西村貞二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西村 貞二(にしむら ていじ、1913年11月20日[1]- 2004年3月15日[2])は日本の西洋史学者。イギリス文学者西村孝次の弟で、文芸評論家小林秀雄の従弟。

来歴[編集]

京都生まれ。1937年東京帝国大学文学部西洋史学科卒業。東北大学文学部助教授、教授を務め、77年定年退官後、名誉教授。ルネサンス期を専門とし、近代ヨーロッパ歴史家についても、伝記研究・訳書を多数出版した。

著書[編集]

  • 『歴史』目黒書店(文化科学選書), 1946年
  • 『ルネサンス精神史序説』生活社, 1947年
  • フンボルト有斐閣 1959年
  • 『教養としての世界史』講談社現代新書 1966年
  • 『現代ドイツの歴史学』未來社 1968年
  • 『大世界史第10巻 神の国から地上の国へ』文藝春秋 1968年
  • マキアヴェリ その思想と人間像』講談社 1969年
  • 『歴史から何を学ぶか』講談社現代新書 1970年
  • レオナルド=ダ=ヴィンチ ルネサンスと万能の人 人と思想』
    清水書院(Century Books)1971年、新装版2017年。新書判(※清水版は以下同)
  • 『現代ヨーロッパの歴史家』創文社 1977年
  • 『歴史観とは何か』第三文明社レグルス文庫)1977年、新書判
  • マキアヴェリズム』第三文明社(レグルス文庫) 1978年、講談社学術文庫 1991年
  • 『マキアヴェリ 人と思想』清水書院(Century books) 1980年、新装版2016年
  • マイネッケ 人と思想』清水書院(Century books) 1981年、新装版2016年
  • 『悪人が歴史をつくる』中央公論社 1984年
  • ヴェーバートレルチ、マイネッケ ある知的交流』中公新書 1988年
  • 『フンボルト 人と思想』清水書院(Century books) 1990年、新装版2015年
  • 『トレルチの文化哲学』南窓社〈キリスト教歴史双書〉 1991年
  • ブルクハルト 人と思想』清水書院(Century books) 1991年、新装版2015年
  • 『世界史物語 ビジュアル版』講談社 1992年
  • 『小林秀雄とともに』求龍堂 1994年
  • リッター 人と思想』清水書院(Century books) 1995年、新装版2015年
  • 『歴史学の遠近』東北大学出版会〈東北大学出版会叢書〉 1997年、随想集

共編[編集]

  • 『新稿西洋史』 池田哲郎・村岡晢と共編、文理図書出版社 1954年
  • 『西洋史要』 池田哲郎・村岡晢、文理図書出版社 1959年

翻訳[編集]

  • ブランデンブルク『近代ヨーロッパ史 世界史の成立』冨山房 1943年
  • ウィルヘルム・フンボルト『歴史哲学論文集』創元社 1948年
  • レッシング『人類の教育』創元社 1949年
  • フンボルト『人間の諸問題』創元社 1950年
  • エルンスト・トレルチ『近代世界とプロテスタンティズム』創元社 1950年
  • トレルチ『ヨーロッパ精神の構造 ドイツ精神と西欧』みすず書房 1952年
    • 改訂版『ドイツ精神と西欧』筑摩書房〈筑摩叢書〉 1970年、新版1985年
  • トレルチ『アウグスティヌス キリスト教的古代と中世』新教出版社 1952年、同:新書判、2008年
  • ゲルハルト・リッター『権力思想史 近世の政治的思惟における権力問題の歴史および本質に関する考察』みすず書房 1953年
  • リッター『ドイツのミリタリズム』未來社 1963年
  • リッター『宗教改革の世界的影響』新教出版社 1967年
  • ヴィルヘルム・ディルタイ『ルネサンスと宗教改革 15・6世紀における人間の把握と分析』創文社 1978年

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『人物物故大年表』