相原信作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
相原 信作
人物情報
生誕 (1904-09-24) 1904年9月24日
日本の旗 日本京都府
死没 1996年7月6日(1996-07-06)(91歳)
出身校 京都帝国大学
学問
研究分野 哲学
研究機関 大阪大学
テンプレートを表示

相原 信作(あいはら しんさく、1904年9月24日 - 1996年7月6日[1])は、日本の哲学研究者。東海大学大阪大学甲南大学教授。大阪大学名誉教授。

経歴[編集]

満州医科大学(現在の国立中国医科大学)

1904年、京都府生まれ。父親は銀行員、母方の祖父は元貴族院議員であった[2]京都帝国大学文学部に入学し、哲学科で京都学派田辺元門下で学ぶ。唐木順三京都帝国大学時代の同期生であった[3]。1929年、京都帝国大学文学部を卒業。

真言宗京都大学(種智院大学)講師を経て、1929年より満州医科大学の予科教授となる(ドイツ語、倫理、心理を教授)。作家の網野菊の作品を読んで感激し、手紙で求婚し、お互い顔も知らぬまま1930年に結婚[4][5]。勤務先の奉天で新婚生活を送ったのち、第三高等学校(修身)講師に転職のため1937年に帰国し、翌年離婚[6][5]。のちに友人の妹と再婚する[5]。その後東海大学教授を経て、1949年より大阪大学文学部教授に就く。1968年に定年退官して名誉教授となる[7]。その後も甲南大学教授を務めた。

家族・親族[編集]

  • 元妻:網野菊は作家。元妻の網野菊は、相原との失敗した結婚をもとにいくつか作品を遺している。また、京大の先輩だった下村寅太郎は相原のことを「俊才だったが少しもそのような風がなく、独自の風格を持っていた。時流の書物には全く関心なく、自分自身の関心のあるものしか読まず、それも大変簡素な種類と数のものであった。(中略)彼ほど寡欲な人間に会ったことはない。簡素質素が努めてするのでなく、それが彼の自然であった」と評している[5]

著書[編集]

  • 『哲學人名辭典』弘文堂アテネ文庫、1951
  • 『核時代の科学と哲学 現代の危険と良心の楽観』行路社 1994

翻訳[編集]

論文[編集]

  • 相原信作「日本と強国論」『新潮』第50巻第1号、新潮社、1953年1月、 56-62頁、 NAID 40001923656
  • 相原信作「伝統と変革」『歴史教育』第6巻第12号、日本書院、1958年12月、 ISSN 0557-837XNAID 40003821508
  • 相原信作「現実の問題と学問の問題」『大阪大学文学部紀要』第14号、大阪大学文学部、1968年10月、 25-40頁、 ISSN 04721373NAID 110004668239
  • 相原信作「公害と民主主義の問題」『甲南大学紀要 文学編』第9号、甲南大学、1972年、 30-50頁、 ISSN 04542878NAID 40001241202
  • 相原信作「観念論と根元悪の問題」『甲南大学紀要 文学編』第6号、甲南大学、1972年3月、 148-166頁、 ISSN 04542878NAID 40001241184
  • 相原信作「漱石の日本観と結婚論」『甲南大学紀要 文学編』第16号、甲南大学、1974年、 1-16頁、 ISSN 04542878NAID 40001241390

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『ゆれる葦』網野菊, 講談社文芸文庫、1994, p290-292
  3. ^ 『田辺元・唐木順三往復書簡』筑摩書房, 2004, p 537
  4. ^ 『志賀直哉全集, 別巻』(岩波書店、1973.5~1984.7)p7
  5. ^ a b c d 『物語「京都学派」 - 知識人たちの友情と葛藤』竹田篤司、中央公論新社, 2001, p112-118「奉天の相原信作」
  6. ^ 『神の慰めの書』 (講談社学術文庫、1985) 訳者紹介
  7. ^ 『大阪大学文学部50年のあゆみ』

外部リンク[編集]