ヘルベルト・クヴァント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヘルベルト・クヴァント(Herbert Quandt、1910年6月22日 - 1982年6月2日)は、ドイツ実業家である。

倒産の危機に瀕していたドイツの自動車会社・BMWを救済したことで知られ、クヴァント家は現在も同社のオーナー一族である。

概要[編集]

実業家ギュンター・クヴァントの次男としてドイツに生まれる。異母兄弟として、ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの養子となったハラルトがいる。

網膜の疾患による瘢痕のためにほとんど盲目であり、学校に通う代わりに家庭内での教育を受けた。1940年、父ギュンターが経営する電池会社AFA(ファルタの前身)の幹部に就任した。

ドイツ敗戦の1945年以降は、受け継いだ諸企業の再建に携わる。ギュンターが死亡した1954年の時点までには、クヴァント家の所有する企業群は製薬会社アルタナを含む200社余りになっており、ダイムラー・ベンツの株式の10%、BMWの株式の30%も所有していた。

BMWの救済買収[編集]

1959年当時、経営不振に陥っていた自動車会社BMWではダイムラー・ベンツへの身売りが計画されていた。当時のBMWはドイツで最も弱小な自動車会社のひとつでしかなく、両社の大株主であるヘルベルトも吸収合併の計画には賛成であった。しかしながら労働者と労働組合からの反対は強固であり、計画は実行直前に断念、代わりにヘルベルトがBMW株を50%まで買い増すこととなった。倒産寸前である同社株の買い増しは危険な投資であったが、ダイムラー・ベンツによる吸収を免れた同社の経営は1962年に発売された小型セダンBMW・1500の成功により改善した。

異母兄弟であったハラルトが1967年航空事故で死亡すると、ヘルベルトは更なるBMWなど各社の株式を相続した。1974年、ハラルトの未亡人とヘルベルトは、所有していたダイムラー・ベンツの株式をクウェート投資庁に売却した。

私生活[編集]

1933年、1度目の結婚で一女をもうけたのちに離婚。1950年、2度目の結婚で3子をもうけたのち1959年に離婚した。1960年、3度目の妻としてヨハンナと結婚する。ヨハンナは永くヘルベルトの秘書をつとめていた女性であった。ヨハンナとの間に生まれた、娘ズザンネ・クラッテンと息子シュテファン・クヴァントは何れも現在BMWの大株主であり、同社の役員会のメンバーでもある。

1982年、ヘルベルトはドイツ北部の都市キールで死亡した。

クヴァント家[編集]

現在、ドイツの長者番付100位に名を連ねる同家の人物は8名にも達し、ヘルベルトの妻ヨハンナ・クヴァント、その息子シュテファン・クヴァントと娘ズザンネ・クラッテンは経済誌フォーブスが発表する世界長者番付の常連でもある。

一族は取材等をほとんど受け付けず、その詳細は謎に包まれている。

脚注[編集]