BMW・1500/1600/1800/2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1800
1800リアビュー
2000Tilux (E 121)

ドイツの自動車メーカーBMWにおいてノイエクラッセ(ドイツ語:Neueklasse )と社内呼称されて新設計を薦められたBMW1500は、英語で表記するとNew Class(新しいクラス)という意味で、第二次世界大戦後に作っていたどの車種とも異なるコンセプトでの設計であった。ここでは、BMWが1961年から72年まで生産した4ドアの1,500ccから2,000ccに位置するの中型乗用車の説明をする。

ノイエクラッセ」シリーズの第一弾として市場に出たBMW1500は、当時の水準からすると遥かに高性能・高品質として受け入れられることになり、破綻寸前だったBMWを一気にドイツの代表的メーカーに成長させ、その後の自動車デザインに大きな影響を与えた。現在のBMWの5シリーズは、BMW1500の直接の発展型で、その他のセダン・クーペ車種である3シリーズ6シリーズ7シリーズは、基本的にはこのノイエクラッセ各車種の発展型である。

概要[編集]

開発の経緯[編集]

第二次世界大戦後、連合軍により航空機エンジン関係の製造を禁じられていたBMWは、1948年の操業再開以後、BMW・502BMW・503などの大排気量V8エンジンを積んだ、コスト無視ともいえる高級車と、イタリアのイソのライセンスで生産するイセッタと発展型のBMW・600らいわゆる「キャビンスクーター」だけという、両極端のラインナップしか持っていなかった。復興が軌道に乗り、経済力が安定してきた1950年代末の西ドイツ国民の間で需要の伸びが期待できるのは中・小型車であり、このクラスに持ち駒を持たないBMWは深刻な経営危機に陥り、ダイムラー・ベンツによる吸収合併が噂されるほどであった。しかし破綻寸前、BMW社はナチスとの親密な関係を持ち、強制収容所のユダヤ人を自身の工場で酷使して富を築いたヘルベルト・クヴァントによって買収され、倒産の危機を免れた。

立ち直りのための第一作はBMW・700で、リアに積まれたエンジンこそイセッタと同じ空冷水平対向2気筒であったが、「普通の」自動車のレイアウトを持ち、当時若手として売り出し中であったジョバンニ・ミケロッティによる清新なデザインの2ドアボディも好評を博した。BMWは、この700で当面の時間稼ぎができ、将来の主力商品となるべき小型乗用車の開発のための銀行融資が得られるようになった。

こうして開発が本格化した新型車のデザインは700と同じくジョバンニ・ミケロッティがデザインを担当しているが、エンジンはもとより、シャーシやスタイリング、ボディ、サスペンションにいたるまで全くの新コンセプトによる設計であった。生産型は1961年9月、フランクフルト・ショーでBMW1500として発表され、高性能なスポーティサルーンとして好評を博し、その後のBMWの礎を築き上げることになる。

バリエーション展開[編集]

BMW1500の排気量は次第に拡大され、1963年に1,773ccのBMW1800、1964年には中間車種として1,573ccのBMW1600、1966年には1,990ccのBMW2000とバリエーションを増やした。1500は1966年、1600は1968年に打ち切られたが、1800と2000が存続し、ボディーやシャーシの基本構造は変えずに1972年にE12モデルが登場するまで生産された。また、ツインキャブレータの高性能版である1800TI/2000TIは、時のETCなどでも好成績を収め、Kügelfischer製の機械式インジェクションを装備させた2000tiiも登場した。

派生車種[編集]

1965年には、BMW1800に2,000ccエンジンを搭載し、ベルトーネデザインの前衛的なフロントマスクが特徴のクーペモデル、BMW・2000C/2000CSがフランクフルト・ショーで発表されている。

1966年ジュネーブ・ショーでは、4ドアセダンからの派生版として、2ドアセダン・BMW1600-2が発表され、その後1,800ccの1802、2,000ccの2002が順次追加されてBMW・02シリーズとして発展し、1970年代前半のスポーツサルーンの傑作車として、BMWの地位を不動のものとした・今日の3シリーズの源流である。

1967年には6気筒エンジンを搭載した一回り大きいサイズの4ドアセダン・BMW・2500/2800(E3系)が登場した。これは、当時、高級高性能車種をラインナップするメルセデス・ベンツに対抗するために発売され、現在では7シリーズに発展している。

1968年10月のフランクフルト・ショーでは、BMW・2000C/2000CSにもM30系の6気筒エンジンが搭載され、フロント周りをBMW・2500/2800と同様の丸型4灯式ヘッドライトによるデザインとしたBMW・2800CSを発表している。こちらは今日の6シリーズへと発展している。

脚注[編集]


  BMW ロードカータイムライン 1950年代-1980年代    Next ->
タイプ シリーズ 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5
マイクロカー イセッタ
大衆車 600 700
セダン 小型車 BMW・02シリーズ 3シリーズ(E21) E30
中型車 BMW・1500/1600/1800/2000 5シリーズ(E12) E28
大型車 501/502 2600/3200 2500/2800/3.0/3.3 7シリーズ(E23)
クーペ 503 3200CS BMW・2000C/2000CS BMW・2.5/2800/3.0CS 6シリーズ(E24)
ロードスター 507
Mモデル M1 M1(E26)