ジョナサン・ウルフ (哲学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jonathan Wolff

ジョナサン・ウルフ(Jonathan Wolff、1959年-)は、イギリスの哲学者。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)教授。専門は、倫理学

UCLでジェラルド・コーエンの指導を受け、修士号取得。2012年から現職。

著書[編集]

  • Robert Nozick: property, justice and the minimal state, Stanford University Press, 1991.
『ノージック――所有・正義・最小国家』、森村進森村たまき訳、勁草書房、1994年
  • An introduction to political philosophy, Oxford University Press, 1996.
『政治哲学入門』、坂本知宏訳、晃洋書房、2000年
  • Why read Marx today?, Oxford University Press, 2002.
  • Ethics and public policy: a philosophical inquiry, Routledge, 2011.
  • The human right to health, W. W. Norton, 2012.

共著[編集]

  • Disadvantage, Jonathan Wolff and Avner De-Shalit, Oxford University Press, 2007.

編著[編集]

  • Political thought, edited by Michael Rosen and Jonathan Wolff, Oxford University Press, 1999.
  • The proper ambition of science, edited by M. W. F. Stone and Jonathan Wolff, Routledge, 2000.