すき家本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社すき家本部
SUKIYA CO., LTD.
Sukiya Aioi Kakiuchi.jpg
店舗例(兵庫県 相生垣内店)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 すき家
本社所在地 日本の旗 日本
108-0075
東京都港区港南二丁目18番1号
JR品川イーストビル
北緯35度37分44.3秒 東経139度44分26.5秒 / 北緯35.628972度 東経139.740694度 / 35.628972; 139.740694
設立 2011年5月27日
(株式会社ゼンショー)
業種 小売業
法人番号 2010401093920
事業内容 牛丼、カレー中心としたファストフード店、及びそのチェーン本部の経営
代表者 興津龍太郎(代表取締役社長
決算期 3月31日
主要株主 ゼンショーホールディングス (100%)
主要子会社 当該節参照
関係する人物 小川賢太郎(創業者)
外部リンク http://www.sukiya.jp/
特記事項:創業は1982年
2014年10月1日に現社名へ商号変更
テンプレートを表示

株式会社すき家本部(すきやほんぶ、SUKIYA CO., LTD.)は、「すき家」の屋号で牛丼チェーン店を運営する企業。ゼンショーホールディングスの連結子会社である。

概要[編集]

「すき家」事業はゼンショーホールディングスの創業者である小川賢太郎が、1982年7月に開店した弁当店「ランチボックス生麦店」をルーツとして[1]、同年11月に1号店をオープンさせたものであり、いわばゼンショーグループの“原点”とも言える事業であるが、2011年の持株会社化に伴いゼンショー(初代、現在のゼンショーホールディングス)から事業子会社として設立された(2代目)ゼンショーを、2014年に「すき家」事業に特化させるために商号変更した会社が「すき家本部」である。なお、「すき家」事業以外の事業については、新たにゼンショーホールディングスの子会社として設立されたエイ・ダイニングに事業譲渡している。

現在「すき家」は全店舗が「すき家本部」の関連会社である地域子会社(後述)の直営であり、フランチャイズは一切ない。

店舗ごとの連絡先は非公開で、レシートに書かれている電話番号は本社お客様相談室のもののみである。従業員募集の求人応募も集中受付センターのみ。

沿革[編集]

  • 1982年11月 - すき家ビルイン1号店を神奈川県横浜市に開店(「すき家」事業の創業)
  • 2011年5月27日 - 「株式会社ゼンショー分割準備会社」として設立[2]
  • 2011年10月1日 - 株式会社ゼンショー(初代)が持株会社化し「株式会社ゼンショーホールディングス」に商号変更。当社が「株式会社ゼンショー」(2代目)に商号変更し、吸収分割によりゼンショーホールディングスから店舗運営事業を譲受し、事業子会社として本格的な業務を開始。
  • 2013年10月10日、ホームページ上にすき家公式通販サイトe-shop!(イーショップ)を開設。
  • 2014年6月1日、地域運営会社7社を設立し、実際の店舗運営を分社化。1社約300店舗を統括し、地域密着型の運営を行う。
  • 2014年10月1日、株式会社ゼンショー(2代目)を株式会社すき家本部へ商号変更。事業をすき家のみへ特化し、他事業は株式会社ゼンショー(2代目)から会社分割で設立された株式会社エイ・ダイニングが承継。

グループ会社[編集]

ゼンショー(2代目)時代の2014年6月より、事業を以下の地域運営会社7社に承継。1社約300店舗を統括し、地域密着型の運営を行う。ただし、各企業の詳細(本社所在地など)については明らかにされていない。

  • 北日本すき家
  • 関東すき家
  • 東京すき家
  • 中部すき家
  • 関西すき家
  • 中四国すき家
  • 九州すき家

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]