型のエンジンが搭載されている。

2010年5月25日、日本仕様車のエンジンを新型のものに切り替えることが発表された[3]。その際、130iにおいては当時の新型でリーンバーン直噴エンジンであるN53エンジンの搭載は見送られ、引き続きポート噴射のN52エンジンが若干のパワーダウン等の少変更を受けて採用された。

E87(2004年 - 2007年)/ E87LCI(2007年 - 2011年)
グレード 型式 排気量 (cc) エンジン 最高出力 (ps/rpm) 最大トルク (kgm/rpm) 変速機 駆動方式
116i(2004年 - 2010年) N45B16A 1,596 直列4気筒DOHC 115/6,000 15.3/4,300 6速AT 後輪駆動
116i(2010年 - 2011年) N43B16A 1,597 122/6,000 16.3/4,250
118i(2004年 - 2010年) N46B20B 1,995 129/5,750 18.4/3,250
120i(2004年 - 2010年) 156/6,400 20.4/3,600
120i(2010年 - 2011年) N43B20A 170/6,700 21.4/4,250
130i(2006年 - 2010年) N52B30A 2,996 直列6気筒DOHC 265/6,600 32.1/2,750 6速AT/6速MT
130i(2010年 - 2011年) 258/6,600 31.6/2,600-3,000

クーペ (E82)/カブリオレ (E88)[編集]

120iカブリオレ (E88)
135iクーペ (E82)

2007年7月、2008年春にクーペモデル (E82) をアメリカ、欧州市場に投入することを発表。2007年10月、カブリオレ (E88) がドイツで発表された。4人乗りのオープンモデルで、ファブリック製の電動開閉式ソフトトップを採用している。

2008年2月26日、クーペモデルが日本向けに発表された[4]。3.0L直列6気筒ツインターボエンジンを搭載する「135i」が設定された。トランスミッションは6速MTが標準、6速ATは予約受注という形が採られた。Mスポーツパッケージが標準装備であった。同年3月26日、カブリオレが日本向けに発表された[5]。2.0L直列4気筒エンジンに6速ATが組み合わされる「120i」のみが用意された。

2010年5月25日、クーペモデルに「120i」が追加投入された[6]。また、「135i」はエンジンが変更されるとともに6速ATが7速DCTに変更された[7]

2011年6月20日、フェイスリフトモデル(E82LCIおよびE88LCI)が日本で発表された[8]

2014年、クーペ及びカブリオレの後継モデルが「2シリーズ」として発売された。

E82/E88(2008年 - 2011年)/ E82LCI/E88LCI(2011年 - 2014年)
グレード 型式 排気量 (cc) エンジン 最高出力 (ps/rpm) 最大トルク (kgm/rpm) 変速機 駆動方式
120iカブリオレ(2008年 - 2010年) N46B20B 1,995 直列4気筒DOHC 156/6,400 20.4/3,600 6速AT 後輪駆動
120iカブリオレ/クーペ(2010年 - 2014年) N43B20A 170/6,700 21.4/4,250
135iクーペ(2008年 - 2010年) N54B30A 2,979 直列6気筒DOHCツインターボ 306/5,800 40.8/1,300-5000 6速AT/6速MT
135iクーペ(2010年 - 2014年) N55B30A 直列6気筒DOHCターボ 306/5,800 40.8/1,200-5000 7速DCT/6速MT

2代目(2011年 - 2019年)F20型[編集]

BMW・1シリーズ(第2世代)
F20
BMW 118i Urban Line (F20) – Frontansicht, 10. März 2012, Düsseldorf.jpg
118i (F20)(2011年 - 2015年)
BMW 116i (F20, Facelift) – Frontansicht, 26. Juli 2015, Düsseldorf.jpg
116i (F20LCI)(2015年- )
概要
製造国 ドイツの旗 ドイツ ライプツィヒレーゲンスブルク、ディンゴルフィン
(日本正規輸入車)
販売期間 2011年9月 -(日本)
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 3ドア/5ドアハッチバック
駆動方式 FR
パワートレイン
エンジン 1.5 L直列3気筒
1.5L直列3気筒ディーゼル
1.6-2.0 L直列4気筒
1.6-2.0 L直列4気筒ディーゼル
3.0 L直列6気筒
変速機 8速AT、6速MT
サスペンション
前:ダブルジョイントスプリングストラット式コイル
後:5リンク式コイル
車両寸法
ホイールベース 2,690 mm
全長 4,335 mm
全幅 1,765 mm
全高 1,425 - 1,440 mm
車両重量 1,400 - 1,420 kg
テンプレートを表示
118i (F20) リア
118d (F20LCI) リア

2011年6月5日に発表[9]。欧州市場では同年秋から販売を開始した[10]。先代よりホイールベースを30 mm延長し2,690 mmとした。全車アイドリングストップ機構を搭載。またブレーキ・エネルギー回生システムを採用し燃料消費量の低減をはかっている。さらに、メルセデス・ベンツ・W220が最初に導入し世界中のメーカーが追従していたウインカー内蔵ドアミラーをBMWで初めて採用した。

ボディは当初は5ドアのみで、ガソリン車は「116i」と「118i(日本では120i)」、ディーゼル車は「116d」、「118d」、「120d」があり、それぞれに標準、Sport Line(日本ではSport)、Urban Line(日本ではStyle)の3タイプが用意され、それぞれ外観、内装、装備内容が異なる。2012年5月には3ドアバージョンと「114i」「M135i」を追加。3ドアのモデルコードはF21。また中国専売のセダンタイプも存在する。「M135i(LCI後はM140i)」以外の全車にランフラットタイヤを標準装備している。

日本では2011年9月22日から「116i」「120i」の販売が開始された[11]。エンジンはどちらも同じN13B16A型1.6 L 直列4気筒ターボエンジンで出力のみ異なる。日本仕様は全て右ハンドル仕様である。トランスミッションは新開発の8速ATのみ。SportにはMスポーツ・サスペンションをメーカーオプション設定。非装着車の最低地上高が140 mmなのに対し、装着車は125 mmとなる。

2012年8月1日から「M135i」の日本での販売が開始された[12]。エンジンは初代と同形式のN55B30A型だが、BMW Mによる更なるチューニングがなされ14 psアップの320 psを発生。日本仕様ではトランスミッションは8速スポーツATのみ。「M135i」は、M Performance Automobiles(M3やM5などの「BMW Mモデル」と標準モデルとの間に位置するモデル)の日本における最初のモデルとなる。なお、先代にあったクーペ及びカブリオレは2シリーズとして登場することから用意されない。

2015年にはフェイスリフトが施され、フロント及びリアの意匠が改良されたほか、新開発の直列3気筒エンジンを搭載したモデルが追加された。日本向けには2015年5月14日にフェイスリフトモデルの発表が行われ「118i」「120i」「M135i」の3モデルが用意された[13]。当初「118i」はフェイスリフト前の「116i」と同じ4気筒エンジンを搭載していたが、2015年8月24日に「118i」のエンジンを3気筒エンジンに切り替えることが発表された[14]

2016年5月、日本市場にディーゼルエンジン搭載モデル「118d」が追加投入された[15]

2017年8月23日、日本仕様マイナーチェンジ。内装をよりモダンで洗練されたデザインに一新。ハイグロス・ブラックを使用した新デザインのセンター・コンソールや、新作のインスツルメント・パネルを採用し、トリムに上質なクロームメッキ加飾を追加している。新デザインのグローブ・ボックスやセンター・コンソールを採用して、その周辺パネルの継ぎ目を最小限に抑えることにより室内空間をより広くワイドな印象にし、素材も高品質なものへ変更し、質感も向上させている。装備面においては、ユーザーの利便性を向上させるため、タッチ・パネルに対応したコントロール・ディスプレイを採用した。また、HDD ナビゲーション・システムのメニュー画面が、先行している他シリーズ同様により見やすく、操作しやすい表示へ改良されている[16]

F20(2011年 - 2015年)
グレード 型式 排気量 (cc) エンジン 最高出力 (ps/rpm) 最大トルク (kgm/rpm) 変速機 駆動方式
116i N13B16A 1,598 直列4気筒DOHCターボ 136/4,400-6,450 22.4/1,350-4,300 8速AT 後輪駆動
120i 170/4,800-6,450 25.5/1,500-4,500
M135i N55B30A 2,979 直列6気筒DOHCターボ 320/5,800 45.9/1,300-4,500
F20LCI(2015年 - )
グレード 型式 排気量 (cc) エンジン 最高出力 (ps/rpm) 最大トルク (kgm/rpm) 変速機 駆動方式
118i( - 2015年8月) N13B16A 1,598 直列4気筒DOHCターボ 136/4,400-6,450 22.4/1,350-4,300 8速AT 後輪駆動
118i(2015年8月 - ) B38B15A 1,498 直列3気筒DOHCターボ 136/4,400 22.4/1,250-4,300
118d(2016年 - ) B47D20A 1,995 直列4気筒DOHCディーゼルターボ 150/4,000 32.6/1,500-3,000
120i( - 2016年) N13B16A 1,598 直列4気筒DOHCターボ 177/5,000 25.5/1,500-4,500
120i(2016年 - ) B48B20A 1,998 184/5,000 27.5/1,350-4,600
M135i( - 2016年) N55B30A 2,979 直列6気筒DOHCターボ 326/5,800 45.9/1,300-4,500
M140i(2016年 - ) B58B30A 2,977 340/5,500 51.0/1,520-4,500

3代目(2019年 -)F40型[編集]

BMW・1シリーズ(第3世代)
F40
2019 BMW 118i 1.5 Front.jpg
F40 フロント
2019 BMW 118i 1.5 Rear.jpg
F40 リア
概要
販売期間 2019年5月 -
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン 1.5L直列3気筒
1.5L直列3気筒ディーゼル
2.0L直列4気筒
2.0L直列4気筒ディーゼル
変速機 6速MT、8速AT、7速DCT
車両寸法
ホイールベース 2,670 mm
全長 4,319 mm
全幅 1,799 mm
全高 1,434 mm
車両重量 1,290–1,525 kg
テンプレートを表示

2019年5月27日、ミュンヘンで開催された「BMW Group #NEXTGen presentation platform」にてワールドプレミア。同年9月に日本を含めた複数の市場で発売を開始すると発表された。

「1シリーズの購入層の多くは駆動形式に拘っていない」という顧客調査の結果[17]を元に、走りと空間効率を高次元で両立させるためシリーズ初となるFFを採用した。同時に、プラットフォームはMINIや2シリーズアクティブツアラー/グランツアラー等で採用済の「UKL」をさらに昇華させた新開発の「FAAR」を採用。

サイズは日本仕様で全長×全幅×全高=4,355×1,800×1,465 mmと先代比でそれぞれ-5 mm、+35 mm、+25mm変更されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 前輪駆動化「新型 BMW 1シリーズ」、フランス・ミラマスでテスト続く”. GENROQ (2019年3月30日). 2019年4月8日閲覧。
  2. ^ BMW JAPAN : ニュー BMW 1シリーズ 発売開始”. 2016年3月28日閲覧。
  3. ^ BMW JAPAN : BMW 1 シリーズ全車の燃費を大幅に改善”. 2016年3月28日閲覧。
  4. ^ BMW JAPAN : ビー・エム・ダブリュー株式会社、ニューBMW 1シリーズ・クーペを新規投入”. 2016年3月28日閲覧。
  5. ^ BMW JAPAN : BMWジャパンがニューBMW 1シリーズ カブリオレを新発売”. 2016年3月28日閲覧。
  6. ^ BMW JAPAN : BMW 1 シリーズ クーペに「ニューBMW 120i クーペ」を追加”. 2016年3月28日閲覧。
  7. ^ BMW JAPAN : BMW 1 シリーズ全車の燃費を大幅に改善”. 2016年3月28日閲覧。
  8. ^ BMW JAPAN : さらに洗練されたデザインを採用したニューBMW 1 シリーズ クーペおよびカブリオレが誕生”. 2016年3月28日閲覧。
  9. ^ 独BMW、新型1シリーズを発表”. 2011年6月7日閲覧。
  10. ^ BMW 1シリーズ 新型、公式発表”. 2011年6月7日閲覧。
  11. ^ BMW Japan 30周年を祝う、新型「1シリーズ」発表会”. 2011年9月22日閲覧。
  12. ^ 最もスポーティなBMW 1 シリーズ、ニュー BMW M135iを発表”. 2012年11月18日閲覧。
  13. ^ BMW JAPAN : ニューBMW 1 シリーズを発表”. 2016年3月11日閲覧。
  14. ^ BMW JAPAN : 新開発の直列3気筒エンジンを搭載した「ニューBMW 118i」発表”. 2016年3月11日閲覧。
  15. ^ BMW、「1シリーズ」に直列4気筒2.0リッターターボディーゼル搭載の「118d」 - Car Watch”. 2016年5月9日閲覧。
  16. ^ 新型BMW 1 シリーズを発表” (日本語). www.bmw.co.jp. 2020年4月23日閲覧。
  17. ^ 試乗 新型BMW 1シリーズ(F40型)プロトタイプ FF化もハンドリング維持AUTOCAR JAPAN 2021年10月24日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]