ハイフンマイナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
-

ハイフンマイナス (hyphen-minus) あるいはアスキーハイフン (ASCII hyphen) は、ラテン文字とともに使われる記号 (-) であり、通常は半角幅の横棒である。約物ハイフン (‐) や演算記号のマイナス (−) の意味で使われる記号である[1]ASCIIJIS X 0201などのISO/IEC 646系の文字コードや、ISO-8859-1などのISO/IEC 8859系の文字コード、UTF-8などのUnicode系の文字コードにおいて0x2Dの符号位置を持つ文字である。

概要[編集]

ハイフンマイナスはタイプライター等の記号として入力が可能であった横棒の意味として、演算等で用いる二項演算子および単項演算子のマイナスの用途と、欧文等で単語区切りに使用する約物のハイフン、単語途中での改行時に使用するソフトハイフン、区切りを表すダッシュなどの複数の意味で使用されていた。

その後汎用的なコンピュータなどが普及し始め、文字コードとしてその記号を1つの符号位置で表現するようになった。7ビットの文字コードとして標準化する際にISO/IEC 646では0x2Dの符号位置を規定した。一方でEBCDICでは多くの場合0x60の符号位置を与えていた。日本で標準化されたJIS C 6226:1978ではハイフン、マイナス、ダッシュのそれぞれに符号位置を与えた。8ビットの文字コードとして登場したISO/IEC 8859ではダッシュやソフトハイフンには別の符号位置を与えた文字集合も出てきたが、ハイフンおよびマイナスは区別されなかった。

その上で今まで0x2Dとして存在した文字に対する意味づけをする必要が出てきたが、ハイフンにするのか、マイナスにするのかについて歴史的な資産や、技術的な問題、業界内の派閥の問題などにより一方だけに絞ることができなかった。そこで苦肉の策としてハイフンおよびマイナスを包摂した文字とすることとなり、hyphen-minus という名称を付けた。

その後、UnicodeなどがISO/IEC 646などと互換を取る形で制定されたが、U+002Dの符号位置の文字はハイフンマイナスとなっている。

JIS X 0208においては元々ハイフンとマイナスがそれぞれ別区点位置に与えられているためハイフンマイナスという文字は規定されなかったが、2000年に規格化されたJIS X 0213においてはISO/IEC 646や8859といった国際規格との互換性のため、ソフトハイフンとともに符号位置を与えられるようになった。

ほとんどのプログラミング言語では、文字集合がASCIIに限られているから、減算や負数を表すのに、ユニコードの U+2212 minus sign ではなく、ハイフンマイナスを用いる。

エヌダッシュ (en dash) は歴史的には小文字の "n" と同じ幅を持つダッシュである。用法としては、範囲を表したり(例えば "2000–2004")、形容詞の複合を表したり(例えば "Italian–American relations")する。これはイタリアとアメリカの間の関係という意味であるが、一方 "Italian‐American relations" はイタリア系アメリカ人の関係という意味である。これらの場合にハイフンマイナスがエヌダッシュの代わりに用いられることもしばしばあるが、この用法は一般にエヌダッシュを知らないことから生じるものであり、推奨されない。2つのハイフンマイナスを連続して並べることでエヌダッシュを表すこともあり、これは後にTeXで用いられることとなる。

エムダッシュ (em dash) は歴史的には小文字の "m" と同じ幅を持つダッシュである。3つのハイフンマイナスを連続して並べることで表すこともあり、これは後にTeXで用いられることとなる。2つのハイフンマイナスで表すこともある。

したがって幅は、ハイフンよりもマイナス記号やエヌダッシュの方が長く、エムダッシュはそれよりもさらに長い。ハイフンマイナスは、ハイフンとマイナス記号の間の長さを持つ。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
- U+002D 1-2-17 -
-
ハイフンマイナス
(HYPHEN-MINUS)
U+FF0D 1-2-17 -
-
全角ハイフンマイナス
(FULLWIDTH HYPHEN-MINUS)

関連項目[編集]

脚注[編集]