佐藤晋也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 晋也(さとう しんや、1980年6月8日 - )は、日本のレーシングドライバー宮城県出身。血液型はAB型。

略歴[編集]

17歳でカートデビュー。1998年にカートの東北地方選手権FR2クラスで4戦4勝でタイトルを獲得[1]。1999年に全日本選手権FAクラスに参戦と併行して鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS-F)に入校、卒業後のスカラシップを獲得。2000年にフォーミュラ・ドリームに参戦。2001年~2003年は全日本F3選手権にフル参戦し、2002年にはシリーズ4位という成績を残している。25歳で一度レース活動を休止するも、2011年に復帰、2013年にはスーパー耐久3クラスで佐藤晋也、吉本大樹脇阪薫一のトリオでシリーズチャンピオンを獲得している。2014年のSUPER GT 鈴鹿1000kmではサードドライバーとして登録、決勝は出番はなかったものの、優勝し表彰台に上がっている。現在は日本で一番エントリー台数を集める人気レース 86/BRZレースのプロフェッショナルクラスに参戦中。

レース戦績[編集]

  • 1999年
    • SRS-F入校、卒業後のスカラシップ獲得
    • 全日本カート選手権・東地域(シリーズ4位)
  • 2000年
    • フォーミュラ・ドリーム(#10 SRS-FスカラシップFD)
    • 全日本F3選手権<Rd.9,10 スポット参戦>(#64 PIAA DALLARA 無限/ダラーラF399・無限MF-204)
    • スーパー耐久・グループNプラス<Rd.7,8 スポット参戦>(#64 ケージーエム・アルテッツア)
  • 2001年 - 全日本F3選手権(#64 PIAA DALLARA 無限/ダラーラF399・無限MF-204)(シリーズ7位)
  • 2002年
    • 全日本F3選手権(#64 PIAA DALLARA 無限/ダラーラF302・無限MF-204B)(シリーズ4位)
    • F3マカオGP(11位)
    • F3コリアGP(スイス・レーシング #32 ダラーラF302・オペル)
  • 2003年
    • 全日本F3選手権(#2 戸田無限ホンダ FIGHTEX/ダラーラF302・無限MF-204B)(シリーズ7位)
    • スーパー耐久・クラス4<Rd.7 スポット参戦>(Fast Beut Produts #74 TUBE・C-WEST・JBM・DC5)
  • 2004年 - スーパー耐久・クラス1、クラス4にスポット参戦
  • 2005年 - 十勝24時間レース・ST1クラス(SCAPE45 #45 スケープ45スペックスポルシェ)(総合12位・クラス3位)
  • 2011年 - スーパー耐久・クラス3(最高2位)
  • 2012年 - スーパー耐久・クラス3 シリーズ3位(優勝2回)
  • 2013年 - スーパー耐久・クラス3 シリーズチャンピオン(優勝5回)
  • 2014年
    • 86/BRZレース シリーズ8位(最高4位)
    • スーパー耐久・クラス3
    • SUPER GT・300クラス<Rd6,8 スポット参戦>
  • 2015年 - 86/BRZレース・プロフェッショナルシリーズ19位(最高2位)

全日本フォーミュラ3選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 獲得ポイント 有効ポイント
2000年 NAKAJIMA HONDA 無限 SUZ TSU FSW MIN TAI SUZ SUG TRM SEN
12
SUZ
4
11位 3 3
2001年 SUZ1
9
SUZ2
7
TSU1
8
TSU2
3
FSW1
Ret
FSW2
Ret
MIN1
10
MIN1
8
TRM1
Ret
TRM2
7
SUZ
6
SUG1
4
SUG2
8
SEN1
5
SEN2
7
TAI1
4
TAI2
6
TRM1
6
TRM2
Ret
8位 82 79
2002年 A TSU1
3
TSU2
Ret
SUZ1
2
SUZ2
9
FSW1
5
FSW1
3
MIN1
3
MIN2
6
TRM1
Ret
TRM2
11
SUZ1
3
SUZ2
3
SUG1
4
SUG2
4
SEN1
2
SEN2
10
TAI1
10
TAI2
6
TRM1
5
TRM2
5
4位 150 149
2003年 TODA RACING 戸田レーシング SUZ1
4
SUZ2
Ret
FSW1
10
FSW1
7
TAI1
9
TAI2
8
TRM1
9
TRM2
7
SUZ1
3
SUZ2
7
SUG1
6
SUG2
5
TSU1
7
TSU2
6
SUG1
8
SUG2
Ret
MIN1
6
MIN2
8
TRM1
9
TRM2
9
7位 82 79

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2014年 LM corsa BMW・Z4 GT3 GT300 OKA FSW AUT SUG FSW SUZ
DNR
CHA TRM
15
NC 0

人物[編集]

  • 子供の頃からとても運動神経が良く、小学校6年の時には仙台市陸上記録会100mで3位という結果を残している。
  • 父がレスリングで日本一になっていた事もあり、陸上をやめた時に強烈にレスリングをプッシュされ、「欲しがってたゲームソフトを買ってやるから」の一言で15歳の時にレスリング部に入部するも、3か月で退部。ちなみに買ってもらったゲームソフトは「中嶋悟のF1ヒーロー」だった。
  • モータースポーツの世界を知ったきっかけは、テレビで見たF1だった[1]
  • レースを始めようとするも、家族に猛反対されるが、17歳でレンタルカートに乗って以来その思いは強くなり、「カートをやらせてくれなかったら、学校も行かない」と強行手段に出て、親が折れる形でレース活動が始まった[1]
  • 25歳で一度レース活動を休止するも、長いブランクを経て31歳で再度レースに復帰。それ以来、一貫して大阪トヨペットグループ(OTGモータースポーツ)のチームでドライバーをしている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c オートスポーツ 2000年5/4,18日合併号 84頁「フォーミュラドリーム・チャレンジ2000 第4回19歳ルーキー二人、それぞれの挑戦!SRS-F出身ドライバー佐藤晋也&中村裕史」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]