レオポルト・フォン・ランケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオポルト・フォン・ランケ

レオポルト・フォン・ランケLeopold von Ranke, 1795年12月21日20日説あり) - 1886年5月23日)は、19世紀ドイツの指導的歴史家

業績[編集]

実証主義に基づき、史料批判による科学的な歴史学を確立した。ランケ以前の歴史研究者を「歴史家」、以降の歴史研究者を「歴史学者」と呼ぶように、ランケの業績は歴史学の画期となった。また、教育面では演習(ゼミナール)を重視した。「それは事実いかにあったのか」を探究する実証主義的な研究法と教育方法は、ドイツ国内のみならずイギリスアメリカの歴史学に大きな影響を与えた。

生涯[編集]

1795年12月21日にザクセン選帝侯国テューリンゲン地方ヴィーエに代々ルター派牧師の家に生まれる。長じてライプツィヒ大学に入学して古典と神学を研究した。この時期に中世の史料講読法を習得した。1818年フランクフルト・アン・デア・オーデルギムナジウムの教師となる。1825年に、ベルリン大学史学科助教授。1834年に同大学教授となる。1865年貴族に列せられる。1886年5月23日ベルリンで89歳で没した。

ランケは、生家から影響された敬虔なルター派プロテスタントに、フィヒテ理想主義と、ゲーテの人間性の哲学を統合し、独自の歴史哲学を構築していった。また、他方では、18世紀の世界史観に、人間及び社会の個性と有機的な発展というロマン主義の原理を繋ぎ合わせていった。ランケ史学は、従来の啓蒙主義から派生した教訓的、実用的歴史学に対する批判に特徴がある。ランケは、あくまでも実際の事物がどのようなものであったかを発見しようとつとめた。

ランケの処女作である『ラテン及びゲルマン諸民族の歴史』Geschichte der romanischen und germanischen Völker von 1494 bis 1514 (1514年で執筆は中断された。1824年に公刊)には、既に以上のような歴史的思考法によって、ラテンゲルマン諸民族の西ヨーロッパにおける共同体の形成や、キリスト教人文主義の文化価値の統合、キリスト教的神の世界史における影響などが余すことなく記述されている。この処女論文は彼の以後の歴史学を規定すると共に、ベルリン大学での50年間の教育活動への道を切り開いたものである。

ランケは、人物の性格研究に優れていた。特に初期の著作である、『ローマ教皇史』Die römischen Päpste in den letzen vier Jahrhunderten, (1834年1836年)において顕著である。彼は、近代ヨーロッパ社会の基軸を、教会と国家の関係の変化の中に見出していった。

ランケが記した諸国民史―『プロイセン史9巻』Neun Bücher preussischer Geschichte (1847年〜1848年)、『フランス史』Französische Geschichte, vornehmlich im sechzehnten und siebzehnten Jahrhundert (1852年〜1861年)、『イギリス史』Englische Geschichte, vornehmlich im sechzehnten und siebzehnten Jahrhundert (1859年〜1869年)は、16世紀および17世紀の近代国家の発展期を集中して記述したものである。

青年時代にランケは万国史や列国史ではない歴史叙述としての「世界史」の執筆の望みを持っていた[1]が、晩年に、この作業に着手した。この『世界史』Weltgeschichte(1881年1888年)は、ランケの生前は神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世までの記述で(死後、ランケの草稿をもとに15世紀半ばまで加筆された)断片的である。

また、ランケは、プロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム4世と密接な関係にあり、復古主義に陥り、革命勢力に対しては公正とは言えなかった。『世界史』においても、時代遅れの観点をさらけ出しており、大英帝国の覇権や、アメリカ独立革命帝政ロシアの膨張については触れていない。さらに資本主義社会や産業革命による産業社会の発達についても扱ってはいない。とは言え、彼の歴史像は限定されたものであったが、彼の影響は、ドイツにとどまらず欧米社会に波及し、近代歴史学研究法の創始者と目される。ランケは古文書学の優れた研究家であり、メッテルニヒ時代の外交政策、特に東方問題について深い見識を有していた。さらにそれから敷衍し、16世紀、17世紀全般の列強の興隆について研究を拡大していった。

組織者としても辣腕を振るい、1858年にはバイエルンマクシミリアン2世のもとに「バイエルン学士院歴史学委員会」を創設し、こうした委員会により、文書や書簡の保存や刊行を指導した。

ベルリン大学では、演習(ゼミナール)形式を重視し、史料を方法的に分析し、経験的に解釈・判断するという方法を採り、バルトホルト・ゲオルク・ニーブールとならんで近代歴史学の祖といわれる。上述の『ローマ的・ゲルマン的諸民族の歴史』の付録として刊行された『近世歴史家批判』(1824年)は、厳密な史料批判をとおして科学的な近代歴史学の基礎を確立した著作として、画期的な意義をもつとして今も名高い。その後継者には、プロイセン学派のヨハン・グスタフ・ドロイゼンハインリヒ・フォン・トライチュケがいる。

批判[編集]

ランケの史料批判の方法は、実践面において影響が残っている一方、より広範な着想である歴史学経験主義については、一部からは時代遅れで最早信用出来ないと看做されている。20世紀半ばにカーブローデルの挑戦を受けるまで、ランケの歴史学は歴史家を支配して来た。

カーは、「歴史家は単に事実を報告しないばかりか使用する事実の選択さえするので、経験主義と言うランケの着想はナイーブで退屈で時代遅れ」と批判した。

ブローデルは histoire problème に基づいて取り組んだ。

ヴァルター・ベンヤミンは、歴史家は過去を "wie es eigentlich gewesen"(実際に起きたままに) 説明するべきである、と言うランケの格言の遺産について、「(19)世紀の最強麻薬に等しい」と痛烈に記述した。

主要論文・その他[編集]

  • Fürsten und Völker von Süd-Europa im sechzehnten und siebzehnten Jahrhundert
  • Deutsche Geschichte im Zeitalter der Reformation (1845-1847)
  • Die deutschen Mächte und der Fürstenbund (1871-1872)
  • Ursprung und Beginn der Revolutionskriege 1791 und 1792
  • Hardenberg und die Geschichte des preussischen Staates von 1793 bis 1813

日本語訳[編集]

  • 『強国論』 相原信作訳 岩波文庫 1940
  • 『政治問答』 相原信作訳 岩波文庫 1941
  • 『世界史概観 近世史の諸時代』 鈴木成高・相原信作訳 岩波文庫 1941、のち改版
  • 『世界史の流れ』 村岡晢訳 ちくま学芸文庫 1998
  • 『フリードリッヒ大王』 溝辺竜雄訳 白水社 1941
  • 『ランケ選集』3巻分のみ刊 三省堂 1942-1946
  • 『ランケ自伝』 林健太郎訳 岩波文庫 1966
  • 『ドン・カルロス 史料批判と歴史叙述』 祇園寺信彦訳 創文社 1975
  • 世界の名著続11 ランケ』 林健太郎責任編集 中央公論社 1974。のち新版
    • 改訂版『宗教改革時代のドイツ史 I・II』 渡辺茂訳、中央公論新社・中公クラシックス 2015。解説佐藤真一

脚注[編集]

  1. ^ 「近世歴史家批判」(1824)、『ラテン及びゲルマン諸民族の歴史』附録

関連項目[編集]