松本清雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 清雄(まつもと きよお、1973年1月20日 - )は、日本実業家マツモトキヨシ創業者の松本清の孫で、マツキヨココカラ&カンパニー代表取締役社長を務める。

人物・経歴[編集]

千葉県出身。マツモトキヨシホールディングス初代代表取締役社長の松本南海雄は父[1]東海大学付属望星高等学校中退[2]。1995年マツモトキヨシ入社。2005年取締役商品部長に昇格。2007年のマツモトキヨシホールディングス設立時に同社取締役に就任[3]

2011年からマツモトキヨシ代表取締役社長を務め、品ぞろえの見直しなどを進めた。2014年からマツモトキヨシホールディングス代表取締役社長を務め[1]、不採算店舗の閉鎖などを進めて純利益の増益を果たしたが、売上では2017年にウエルシアホールディングスに抜かれ22年ぶりに業界トップの交代となった[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代
松本南海雄
マツキヨココカラ&カンパニー (旧マツモトキヨシホールディングス) 社長
2014年 -
次代
(現職)
先代
吉田雅司
マツモトキヨシ社長
2011年 - 2014年
次代
成田一夫