シカゴピザファクトリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社シカゴピザ
Chicago Pizza co.,ltd
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 567-0853
大阪府茨木市宮島2-2-17
設立 2008年2月
業種 小売業
事業内容 フランチャイズチェーン本部事業/ピザ等宅配事業/業務用ピザ食材事業
代表者 中野雅弘(代表取締役社長)
資本金 5千万円
従業員数 400名
(うち社員62名、パートアルバイト318名)
(2015年4月現在)
支店舗数 121店舗
決算期 9月
主要株主 株式会社CPH 100%
外部リンク http://www.chicago-pizza.com/ http://donburi-meijin.jp/
テンプレートを表示

シカゴピザファクトリーは、大阪府茨木市に本社をおく株式会社シカゴピザが展開する宅配ピザチェーン。シカゴピザでは宅配ピザチェーン「シカゴピザファクトリー」「シカゴデリータ」、ピザ・パスタのファーストフード店「ボーノ!シカゴ」を展開している。

概要[ソースを編集]

ピザ生地などを生産するメーカー「トロナジャパン」の一部門が、東京都渋谷区においてデリバリーショップ1号店となる「シカゴピッツァファクトリー渋谷店」を1986年にオープンしたことに始まる[1]フランチャイズ展開により一時は300店舗近くまでその店舗数を増やすが、ピザーラピザハットなどの同業他社の参入もあって店舗数を減らしている。

トロナジャパンは元々アイスクリーム卸業最大手の藤三商会京都市)の完全子会社であった。しかし藤三商会は2003年10月に負債総額590億円を抱えて民事再生法に基づく再生手続に入った後、支援企業が見つからずに清算された。そのためトロナ自体も倒産の危機を迎えるが、伊藤忠商事森永乳業の支援により危機は逃れる。だが、その後も業績が伸びず、2006年8月にすき家などを経営するゼンショー事業譲渡されることになった。

その後、2008年4月から株式会社トロナジャパンより分社し、宅配ピザチェーン業務に専念するため、新たに株式会社シカゴピザとして事業を開始する事になった。2011年7月にゼンショーはシカゴピザの全株式を投資銀行であるリサ・パートナーズ[2]に譲渡し[3]、ゼンショーグループから離脱した(トロナジャパンは冷凍食品卸・通信販売取扱いとしてゼンショーグループに残留)。

2012年、シカゴピザは新たに宅配丼物チェーン「どんぶり名人」の展開を開始した。なお、「どんぶり名人」は「シカゴピザファクトリー」の店舗と併設になっており、宅配も「シカゴピザファクトリー」のものを利用している。

「シカゴピザ」の名称はアメリカシカゴリトル・イタリー英語版のアメリカ風ピザ(同社ではこれを「リトルイタリーピザ」と称している)をベースにしていることによるもので、「シカゴ風ピザ英語版」「ディープディッシュピザ」と呼ばれる、具の詰まった厚みのあるピザ(ピザパイ)を提供しているわけではない。

店舗[ソースを編集]

「シカゴピザファクトリー」「シカゴデリータ」をあわせて24都府県に121店舗を展開する[4]。会社の設立経緯などもあり、近畿6府県すべてに過半数の64店舗が集中する一方で、北海道・東北・関東・甲信越は1都4県の17店舗にとどまるなど、西日本中心の店舗展開となっている。

閉店した店舗

  • 近江八幡店
  • 鳴海店
  • 松江北店

その他

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 会社概要 2012年6月18日アクセス
  2. ^ 正確には、リサ・パートナーズの子会社である「リサ・キャピタル・マネジメント」が運営する「リサ・コーポレート・ソリューション・ファンド2号投資事業有限責任組合」の100%出資会社である「株式会社CPH」。CPHはリサ・パートナーズからみると「曾孫会社」になる。
  3. ^ 子会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ (PDF) - ゼンショー2011年6月30日付ニュースリリース
  4. ^ シカゴピザ店舗検索

外部リンク[ソースを編集]