志賀勝 (アメリカ文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

志賀 勝(しが まさる、1892年3月29日 - 1955年8月1日)は、アメリカ文学者

愛媛県宇和島市出身[1]関西学院高等学部文科英文学科卒業、のち母校教授、戦後は関西学院大学英文科主任教授を務めた。早くからアメリカ文学に注目し、病気に苦しみながら著作、翻訳多数を上梓した。

著書[編集]

  • 現代英米文学の研究 創元社, 1935
  • アメリカ文芸思潮 弘文堂, 1939
  • ロレンス 創元社, 1939
  • 文学と信念 理想社, 1940
  • 研究社英米文学語学講座 第9 現代アメリカ文学論 研究社, 1942
  • アメリカ文学史 高桐書院, 1947
  • アメリカ現代作家 創元社, 1947
  • アメリカ文学手帖 朝日新聞社, 1948
  • エマソン 養徳社, 1948
  • アメリカ文学序説 時論社, 1948
  • 文学論 高桐書院, 1948
  • 英文学十講 聖光社, 1949
  • アメリカ文学現実主義時代 研究社出版, 1950
  • アメリカの倫理 エマーソンとその理想 養徳社, 1951
  • アメリカ文学の成長 研究社出版, 1954

翻訳[編集]

共著・編著[編集]

  • アメリカ文学の形成 荒川竜彦,西村孝次 世界文学社, 1948
  • ヘミングウェイ研究 英宝社, 1954

記念論集[編集]

  • 志賀勝先生追悼論文集 関西学院大学文学部英米文学会, 1956

脚注[編集]

  1. ^ 関西学院事典