森村進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森村 進
(もりむら すすむ)
人物情報
生誕 (1955-06-15) 1955年6月15日(64歳)
日本の旗 日本東京都
出身校 東京大学
学問
学派 リバタリアニズム
研究分野 法哲学
研究機関 東京大学法学部
立教大学法学部
神奈川大学法学部
一橋大学大学院法学研究科
指導教員 碧海純一
主な指導学生 関良徳内藤淳
学位 一橋大学博士(法学)
影響を
受けた人物
ジョン・ロックロバート・ノージック
学会 日本法哲学会(理事長)
日本学術会議
テンプレートを表示

森村 進(もりむら すすむ、1955年6月15日 - )は、日本の法学者。専門は法哲学一橋大学大学院法学研究科特任教授博士(法学)。日本法哲学会理事長。

来歴・人物[編集]

恩師である碧海純一の『法哲学概論』を読み法哲学に関心を持つ[1]。大学の助手に採用された1980年にロバート・ノージックの『アナーキー・国家・ユートピア』の原書(当時未邦訳)を読んで感激し政治哲学の分野にも関心を持つが、助手時代においては古代ギリシア人刑罰思想についての研究に専念していた。その後、1980年代の終わりから本格的にリバタリアニズムについて研究するようになる[2]

研究分野以外でも『幻想文学』誌に澁澤龍彦に関する評論を投稿するなど、幅広い分野に造詣が深い。趣味は能楽鑑賞。東京都豊島区出身。妻は翻訳家、法学者の森村たまき


学歴[編集]

職歴[編集]

この間1990年から1992年までハーヴァード大学客員研究員を務め、デレク・パーフィットとの知遇を得る。

学会活動[編集]

社会的活動[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ギリシア人の刑罰観』(木鐸社、1988年)
  • 『権利と人格――超個人主義の規範理論』(創文社、1989年)
  • 『財産権の理論』(弘文堂、1995年)
  • 『ロック所有論の再生』(有斐閣、1997年)
  • 『自由はどこまで可能か――リバタリアニズム入門』(講談社現代新書、2001年)
  • 『リバタリアンはこう考える 法哲学論集』(信山社、2013年)
  • 『法哲学講義』(筑摩選書、2015年) 

編著[編集]

  • 『リバタリアニズム読本』(勁草書房、2005年)
  • 『リバタリアニズムの多面体』(勁草書房、2009年)
  • 『法思想の水脈』(法律文化社、2016年)

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『法哲学講義』14頁
  2. ^ 法学者の本棚(「法学セミナー」729号、扉)、2015年
  3. ^ 「学位授与者(金廣烈・森村進)
  4. ^ [1]日本法哲学会

外部リンク[編集]