村川堅固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村川 堅固(むらかわ けんご、1875年1月28日 - 1946年1月21日)は、日本の西洋史学者。

経歴[編集]

熊本県生まれ。旧制第五高等学校を卒業後、1898年、文科大学東京帝国大学)史学科卒業。1900年、陸軍大学校教授嘱託、英語圏における日本史研究の嚆矢として知られるジェームズ・マードックの『日本の歴史』の執筆を手伝う[1]。1903年、ヨーロッパに留学、1906年帰国、文科大学助教授に任ぜられ、1912年、教授。西洋古代史を専門とし、日本におけるこの分野の開拓者である。エジプト古代史、ギリシャ文化史、ローマ史などを講じ、著書として『西洋上古史』 (1916) 、『ギリシャ史』 (1931) などがある。古代のみならず西洋史一般に関心が深く、特に日本と西洋の交渉史研究が多かった。第一次世界大戦以後はその傾向が強く、『世界改造の史的観察』 (1920) 、『米国と世界大戦』 (1922) などがあり、ペイソン・トリートの『日米外交史』の訳 (1922) 、またレオポルト・フォン・ランケの『世界史論進講録』 (1918) は名訳とされた。

文京区目白台にある1911年(明治44年)築の自宅(主屋・洋館)は、1920年(大正9年)築の蔵を含め「村川家住宅」として国登録有形文化財[2][3][4]1926年(昭和元年)に自ら設計し建築された別荘は千葉県我孫子市寿にあり「旧村川堅固別荘」として千葉県の近代産業遺跡となっている[5]

東京大学でのち古代史を講じた村川堅太郎はその長男である。

脚注[編集]

  1. ^ 世界の日本研究 2003: THE STUDY OF JAPAN IN AUSTRALIA-A Unique Development over Eighty YearsMisuzu Hanihara CHOW 編 国際日本文化研究センター, 2003.5.30.
  2. ^ 文化遺産オンライン 村川家住宅主屋”. 文化庁. 2017年6月10日閲覧。
  3. ^ 文化遺産オンライン 村川家住宅洋館”. 文化庁. 2017年6月10日閲覧。
  4. ^ 文化遺産オンライン 村川家住宅蔵”. 文化庁. 2017年6月10日閲覧。
  5. ^ 千葉県の近代産業遺跡、近代建築メニュー”. 千葉県の近代産業遺跡. 2010年1月29日閲覧。