西村貞二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西村 貞二(にしむら ていじ、1913年11月20日[1]- 2004年3月15日[2])は日本の西洋史学者。イギリス文学者西村孝次の弟で、文芸評論家小林秀雄の従弟。

来歴[編集]

京都生まれ。1937年東京帝国大学文学部西洋史学科卒業。東北大学文学部助教授、教授を務め、77年定年退官後、名誉教授。ルネサンス期を専門とし、近代ヨーロッパ歴史家についても、伝記研究・訳書を多数出版した。

著書[編集]

共編[編集]

  • 『新稿西洋史』 池田哲郎・村岡晢と共編 文理図書出版社, 1954年
  • 『西洋史要』 池田哲郎・村岡晢, 文理図書出版社 1959年

翻訳[編集]

  • ブランデンブルク『近代ヨーロッパ史 世界史の成立』冨山房 1943年
  • ウィルヘルム・フンボルト『歴史哲学論文集』創元社 1948年
  • レッシング『人類の教育』創元社 1949年
  • フンボルト『人間の諸問題』創元社 1950年
  • エルンスト・トレルチ『近代世界とプロテスタンティズム』創元社 1950年
  • トレルチ『ヨーロッパ精神の構造 ドイツ精神と西欧』みすず書房 1952年
  • トレルチ『アウグスティヌス キリスト教的古代と中世』新教出版社 1952年、同:新書判、2008年
  • ゲルハルト・リッター『権力思想史 近世の政治的思惟における権力問題の歴史および本質に関する考察』みすず書房 1953年
  • リッター『ドイツのミリタリズム』未來社 1963年
  • リッター『宗教改革の世界的影響』新教出版社 1967年
  • トレルチ『ドイツ精神と西欧』筑摩書房〈筑摩叢書〉 1970年、復刊1985年
  • ヴィルヘルム・ディルタイ『ルネサンスと宗教改革 15・6世紀における人間の把握と分析』創文社 1978年

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『人物物故大年表』