マイケル・オークショット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・ジョセフ・オークショット
Michael Joseph Oakeshott
生誕 (1901-12-11) 1901年12月11日
イギリスの旗チェルスフィールド
死没 (1990-12-19) 1990年12月19日(満89歳没)
イギリスの旗アクトン
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 保守主義自由主義イギリス観念論
研究分野 哲学史インテレクチュアル・ヒストリー政治思想史宗教哲学歴史哲学政治哲学
テンプレートを表示

マイケル・ジョセフ・オークショット: Michael Joseph Oakeshott1901年12月11日 - 1990年12月19日)は、イギリス哲学者政治哲学者。現代保守主義の代表的な理論家の一人。

略歴・人物[編集]

ケンブリッジ大学ゴンヴィル・アンド・キーズ・カレッジを卒業、同カレッジのフェローを務める。第二次世界大戦では英国陸軍に勤務した。戦後、短期間オックスフォード大学ナフィールド・カレッジで教鞭をとった後、1950年よりハロルド・ラスキの講座をつぎ、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授を務める。在職中は政治科学部長も務め、1969年に退職した。

伝統的なキリスト教価値観を「保守」する観点から唱えたバークら旧来の保守主義の思想家と異なり、オークショットは懐疑主義の立場から「合理主義」による急激な社会改革(ソーシャルエンジニアリング)や革命(レヴォリューション)を批判した。

著書[編集]

  • Experience and its Modes, (Cambridge University Press, 1933).
  • The Social and Political Doctrines of Contemporary Europe, (Cambridge University Press, 1939).
  • Rationalism in Politics and Other Essays, (Methuen, 1962).
政治における合理主義』、嶋津格森村進名和田是彦玉木秀敏田島正樹杉田秀一石山文彦桂木隆夫訳(勁草書房、1988年、増補版2013年)
『保守的であること――政治的合理主義批判』渋谷浩奥村大作添谷育志的射場敬一訳(昭和堂、1988年)
  • Hobbes on Civil Association, (Blackwell, 1975).
『リヴァイアサン序説』、中金聡訳(法政大学出版局、2007年)
  • On Human Conduct, (Clarendon Press, 1975).
『市民状態とは何か』、野田裕久訳(木鐸社、1993年)
  • On History and Other Essays, (Blackwell, 1983).
『歴史について、およびその他のエッセイ』、添谷育志・中金聡訳(風行社、2013年)
  • The Voice of Liberal Learning: Michael Oakeshott on Education, edited by Timothy Fuller, (Yale University Press, 1989).
  • Morality and Politics in Modern Europe: the Harvard Lectures, edited by Shirley Robin Letwin, (Yale University Press, 1993).
  • Religion, Politics, and the Moral Life, edited by Timothy Fuller, (Yale University Press, 1993).
  • The Politics of Faith and the Politics of Scepticism, edited by Timothy Fuller, (Yale University Press, 1996).

参考文献[編集]

  • 西部邁 「105 オークショット」『学問』 講談社、2004年、339-341頁。ISBN 4-06-212369-X
  • 西部邁 「会話に励む保守 マイケル・オークショット」『思想の英雄たち 保守の源流をたずねて』 角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、2012年、244-258頁。ISBN 978-4-7584-3629-8

関連項目[編集]