波多野鶴吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
波多野 鶴吉
生誕 1858年3月27日
丹波国何鹿郡綾部町(現・京都府綾部市
死没 (1918-02-23) 1918年2月23日(59歳没)
職業 実業家教育者思想家

波多野 鶴吉(はたの つるきち、安政5年2月13日1858年3月27日) - 大正7年(1918年2月23日)は、明治・大正期の実業家。郡是製糸(現:グンゼ)の創業者。孫は哲学者の波多野一郎

1890年に留岡幸吉よりキリスト教の洗礼を受ける。1891年に京都府蚕糸業組合頭取に就任する。1896年(明治29年)郡是製絲株式会社(現・グンゼ株式会社)の創業者、第二代社長。

略歴[編集]

  • 1858年(安政5年)- 丹波国何鹿郡綾部町(現・京都府綾部市)の庄屋、羽室嘉右衛門(六代目)の次男に生まれる。
  • 1866年(慶応2年)- 8歳で波多野家の養子になる。
  • 1875年(明治8年)- 18歳で京都市内に出て、京都中学に入学し、数学及び英語を学ぶ。
  • 1876年(明治9年)- 19歳で波多野家の娘、葉那(はな)と結婚。
  • 1886年 (明治19年)- 何鹿郡蚕糸業組合の組合長に就く。
  • 1896年(明治29年)- 何鹿郡蚕糸業組合を母体に郡是製絲株式会社(現・グンゼ株式会社)を創業する。
  • 1901年(明治34年)- 郡是製絲株式会社 第二代社長に就任。(初代社長は、実兄の七代目 羽室嘉右衛門)
  • 1909年(明治42年)- キリスト教宗教家教育者川合信水を綾部に招聘し教育部を設置。
  • 1915年(大正4年) - 幹部、社員の守るべき信条として「社訓」を制定。
  • 1917年(大正6年) - 郡是女学校設置。養成科、裁縫科など5科の授業と礼儀作法を指導する。
  • 1918年(大正7年) - 講演中に脳溢血で倒れ、没す。(享年60歳)

人物[編集]

1858年(安政5年)に 丹波国何鹿郡綾部町(現・京都府綾部市)の大庄屋、羽室家の次男として生まれた。実兄は、後に郡是製糸(現:グンゼ)の初代社長となる羽室嘉右衛門(七代目)。

幼少より勉学に親しみ、8歳で同じ何鹿郡の資産家の波多野家の養子に出され、18歳で京都市内に出る。しかし、一時は遊興に耽り、再起を期して書籍の出版などを試みるが悉く失敗、失意の中で綾部に帰郷することになる。当時はすでに波多野家の娘、葉那(もしくは花、はな)と結婚していたが、自らの失敗で養家の財産を失っていたので、帰郷後は妻の葉那(はな)と共に生家の羽室家に寄宿するような状態だった。

その後、請われて小学校の教員となり、その後は地域産業の蚕糸業に深く関わることとなる。教員時代に、子供たちの日中に居眠りの原因が家業(養蚕)の手伝いで日夜忙しいためと知ると、子供の教育のためには地域が豊かになる必要があり、その道筋として地域の蚕糸業振興が必須と考えたとの逸話がある。その後、何鹿郡蚕糸業組合の組合長に就くと他産地より劣っているとの評価だった何鹿郡の蚕糸改良を推進。組合内での会社設立を提唱も全体の賛同が得られなかったため、自ら実家の羽室家の支援を受けて「郡是製絲株式会社(現・グンゼ株式会社)」を設立した。社名の『郡是』は、郡の方針や方向性という意味で、元農商務省の官僚で「殖産興業の父」と呼ばれた前田正名の地方遊説の演説を聴いて感銘を受け、周囲の反対にも動ぜず『郡是』の名称にこだわった。会社設立時から株式会社制度でスタート、1株20円で地域の養蚕農家から小口出資を仰ぎ、ようやく資本金98,000円を集めた。工場の稼動より出資金の方に時間を要したため、出資金が揃った8月10日を創立記念日としている。

工場で実際に働く工員は、出資に賛同した養蚕農家の子女が中心で、その人格形成や教育啓蒙を重んじて、“自分の娘と思い大切に育て、立派な人間にして実家にかえす”という信念で経営に努めた。この背景として、会社設立前の32歳の時にキリスト教に入信したことが大きく影響している。自分の前半生の反省にたち、自分の周囲の人たちとの関わりの重要性や人間愛に目覚め、”人間尊重と優良品の生産を基礎として、会社をめぐるすべての関係者との共存共栄をはかる”という創業の精神を示し、これを会社の柱とした。この明治中期にすでに現代におけるステークホルダーの考え方を持つ稀有な極めて経営者であった。実際に“工女”(グンゼでは”女工”でなく、工女さんと呼んで大切にしていた)教育を重要視、会社内に教育部を設置して高名な教育者である川合信水を招聘し、自らもその教えを受ける形で社内教育を推し進めた。”善き木に善き果が実り、善き人が善き糸をつくる”として人格形成こそが優良品の基礎であると盛ん述べていたといわれる。

最も彼の後半生のスタンスを示す逸話として、安田財閥安田善次郎との会見がある。日露戦争の際に経営悪化して破綻に瀕した第百三十銀行の救済に安田財閥が乗り出すこととなり、現状視察の目的で安田善次郎自ら丹後に赴き、その際に同行の最大融資先の一つであるグンゼに立ち寄った。社長の鶴吉と会見、善次郎は同行の帳簿を眺めながら極めて少ない担保に対して莫大な融資残高がある点を問い質した。それに対して鶴吉は「確かに当社は商品在庫や原料、また高い設備などはないが、帳簿には載っていない素晴らしい従業員が多くおり、これこそが当社の最大の資産である。」と答えた。善次郎は、「金融家の私に人を資産として見よとのご意見か?」と問い直すと「其の通り」と鶴吉が述べた。この鶴吉の経営姿勢と率直さに善次郎は大いに感銘を受け、その場で新たな担保を取らずに融資継続を決定したといわれている。

また、生糸(シルク)が活況に呈している時期に、すでに合成繊維の登場とその影響による製糸業の衰退を予見し、次なる事業の柱を模索していたともいわれ、同時にいかに地域、社会に貢献すべきかを常に自分に問い、行動していた。彼にとっては『郡是』(= 地域振興・社会貢献)が第一であり、製糸業はその手段の一つという考えで、時代や環境の変化に合わせて事業は変遷してよいと考えていた。実際、彼が創業した現グンゼは事業転換を繰り返しながら、会社設立から120年経過した今でも着実に経営存続している。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 『妍蟲記』 山岡荘八著(民聴社, 1947.6)
  • 『宥座の器―グンゼ創業者 波多野鶴吉の生涯]』 四方洋著(あやべ市民新聞社, 1997.12)
  • 『波多野鶴吉翁伝 伝記・波多野鶴吉』 村島渚 著(大空社, 2000.9)
  • 『増補版 宥座の器―グンゼ創業者 波多野鶴吉の生涯 単行本』 四方洋著(あやべ市民新聞社, 2016.9)

外部リンク[編集]