ヘイドン・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヘイドン・ホワイト(Hayden White、1928年 -2018年3月5日[1])は、アメリカの歴史家、文芸批評家。カリフォルニア大学サンタクルーズ校名誉教授。

1951年、ウェイン州立大学で歴史学を学んだ後、ミシガン大学大学院に進学し、修士号(1952年)と博士号(1956年)取得。スタンフォード大学で教鞭を執った。

著書[編集]

  • Metahistory: the historical imagination in nineteenth-century Europe, Johns Hopkins University Press, 1973.
    • 『メタヒストリー 十九世紀ヨーロッパにおける歴史的想像力』 岩崎稔監訳、大澤俊朗ほか訳、作品社, 2017年
  • Tropics of discourse: essays in cultural criticism, Johns Hopkins University Press, 1978.
  • The content of the form: narrative discourse and historical representation, Johns Hopkins University Press, 1987.
  • Figural realism: studies in the mimesis effect, Johns Hopkins University Press, 1999.
  • The fiction of narrative: essays on history, literature, and theory, 1957-2007, edited and with an introduction by Robert Doran, Johns Hopkins University Press, 2010.
  • The emergence of liberal humanism: an intellectual history of Western Europe, with Willson H. Coates, Hayden V. White, J. Salwyn Schapiro, McGraw-Hill, 1966.
  • The uses of history: essays in intellectual and social history, presented to William J. Bossenbrook, compiled and edited by Hayden V. White, Wayne State University Press, 1968.
  • Representing Kenneth Burke, edited by Hayden White and Margaret Brose, Johns Hopkins University Press, 1982.
    • 『歴史の喩法 ホワイト主要論文集成』上村忠男編訳、作品社, 2017年
    • 『実用的な過去』上村忠男監訳、岩波書店, 2017年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Hayden White (1928-2018)” (英語). ウェズリアン大学 HP (2018年3月6日). 2018年3月7日閲覧。

外部リンク[編集]