西村孝次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1949年

西村 孝次(にしむら こうじ、1907年11月17日 - 2004年6月29日)は、日本の英文学者、文芸評論家、元明治大学教授。小林秀雄の従弟。弟の西村貞二は西洋史学者で東北大学教授を務めた。プロサッカー選手西村卓朗は、孫。

来歴[編集]

京都市で400年続いた仏書店に13代西村重右衛門の長男に生まれる。家業を継ぐはずだったが1923年店が破産。進路に迷っていた時京都へ来た小林秀雄から文学の道を勧められる。1925年京都府立第一商業学校卒、29年関西学院英文科卒、学費のため一年半ゼネラルモーターズに勤め、1934年東北帝国大学法文学部英文科卒、創元社の原稿閲読者などを務める。[1]、1939年、中村光夫吉田健一山本健吉らと同人誌『批評』を始める。英文学の翻訳、文芸評論などを書く。戦後は鎌倉文庫嘱託をへて、1949年から明治大学教授、78年定年退職。1962年「一八世紀初期イギリスにおける文学と政治の問題 スウィフト[要曖昧さ回避]を中心として」で東北大学文学博士。1980年代、オスカー・ワイルド全集個人全訳を成し遂げた。北米ロレンス協会名誉会員。日本ワイルド協会名誉顧問。

著書[編集]

  • 『批評と信仰』文林堂双魚房 1943
  • 『言語と文化』目黒書店 1946
  • 『現代文芸論』壮文社 1948
  • 『文学の裏窓』鱒書房 1955
  • ヘミングウェイ』日本書房 1960
  • 『生活作法』紀元社 1961
  • 『ロレンスの世界 現代の証人として』中公新書 1970
  • 『休み時間の英文学』青土社 1981
  • 『わが従兄・小林秀雄』筑摩書房 1995
  • 『魅惑の女 ひとつのイギリス近代史』研究社 1996
  • 『アメリカ文学の形成』志賀勝・荒川龍彦との共著 世界文化社 1948

主な翻訳[編集]

主要論文[編集]

  • 西村孝次, 「第三部門 イギリス文学における諷刺の問題 : それに即して、それを超えて(日本英文学会第36回大会報告)」『英文学研究』 41巻 2号 1964年 p.310-311, doi:10.20759/elsjp.41.2_310_2
  • 西村孝次, 「戦後文学論」『新小説』 3(10), 41-45, 1948-10, NAID 40001908211
  • 西村孝次「文学における性の問題」『理想』第250号、理想社、1954年、 11-16頁、 ISSN 03873250NAID 40003726269
  • 西村孝次, 「翻訳ということ」『国文学解釈と鑑賞』 18(9), 1-5, 1953-09 , NAID 40001341872
  • 西村孝次, 「巨大な侏儒--ディケンズ」『あるびよん』 (20), 58-65, 1953-09 , NAID 40000103237
  • 西村孝次, 「全集ばやり」『出版ニュース』 (233), 11, 1953 , NAID 40001740442
  • 西村孝次, 「D.H.ロレンス「息子と恋人」」『文芸』 11(2), 130-132, 1954-02 , NAID 40003408862
  • 西村孝次(訳),富士川 義之 「コレクション オスカー・ワイルド--時評 (総特集 オスカー・ワイルドの世界)」『ユリイカ』 32(6), 130-173, 2000-04 , NAID 40003696580
  • 西村孝次, 「オスカ-・ワイルド--神話と真実」『海』 8(11), p248-296, 1976-11 , NAID 40000178324
  • 西村孝次, 「当世学生当用誤記辞典」『中央公論】 92(6), p234-241, 1977-06 , NAID 40002393900
  • 西村孝次,小野寺健, 「わがロレンス (D.H.ロレンス<特集>)」『英語青年』 126(8), p374-381, 1980-11 , NAID 40000199134

脚注[編集]

  1. ^ 飯田武郎, 「故西村孝次先生追悼」『D・H・ロレンス研究』 2006年 2006巻 16号 p.78-94, 日本ロレンス協会, doi:10.11173/dhlawrencestudies1991.2006.78