上村忠男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上村 忠男(うえむら ただお、1941年12月7日[1]- )は、日本の歴史学者東京外国語大学名誉教授。専門は、イタリアを中心としたヨーロッパ思想史。

略歴[編集]

兵庫県尼崎市出身。東京大学教養学部国際関係論分科卒業、同大学院社会学研究科修士課程修了。東京外国語大学外国語学部助教授、教授(イタリア語学科、総合文化講座)、大学院地域文化研究科教授。2005年定年退職、名誉教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ヴィーコの懐疑』(みすず書房, 1988年)
  • 『クリオの手鏡 - 20世紀イタリアの思想家たち』(平凡社選書, 1989年)
  • 『歴史家と母たち - カルロ・ギンズブルグ論』(未來社, 1994年)
  • 『ヘテロトピアの思考』(未來社, 1996年)
  • 『バロック人ヴィーコ』(みすず書房, 1998年)
  • 『超越と横断 - 言説のヘテロトピアへ』(未來社, 2002年)
  • 『歴史的理性の批判のために』(岩波書店, 2002年)
  • 『グラムシ獄舎の思想』(青土社, 2005年)
  • 『韓国の若い友への手紙 - 歴史を開くために』(岩波書店, 2006年)
  • 『無調のアンサンブル』(未來社, 2007年)
  • 『ヴィーコ - 学問の起源へ』(中公新書, 2009年) 
  • 『知の棘 - 歴史が書きかえられる時』(岩波書店, 2010年)
  • カルロ・レーヴィ 「キリストはエボリで止まってしまった」を読む』
(平凡社ライブラリー, 2010年)。副題は、ファシズム期イタリア南部農村の生活
  • 『ヘテロトピア通信』(みすず書房, 2012年) 
  • 『回想の1960年代』(ぷねうま舎, 2015年)
  • 『ヴィーコ論集成』(みすず書房, 2017年)
  • 『ヘテロトピアからのまなざし』(未來社〈ポイエーシス叢書〉, 2018年)

編著[編集]

  • 『国民革命幻想 - デ・サンクティスからグラムシへ』未來社, 2000年
  • 『沖縄の記憶/日本の歴史』未來社, 2002年

共編著[編集]

訳書[編集]

  • ルッジェロ・ザングランディ『長い旅 - ファシズムと永続革命の世代』(サイマル出版会, 1973年)
  • カルロ・ギンズブルグ『夜の合戦 - 16-17世紀の魔術と農耕信仰』(みすず書房, 1986年)
  • ベネデット・クローチェ『クローチェ政治哲学論集』(法政大学出版局, 1986年)
  • ジャンバッティスタ・ヴィーコ『学問の方法』佐々木力共訳(岩波文庫 1987年)
  • エルネスト・デ・マルティーノ『呪術的世界―歴史主義的民族学のために』(平凡社, 1988年)
  • ジャンバッティスタ・ヴィーコ『イタリア人の太古の知恵』(法政大学出版局, 1988年)
  • カール・レーヴィット『学問とわれわれの時代の運命 - ヴィーコからヴェーバーへ』山之内靖共訳(未來社 1989年)
  • カルロ・ギンズブルグ『裁判官と歴史家』堤康徳共訳(平凡社, 1992年/ちくま学芸文庫, 2012年)
  • ソール・フリードランダー編『アウシュヴィッツと表象の限界』(未來社, 1994年)
  • アントニオ・グラムシ『新編 現代の君主』(青木書店, 1994年/ちくま学芸文庫, 2008年)
  • ウンベルト・エーコ『完全言語の探求』廣石正和共訳(平凡社, 1995年/平凡社ライブラリー, 2011年)
  • ジェフリー・メールマン『革命と反復 - マルクス/ユゴー/バルザック』山本伸一共訳(太田出版, 1996年)
  • G・C・スピヴァク『サバルタンは語ることができるか』(みすず書房, 1998年)
  • アントニオ・グラムシ『知識人と権力 - 歴史的-地政学的考察』(みすず書房〈みすずライブラリー〉, 1999年)。編訳
  • 『国民革命幻想 デ・サンクティスからグラムシへ』(未来社〈転換期を読む〉, 2000年)。編訳
  • カルロ・ギンズブルグ『歴史・レトリック・立証』(みすず書房, 2001年)
  • ジョルジョ・アガンベン『アウシュヴィッツの残りのもの - アルシーヴと証人』廣石正和共訳(月曜社 2001年)
  • ギンズブルグ『歴史を逆なでに読む』(みすず書房, 2003年)
  • スピヴァク『ポストコロニアル理性批判 - 消え去りゆく現在の歴史のために』本橋哲也共訳(月曜社 2003年)
  • スピヴァク『ある学問の死 - 惑星思考の比較文学へ』鈴木聡共訳(みすず書房, 2004年)
  • アガンベン『残りの時――パウロ講義』(岩波書店, 2005年)
  • アガンベン『瀆神』堤康徳共訳(月曜社, 2005年、新装版2014年)
  • マリオ・プラーツ『バロックのイメージ世界――綺想主義研究』 みすず書房, 2006年。尾形希和子・廣石正和・森泉文美共訳
  • アガンベン『幼児期と歴史――経験の破壊と歴史の起源』岩波書店, 2007年
  • アガンベン『例外状態』中村勝己共訳、未來社, 2007年
  • アントニオ・ネグリ講演集』監訳 堤康徳・中村勝己訳、ちくま学芸文庫, 2007年
  • ヴィーコ『新しい学』 叢書ウニベルシタス・法政大学出版局(全3巻), 2007-2008年/中公文庫(新編全2巻, 2018年)
  • ホミ・K・バーバ、W・J・T・ミッチェル編『エドワード・サイード――対話は続く』 みすず書房, 2009年
  • ベネデット・クローチェ 『ヴィーコの哲学』 未來社〈転換期を読む〉, 2011年。編訳
  • ジャンニ・ヴァッティモ『哲学者の使命と責任』 叢書ウニベルシタス・ 法政大学出版局, 2011年 
  • 『ヘーゲル弁証法とイタリア哲学 スパヴェンタ、クローチェ、ジェンティーレ』 月曜社・シリーズ古典転生, 2012年。編訳
  • 『ヴィーコ自伝』 平凡社ライブラリー, 2012年
  • マッシモ・カッチャーリ 『死後に生きる者たち 〈オーストリアの終焉〉前後のウィーン展望』みすず書房, 2013年
  • ジョルジュ・ソレル『プロレタリアートの理論のために マルクス主義批判論集』竹下和亮・金山準共訳、未來社〈転換期を読む〉, 2014年 
  • ジョルジョ・アガンベン 『いと高き貧しさ 修道院規則と生の形式』太田綾子共訳、みすず書房, 2014年
  • ジョルジョ・アガンベン 『到来する共同体』月曜社・叢書エクリチュールの冒険, 2015年
  • ジョルジョ・アガンベン 『身体の使用 脱構成的可能態の理論のために』みすず書房, 2016年
  • カルロ・ギンズブルグ 『ミクロストリアと世界史 歴史家の仕事について』みすず書房, 2016年。編訳
  • マッシモ・カッチャーリ 『抑止する力 政治神学論』月曜社, 2016年
  • ジョルジョ・アガンベン 『哲学とはなにか』みすず書房, 2017年
  • アントニオ・グラムシ 『革命論集』講談社学術文庫, 2017年。編訳
  • ヘイドン・ホワイト 『歴史の喩法 ホワイト主要論文集成』作品社, 2017年。編訳
  • ヘイドン・ホワイト 『実用的な過去』岩波書店, 2017年。監訳
  • ジョルジョ・アガンベン 『実在とは何か マヨラナの失踪』講談社選書メチエ, 2018年

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』