コローニ・FC187

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コローニ・FC187 (C1)
カテゴリー F1
コンストラクター イタリアの旗 コローニ
デザイナー イタリアの旗 ロベルト・オーリ
後継 コローニ・FC188
主要諸元
シャシー アルミニウムおよびカーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, ショックアブソーバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, ショックアブソーバー
トレッド 前:1,750 in (4,445.0 cm)
後:1,550 in (3,937.0 cm)
ホイールベース 2,800 in (7,112.0 cm)
エンジン フォード コスワース DFZ (Novamotor) 3.5リッター, 575ps, 90° V8, NA ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション コローニ/ヒューランド 6速 セミオートマチック
重量 510 kg (1,124 lb)
燃料 アジップ
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム エンツォ・コローニ・レーシングカー・システム
ドライバー イタリアの旗 ニコラ・ラリーニ
初戦 イタリアの旗 1987年イタリアグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
1 (2) 0 0 0
テンプレートを表示

コローニ・FC187 (Coloni FC187) は、コローニ・モータースポーツ1987年F1世界選手権に投入したフォーミュラ1カー。コローニのデビュー作となった車両で、2レースに参加した。それまでコローニは、外部に開発を委託した車両でF3やF3000に参戦していた。FC187は次作のFC188、FC188Bの基礎となった。

開発[編集]

FC187は以前ダラーラで働いていた25歳のエンジニア、ロベルト・オーリによって設計された[1]。その設計はコンベンショナルな物であったと記述される[2][3]モノコックは樹脂製で、シャシーの寸法およびレイアウトはドライバーの安全性向上のために規定された1988年のレギュレーションに対応するよう設計された[4]。ホイールベースは2800mmと比較的長く取られた[5]。サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーンとタイロッドから成る[6]。ボディはコンベンショナルなデザインで、エアボックスを持たずフラットなエンジンカバーを装着した。 エンジンはノヴァモーターがチューニングしたコスワースDFZを搭載した[7] [8]。トランスミッションは他の小チーム同様、ヒューランド製の6速ギアボックスを搭載した。FC187の重量は510kgで、これは1987年のF1マシンの中で最も重かった[9]

テストラン[編集]

FC187は1987年の初夏に完成した。シャシーは1台のみが製作された。車体は明るい黄色に塗装され、この黄色は2年間にわたってコローニのトレードマークとなった。 初のテストランはエンツォ・コローニ自身の手によってイモラ・サーキットで行われた。その後は1986年にコローニチームでF3のタイトルを獲得したニコラ・ラリーニが行った。

レース戦績[編集]

エンツォ・コローニ・レーシングカーシステムは1987年イタリアグランプリでF1デビューした。ドライバーはフランコ・スカピーニを起用する予定であったが、スーパーライセンスが発給されなかったためテストドライバーを務めたラリーニが起用された。FC187は完全では無かったが[10]、コローニは母国のイタリアグランプリでのデビューを望んでいた。グランプリではラリーニは予選落ちした。予選通過タイムからは2秒、ポールポジションネルソン・ピケからは12秒遅れのタイムであった。次戦のポルトガルグランプリには車が間に合わず、空力デザインやラジエターの位置が変更された[6]。 第13戦スペイングランプリでラリーニはターボエンジンを搭載したオゼッラアレックス・カフィフランコ・フォリーニを抑えて最下位で予選を通過した。決勝では8周目にサスペンショントラブルでリタイアした。このレースで最初にリタイアしたドライバーであった。残る3戦はヨーロッパ外で開催されるため、コローニは移動経費がかかると言うことで参加を取りやめた。FC187は1987年から1988年にかけて改良が行われ、翌1988年にはコローニ・FC188としてレースに投入された。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ 車番 ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1988年 FC187 フォード コスワース
DFZ V8 3.5
G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
BEL
ベルギーの旗
MON
モナコの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
西ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
MEX
メキシコの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
0 -
32 イタリアの旗 ニコラ・ラリーニ DNQ Ret

[編集]

  1. ^ Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945. 1994, S. 57, bei Ménard: La Grand Encyclopédie de la Formule 1. 2000, S. 604, オーリはしばしばマウリシオ・オーリと誤って呼ばれる。
  2. ^ Hodges: A–Z of Grand Prix Cars. 2001, S. 60: „a wholly conventional car.“
  3. ^ Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports. 1997, S. 378.
  4. ^ Motorsport aktuell. Heft 27, 1987, S. 9. これにはペダル類の位置は前車軸より後に位置するといういわゆるフットボックス・レギュレーションも含まれる。
  5. ^ Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports. 1997, S. 382. 1987年シーズン、競争力のある車両のホイールベースは比較的短かった。AGSリジェオゼッラザクスピードといった車両はホイールベースが長かった。
  6. ^ a b Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945. 1994, S. 57.
  7. ^ http://www.inside-racing.de/ Modellgeschichte des Coloni FC187 auf der Internetseite www.inside-racing.de (abgerufen am 16. Februar 2011).
  8. ^ Übersicht über die in der Formel 1 verwendeten Triebwerke und die Tuningbetriebe auf der Internetseite forix.autosport.com (abgerufen am 16. Februar 2011).
  9. ^ Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports. 1997, S. 382.
  10. ^ Vgl. Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945. 1994, S. 57.

参考文献[編集]

  • Adriano Cimarosti: Das Jahrhundert des Rennsports. Autos, Strecken und Piloten. Motorbuch-Verlag, Stuttgart 1997, ISBN 3-613-01848-9.(ドイツ語)
  • David Hodges: Rennwagen von A–Z nach 1945. Motorbuch-Verlag, Stuttgart 1994, ISBN 3-613-01477-7.(ドイツ語)
  • David Hodges: A–Z of Grand Prix Cars. Crowood Press, Marlborough 2001, ISBN 1-86126-339-2.(英語)
  • Pierre Ménard: La Grande Encyclopédie de la Formule 1. 2. Auflage. Chronosports, St. Sulpice 2000, ISBN 2-940125-45-7.(フランス語)
  • The magazine "Formula 1". November 2000. ed. "Autopanorama". pp. 46-51. ISSN 1560-3571. 

外部リンク[編集]