ISO 12006

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ISO12006は、TC59で審議された「建設分野の分類体系」である。

概要[編集]

Part1(12006-1)は、原則論のみ。Part2(12006-2)は、「情報分類の枠組み」として、17の推奨分類テーブルが示されている。

2001年11月に最初のpiblishが出た。エンティテイ、要素、建設プロセス、管理プロセスなどの独特の概念が提出されている。建設分野のライフサイクルにわたるすべての活動作業や構造物を1つの体系で網羅しようとしたものであり、実際のデータベース等のシステムは、この1部をカバーしたものであるため、これをすべて含んだデータベースは考えにくい。しかし多くの国のナショナル分類表に影響を与えた。

Part3(12006-3)は、「オブジェクト指向の情報交換に関する枠組み」上記Part2がテーブル表で表現出来るのに対して、クラス図でのみ表現しようとしたものである。2001年10月にPAS化、2007年ISになった。

参考文献[編集]

英語の参考サイト
出典
  • INTERNATIONAL STANDARD 12006-2 

[Bulding construction-Organization of information about construction works-