BMW・503

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMW・503
カブリオレ
BMW 503 2012-09-01 13-21-20.JPG
クーペ
BMW 503 2012-09-01 13-23-05.JPG
販売期間 1956年 - 1959年
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア・クーペ/カブリオレ
エンジン V型8気筒OHV3,168cc
変速機 4速MT
駆動方式 FR
サスペンション 前:独立・ダブルウィッシュボーン・トーションバー
後:固定・3リンク・トーションバー
全長 4,750mm
全幅 1,700mm
全高 1,400mm
ホイールベース 2,835mm
車両重量 1,500kg
-自動車のスペック表-

BMW・503ドイツの自動車メーカー・BMWが1956年5月から1959年3月まで製造した、クーペおよびカブリオレ型スポーツカーである。

概要[編集]

ベースはV8エンジンを搭載したBMW・502V8で、デビューは1955年のフランクフルトモーターショーであった。

3年弱の間に合計413台が生産され、うち139台がカブリオレであった。

デザイナーは、後に初代日産・シルビアを手がけたアルブレヒト・フォン・ゲルツである。彼は同時期に507もデザインしている。

当初は502同様にフェンダーが半独立した古典的なスタイルであったと言われるが、ヘッドライトの位置など法規制を考慮するうちに、フェンダーがボディと完全に一体化した現代的な1950年代の2ドアクーペのスタイルを纏うこととなった。503の直接のライバルは1952-58年に760台生産された、メルセデス・ベンツ 300Sクーペ/カブリオレであった。

502と同じV8・3,168ccエンジンは140馬力に強化され、0-100km/h加速13秒、最高速度190km/hという高性能グランツーリスモであった。

しかし503は、ほぼ同時期に登場したより華やかな507や、ガルウィングドアを持つメルセデス・ベンツ 300SLと比較すると地味な存在であり、高価格であったことも相まって販売台数は少なく、経営不振に陥っていた当時のBMWの業績への貢献はほとんどなかった。今日ではコレクターズアイテムとなっている。

外部リンク[編集]

ダッシュボード


  BMW ロードカータイムライン 1950年代-1980年代    Next ->
タイプ シリーズ 1950年代 1960年代 1970年代 1980年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5
マイクロカー イセッタ
大衆車 600 700
セダン 小型車 BMW・02シリーズ 3シリーズ(E21) E30
中型車 BMW・1500/1600/1800/2000 5シリーズ(E12) E28
大型車 501/502 2600/3200 2500/2800/3.0/3.3 7シリーズ(E23)
クーペ 503 3200CS BMW・2000C/2000CS BMW・2.5/2800/3.0CS 6シリーズ(E24)
ロードスター 507
Mモデル M1 M1(E26)