學天則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

學天則(がくてんそく、学天則)は、1928年昭和3年)、昭和天皇即位を記念した大礼記念京都博覧会大阪毎日新聞が出品した、東洋で初めてのロボットである。制作者は同社の論説顧問だった西村真琴[1]

學天則と西村真琴(左の人物)

概要[編集]

巨大な机に人形が座ったような形で、高さ約3.5m、幅約3m。肌は金色、頭に緑葉冠をかぶり、顔は様々な人種を掛けあわせた感じの容姿であった。右手に鏑矢型のペン、左手に霊感灯と呼ばれるライトを持っていて、ゴムチューブによる空気圧変化を動力に、腕を動かしたり、表情を変えたりでき、全体の制御は突起の付いた回転式ドラムによって行われた。

上部に告暁鳥と言う機械仕掛けの鳥が付属していて、この鳥が鳴くと學天則は瞑想を始める。そしてひらめきを得ると霊感灯(インスピレーション・ライト)が光を放ち、それを掲げ、鏑矢型のペンでひらめきを文字に起こしたという。

學天則という名は「天則(自然)に学ぶ」という生物学者らしい考えに基づいた命名である。

博覧会では観客の注目を集め、廣島市鳥瞰昭和産業博覧会(1929年昭和4年))や朝鮮博覧会1929年昭和4年))など各地で開催された博覧会にも出品された。その後、売却されてドイツに渡ったが行方不明となった。現地では故障等でうまく作動せず、廃棄されたらしい。

開発者[編集]

開発者の西村真琴は、1883年明治16年)に長野県で生まれた。北海道帝国大学教授を経て、1927年昭和2年)大阪毎日新聞入社。ロボット工学の専門家ではなく、阿寒湖マリモの保護に尽力した生物学者である。大阪毎日新聞の論説員で大阪在住のときに、學天則を開発した。

再作成[編集]

レプリカ[編集]

1992年平成4年)に、大阪市立科学館が外見を模した動かない小型のレプリカを展示した[1]

復元[編集]

2007年平成19年)2月大阪市が復元することを発表した。設計図が現存しないため、大阪市立科学館の学芸員と製作業者が協力して、当時の写真や文献だけを手がかりにした復元となった[1]

製作費約2100万円をかけて実物大の復元品が2008年平成20年)4月に完成、4月24日に報道陣に公開された。同年7月18日にはリニューアルオープンした大阪市立科学館の目玉展示として公開された。コンピュータエアシリンダーによる制御など、構造や動作は昭和初期の作品に比べて精緻になっている。

登場する作品[編集]

  • 帝都物語』 荒俣宏の小説。帝都物語が映画化された際は、西村真琴の次男で俳優の西村晃が作品の中の西村真琴を演じた。映画に登場した學天則はデザインが異なり、最後には意志が宿るような演出も見られる。作者の荒俣宏は『大東亜科学綺譚』(1991年平成3年)、筑摩書房)にて學天則の製作と西村真琴について紹介している。
  • 怪奇警察サイポリス』 学天則 葛丸一號という霊力を有するロボットが登場する。
  • おきらく忍伝ハンゾー』 ゲンナイが発明した巨大からくり武者学天則シリーズが登場する。零号機から五号機まで有る。
  • ロボ娘のアーキテクチャ』 山東ユカのまんが。46回目に江草姉妹がクオークと一緒に大阪まで直接会いに行く。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大阪市立科学館-プレスリリース

関連項目[編集]