BMW・N55エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

BMW・N55エンジンとは、BMW直列6気筒ガソリンエンジンの系列である。 2009年に5シリーズグランツーリスモに搭載され、N54エンジンが順次このエンジンに置き換えられた。

ロングストロークでターボ過給されてるので、低速トルクに勝りオートマチックトランスミッションとの相性が良いとされる一方、昔ながらのBMW直6ならではの繊細な感触は薄く、V8エンジンに似たフィーリングだとされる[1]

バリエーション[編集]

エンジン型式 総排気量 ボア×ストローク 最高出力 最大トルク レブリミット 販売期間
N55B30 3.0L (2,979 cc) 84 × 89.6 mm 225 kW (306 PS) / 5,800 rpm 400 Nm / 1,200-5,000 rpm 7,000 rpm 2009年11月~
235 kW (320 PS) / 5,800 rpm 450 Nm / 1,300-4,500 rpm 2011年3月~
240 kW (326 PS) / 5,800 rpm 450 Nm / 1,300-4,500 rpm 2014年2月~

搭載車種[編集]

N55B30

参照[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 webCG 2017年8月30日閲覧