ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Henry David Thoreau
ヘンリー・デイヴィッド・ソロー
Henry David Thoreau.jpg
生誕 (1817-07-12) 1817年7月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 コンコード市
死没1862年5月6日(1862-05-06)(44歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 コンコード市
国籍アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校ハーバード大学
職業作家
著名な実績ウォールデン 森の生活

ヘンリー・デイヴィッド・ソローHenry David Thoreau1817年7月12日 - 1862年5月6日)は、アメリカ合衆国作家思想家詩人博物学者

来歴・人物[編集]

マサチューセッツ州コンコード市出身。ハーバード大学卒業[1] 後、家業の鉛筆製造業、教師測量の仕事などにも従事したが、生涯を通じて定職につかず、やがて学生時代に熟読した『自然』の著者で超絶主義者ラルフ・ワルド・エマーソンらと親交を結んだ。

自費出版した処女作『コンコード川とメリマック川の一週間』(1849年)は、若くしてこの世を去った兄とのボート旅行をまとめた随想で、当時の社会には全く受け入れられなかった。

ウォールデン池畔の森の中に丸太小屋を建て、自給自足の生活を2年2か月間送る。代表作『ウォールデン 森の生活』(1854年)は、その記録をまとめたものであり、その思想は後の時代の詩人や作家に大きな影響を与えた。

コンコード市のソロー一家の墓

1855年頃から体調を崩し、その後も野外での活動を継続したが、1861年12月頃から体調が悪化し、1862年5月6日、結核の為コンコードで44歳で死去した。コンコードのスリーピー・ホロー墓地に一家と共に埋葬されている。

自身の没後に『メインの森』(1864年)や『コッド岬』(1865年)などの旅行記や、自然誌エッセー、日記、書簡集等、数多くの作品が出版されている。ソローの作品は、人間と自然との関係をテーマにしたものが多く、自然文学、今で言うネイチャーライティングの系譜に位置づけられる。

多くの著作に現在の生態学に通じる考え方が表明されており、アメリカにおける環境保護運動の先駆者としての評価も確立されている。日本においてもアウトドア愛好家などに信奉者が多い。

ソローは1846年にメキシコ戦争が始まると、戦争に加担するマサチューセッツ州の人頭税支払いを拒否して投獄されたことがあり(叔母が人頭税を払ったためわずか1日で釈放された)、その様子は「市民的不服従」の思想としてマハトマ・ガンディーインド独立運動やキング牧師の市民権運動などに思想的影響を与えた。また、現代アメリカにおいて一部の保守主義者の間ではティーパーティー運動の思想的な先駆者であると見做され、良心的納税拒否の点から信奉する者もおり、多くの名言を残した。

また、「マサチューセッツ州の奴隷制度」(1854年)という講演では奴隷制度に反対を表明し、1857年に奴隷解放論者ジョン・ブラウンに出会うとその態度を強めた。

日本では、代表作『ウォールデン 森の生活』は、明治44年(1911年)に水島耕一郎によって翻訳出版され、21世紀の現在に至るまで多くの訳書が存在し、代表的な翻訳は十数冊(抜粋訳等を含めると約30冊)ある。原書のペーパーバック版も容易に購入できる。

主要作品[編集]

  • Aulus Persius Flaccus (1840)[2]
  • The Service (1840)[3]
  • A Walk to Wachusett (1842)[4]
  • Paradise (to be) Regained (1843)[5]
  • The Landlord (1843)[6]
  • Sir Walter Raleigh (1844)
  • Herald of Freedom (1844)[7]
  • Wendell Phillips Before the Concord Lyceum (1845)[8]
  • Reform and the Reformers (1846–48)
  • Thomas Carlyle and His Works (1847)[9]
  • A Week on the Concord and Merrimack Rivers (1849)[10]
    山口晃訳『コンコード川とメリマック川の一週間』而立書房、2010年
  • Resistance to Civil Government, or Civil Disobedience, or On the Duty of Civil Disobedience (1849)[11]
    飯田実訳『市民の反抗――他五篇』岩波書店、1997年
    山口晃訳『一市民の反抗――良心の声に従う自由と権利 』文遊社、2005年
    佐藤雅彦訳『ソローの市民的不服従――悪しき「市民政府」に抵抗せよ』論創社、2011年
  • An Excursion to Canada (1853)[12]
  • Slavery in Massachusetts (1854)[13]
  • Walden (1854)[14]
    佐渡谷重信訳『ウォールデン』講談社、1991年
    飯田実訳『森の生活――ウォールデン〔上・下〕』岩波書店、1995年/ワイド版、2001年
    真崎義博訳『森の生活――ウォールデン』宝島社、1995年/新版、2005年/文庫版、1998年/新版、2002年
    酒本雅之訳『ウォールデン――森で生きる』筑摩書房、2000年
    今泉吉晴訳『ウォールデン――森の生活』小学館、2004年/文庫版〔上・下〕、2016年
  • A Plea for Captain John Brown (1859)[15]
  • Remarks After the Hanging of John Brown (1859)[16]
  • The Last Days of John Brown (1860)[17]
  • Walking (1862)[18]
    大西直樹訳『ウォーキング』春風社、2005年
    山口晃訳『歩く』ポプラ社、2013年
  • Autumnal Tints (1862)[19]
  • Wild Apples: The History of the Apple Tree (1862)[20]
  • The Fall of the Leaf (1863)[21][22]
  • Excursions (1863)[23]
  • Life Without Principle (1863)[24]
    山口晃訳『生き方の原則――魂は売らない』文遊社、2007年
  • Night and Moonlight (1863)[25]
  • The Highland Light (1864)[26]
  • The Maine Woods (1864)[27][28] Fully Annotated Edition. Jeffrey S. Cramer, ed., Yale University Press, 2009
    大出健訳『メインの森』冬樹社、1988年
    小野和人訳『メインの森――真の野性に向う旅』金星堂 1992年/講談社、1994年
  • Cape Cod (1865)[29]
    飯田実訳『コッド岬』工作舎、1993年/新版、2017年
  • Letters to Various Persons (1865)[30]
  • A Yankee in Canada, with Anti-Slavery and Reform Papers (1866)[31]
  • Early Spring in Massachusetts (1881)
    H・G・O・ブレーク編、山口晃訳『ソロー日記 春』彩流社、2013年
  • Summer (1884)[32]
    H・G・O・ブレーク編、山口晃訳『ソロー日記 夏』彩流社、2015年
  • Winter (1888)[33]
    H・G・O・ブレーク編、山口晃訳『ソロー日記 冬』彩流社、2018年
  • Autumn (1892)[34]
    H・G・O・ブレーク編、山口晃訳『ソロー日記 秋』彩流社、2016年
  • Miscellanies (1894)[35]
  • Familiar Letters of Henry David Thoreau (1894)[36]
  • Poems of Nature (1895)[26]
  • Some Unpublished Letters of Henry D. and Sophia E. Thoreau (1898)[26]
  • The First and Last Journeys of Thoreau (1905)[37][38]
  • Journal of Henry David Thoreau (1906)[39]
  • The Correspondence of Henry David Thoreau edited by Walter Harding and Carl Bode (Washington Square: New York University Press, 1958)[40]
  • Poets of the English Language (Viking Press, 1950)[要出典]
  • I Was Made Erect and Lone[41]
  • The Bluebird Carries the Sky on His Back (Stanyan, 1970)[42]
  • The Dispersion of Seeds published as Faith in a Seed (Island Press, 1993)[43]
    伊藤詔子訳『森を読む――種子の翼に乗って 』宝島社、1995年
  • The Indian Notebooks (1847–1861) selections by Richard F. Fleck
  • 木村晴子・島田太郎・斎藤光訳、亀井俊介解説『アメリカ古典文庫〈4〉――H・D・ソロー』研究社出版、1977年
  • 小野和人訳『月下の自然――夜の散歩と思索のエッセイ』金星堂、2008年
  • 岩政伸治訳『ソロー語録』文遊社、2009年
  • 山口晃訳『ソロー博物誌』 彩流社、2011年
  • 増田沙奈・星野響訳『孤独は贅沢――ひとりの時間を愉しむ極意』興陽館、2017年
  • ダドリー・ラント編、真崎義博訳『ザ・リバー』宝島社、1993年
  • ブラッドレイ・ディーン編、伊藤詔子・城戸光世訳『野生の果実――ソロー・ニュー・ミレニアム』松柏社、2002年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『ウォールデン森の生活 上』小学館、2016年、127頁。ISBN 978-4-09-406294-6
  2. ^ Aulus Persius Flaccus Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  3. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「:4」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  4. ^ A Walk to Wachusett Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  5. ^ Paradise (to be) Regained Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  6. ^ The United States Democratic Review Volume 0013 Issue 64 (Oct 1843)”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ Herald of Freedom Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  8. ^ Wendell Phillips Before the Concord Lyceum Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  9. ^ Thomas Carlyle and His Works Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  10. ^ A Week on the Concord and Merrimack Rivers from Project Gutenberg”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  11. ^ Peabody, Elizabeth Palmer; Emerson, Ralph Waldo; Hawthorne, Nathaniel; Thoreau, Henry David (January 1, 1849). Aesthetic papers. Boston, : The editor; New York, : G.P. Putnam. https://archive.org/details/aestheticpapers00peabrich 
  12. ^ A Yankee in Canada Archived June 17, 2011, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  13. ^ Slavery in Massachusetts Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  14. ^ Walden Archived September 26, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  15. ^ A Plea for Captain John Brown Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  16. ^ After the Death of John Brown Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  17. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「:1」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  18. ^ Walking”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  19. ^ Autumnal Tints Archived December 22, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  20. ^ Wild Apples, from Project Gutenberg”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  21. ^ The Walden Woods Project”. Walden.org. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  22. ^ Henry David Thoreau; Bradford Torrey; Franklin Benjamin Sanborn (1863). The Writings of Henry David Thoreau: Excursions, translations, and poems. The Riverside Press, Cambridge. pp. 407–08. https://books.google.com/books?id=wpA9AQAAMAAJ&pg=PA407 
  23. ^ Thoreau, Henry David; Houghton (H. O.) & Company. (1863) bkp CU-BANC; Emerson, Ralph Waldo; Thoreau, Sophia E. (January 1, 1863). Excursions. Boston, Ticknor and Fields. https://archive.org/details/excursionhenry00thorrich 
  24. ^ The Atlantic Monthly Volume 0012 Issue 71 (September 1863)”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  25. ^ The Atlantic Monthly Volume 0012 Issue 72 (November 1863)”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  26. ^ a b c Henry David Thoreau, 1817–1862”. ebooks.adelaide.edu. The University of Adelaide. 2018年1月1日閲覧。
  27. ^ The Maine Woods from The Thoreau Reader
  28. ^ Thoreau, Henry David; Thoreau, Sophia E.; Channing, William Ellery (January 1, 1864). The Maine woods. Boston, Ticknor and Fields. https://archive.org/details/mainewoods00thorrich 
  29. ^ Lenat, Richard. “Thoreau's Cape Cod - an annotated edition”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  30. ^ Thoreau, Henry David; Thoreau, Henry David; Emerson, Ralph Waldo (January 1, 1865). Letters to various persons. Boston : Ticknor and Fields. https://archive.org/details/lettersvarpersons00thorrich 
  31. ^ Thoreau, Henry David; Thoreau, Henry David; Channing, William Ellery; Emerson, Ralph Waldo; Thoreau, Sophia E. (January 1, 1866). A Yankee in Canada, with Anti-slavery and reform papers. Boston, Ticknor and Fields. https://archive.org/details/yankeeincanada00thorrich 
  32. ^ Thoreau, Henry David; Blake, H. G. O. (Harrison Gray Otis) (January 1, 1884). Summer : from the Journal of Henry D. Thoreau. London : T. Fisher Unwin. https://archive.org/details/summerjournal00thorrich 
  33. ^ Thoreau, Henry David; Blake, H. G. O. (January 1, 1888). Winter : from the Journal of Henry D. Thoreau. Boston : Houghton, Mifflin. https://archive.org/details/winterjournal00thorrich 
  34. ^ Thoreau, Henry David; Blake, Harrison Gray Otis (1892-12-03). Autumn. From the Journal of Henry D. Thoreau. Boston, Houghton, Mifflin. https://archive.org/details/autumnjournal00thorrich 
  35. ^ Miscellanies[リンク切れ] from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  36. ^ Thoreau, Henry David; Sanborn, F. B. (Franklin Benjamin) (January 1, 1894). Familiar letters of Henry David Thoreau. Boston : Houghton, Mifflin. https://archive.org/details/familiarletters00thorrich 
  37. ^ Thoreau, Henry David; Bibliophile Society (Boston, Mass ); Bibliophile Society (Boston, Mass ); Sanborn, F. B. (Franklin Benjamin) (January 1, 1905). The first and last journeys of Thoreau : lately discovered among his unpublished journals and manuscripts. Boston : Printed exclusively for members of the Bibliophile Society. https://archive.org/details/firstlastjourneys01thorrich 
  38. ^ Thoreau, Henry David; Bibliophile Society (Boston, Mass ); Bibliophile Society (Boston), Mass ); Sanborn, F. B. (Franklin Benjamin) (January 1, 1905). The first and last journeys of Thoreau : lately discovered among his unpublished journals and manuscripts. Boston : Printed exclusively for members of the Bibliophile Society. https://archive.org/details/firstlastjourneys02thorrich 
  39. ^ The Journal of Henry D. Thoreau Archived May 5, 2010, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  40. ^ The Correspondence of Thoreau Archived June 17, 2011, at the Wayback Machine. from the Writings of Henry David Thoreau: The Digital Collection
  41. ^ I Was Made Erect and Lone” (2018年12月3日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  42. ^ Rastogi, Gaurav (2015年5月11日). “The bluebird carries the sky on his back” (英語). Medium. 2020年1月15日閲覧。
  43. ^ Thoreau, Henry David (April 1996). Faith in a Seed: The Dispersion of Seeds and Other Late Natural History Writings. ISBN 978-1559631822. https://archive.org/details/faithinseeddispe00thor  エラー: 日付が正しく記入されていません。

参考文献[編集]

  • 『新たな夜明け ウォールデン出版150年記念論集』「Henry David Thoreau-Walden」
    日本ソロー学会編 金星堂、2004年
  • ウォルター・ハーディング 『ヘンリー・ソローの日々』 
    山口晃訳 日本経済評論社、2005年
  • ヘンリー・S.ソルト 『ヘンリー・ソローの暮らし』  
    G.ヘンドリック/W.ヘンドリック/F.エールシュレーガー編、山口晃訳 開文社出版、2001年
  • 上岡克己 『ウォールデン研究』 旺史社、1996年
  • リチャード・J.シュナイダー 『ヘンリー・デイヴィッド・ソーロウ研究』
    上岡克己訳、ニューカレントインターナショナル、1993年
  • フィリップ・ヴァン・ドーレン・スターン 『ヘンリー・デイヴィド・ソーロウ』
    上岡克己訳 開文社叢書8 開文社出版、1989年
  • 山田正雄 『ソロー・《ウォルデン》・自己実現』 大阪教育図書、2010年
  • 今福龍太 『ヘンリー・ソロー 野生の学舎』 みすず書房、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

文章[編集]