ウォルター・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・スコット

初代准男爵サー・ウォルター・スコットSir Walter Scott, 1st Baronet, 1771年8月15日 - 1832年9月21日)は、スコットランド詩人作家ロマン主義作家として歴史小説で名声を博し、イギリスの作家としては、存命中に国外でも成功を収めた、初めての人気作家といえる。

生涯と作品[編集]

生い立ち[編集]

1771年、エディンバラに生まれる。父は同名のウォルター・スコットという弁護士、母はエディンバラ大学医学部教授の娘で、ウォルターは12人兄弟の9番目だったが、兄弟のうち6人は幼くして亡くなっている。幼時3歳の時に小児麻痺で左足を不自由にし、療養のためロクスバーグ州のスメイルホルムという農村にある大きな農場を持つ祖父母の家で過ごし、このスコティッシュ・ボーダーズ地域で古い史譚や、祖母の語って聞かせるバラッドを楽しみとし、また読み書きを学び、読書にも親しんだ。1778年にエディンバラのグラマースクールに入学、語学を得意とし、文学と歴史に関心を持った。1783年12歳の時にエディンバラ大学古典学科に入学、イタリアの詩人の作を耽読した。1785年に健康のために大学を中退して、父の法律事務所で働き、1792年に弁護士資格を得る一方で、地方の伝説やバラッドなどの蒐集に励んだ。

ゲーテブュルゲルシラーなどドイツロマン派文学に惹かれ、1796年にブュルゲルの翻訳を出版。次いで『ミンストレルジー・オブ・スコティッシュ・ボーダー』を出版する。1797年にはフランス革命戦争に備えて騎兵義勇隊を結成してくれんに励んだ。この年兄や友人とイングランド西北部のカンバーランドへ旅行し、そこでフランスからの亡命者ミス・シャーロット・シャーパンティアに出会って結婚して、この地に住み、翌年にはエディンバラ南のラスウェイドに移った。1799年にはセルカーク州知事代理に任命される。

詩作時代[編集]

かつての級友の出版事業を営むジェームズ・バランタインに出版業を勧めて、やがて出資者、共同経営者となって、1802-03年に『スコットランド歌謡集』全3巻を出版する。1804年にスコットランド旅行中のウィリアム・ワーズワースに知り合い、以後終生の友人となる。弁護士を続けながら、1804年から1812年までシェルカーク州ツイード河畔エトリック・フォレストアシェスティールの農家に住み、1805年に法廷弁護士を辞めて、翌1806年からスコットランド最高民事裁判所の高級書記官を勤め、生涯に渡って勤めた。後にセルカーク州の司法行政長官も務める。

1805年に出版した物語詩『最後の吟遊詩人の歌』がワーズワスを初めてとして評価されて名声を高めた。17世紀の詩人ジョン・ドライデンの全集の編集を行いながら、物語詩、叙事詩の創作に力を注ぎ、『マーミオン』『湖上の美人』などを発表。1811年にアボッツフォードの邸宅を購入。

1813年にヘンリー・ジェイムズ・パイの後を受けて桂冠詩人に擬せられたが、これを辞退して後輩のロバート・サウジーを推薦した。

小説の時代[編集]

戦争の影響でバランタインの出版社の経営が悪化し、救済のために歴史小説『ウェイヴァリー』を1814年に無署名で発表、これが好評だったために、その後次々と歴史小説を発表。続く作品で「ウェイヴァリーの著者によって」と巻頭に記したことから、スコットの小説の総称として「ウェイヴァリー小説群(Waverley Novels)」という呼び名が生まれた。1820年にジョージ4世からサーの称号を与えられる。

バランタインの出版社は1826年に破産を宣告され、スコットはその債務の返済のために作品を書き続け、大作『ナポレオン伝』(1827年)などを執筆。1830年に卒中を起こし、1831年に保養のためにナポリに滞在したが、数ヶ月後に孫の死を知ってアボッツフォードに帰郷し、その数週間後に死去。ドライバラ寺院のスコット家墓地に葬られた。

代表作として叙事詩『湖上の美人』(1810年)、歴史小説ウェイヴァリー英語版』(1814年)、『ロブ・ロイ英語版』(1817年)、『ランメルモールのルチア』の原作となった歴史小説『ランマームーアの花嫁英語版』(1819年)、『アイヴァンホー』(1820年)など。

ウォルター・スコットの肖像はスコットランド銀行発行のすべての紙幣に使用されている。

ペンネームで執筆することを好み、"The Great Unknown"と呼ばれた。スコットを「現代のシェークスピア」と慕っていたワシントン・アーヴィングも、スコットに倣ってペンネームを多用した。

アボッツフォード邸[編集]

スコットは1811年にメルローズ近郊に110エーカーの土地を購入して、翌年から移り住み、ここにゴシック調の大規模な邸宅を1824年に完成して「アボッツフォード邸」と呼んだ。この邸宅はヴィクトリア朝時代の建築に大きな影響を与えたと言われている。ワシントン・アーヴィングはイギリス滞在中の1817年に、詩人トマス・キャンベルの紹介状を得てアボッツフォード邸を訪問し、その時の随想『ウォルター・スコット邸訪問記』(Abbortsford、『クレヨンの雑録集』(The Crayon Miscellany, 1835年)所収)を執筆した。

現在は資料館として一般公開されており、図書室には9千冊の蔵書を保存している。 [1]

作品リスト[編集]

[編集]

小説[編集]

ウェイヴァリー小説群

その他

短編集[編集]

  • The Highland Widow, The Two Drovers, The Surgeon's DaughterChronicles of the Canongateシリーズ第1作), 1827
  • My Aunt Margaret's Mirror, The Tapestried Chamber, Death of the Laird's JockThe Keepsake Storiesシリーズ), 1828

戯曲[編集]

ノンフィクション[編集]

  • The Border Antiquities of England and ScotlandLuke Clennell、John Greigと共著、全2巻),1814–1817
  • Essays on Chivalry, Romance, and Drama(『ブリタニカ百科事典』への補足), 1815–1824
  • Paul's Letters to his Kinsfolk, 1816
  • Provincial Antiquities of Scotland, 1819–1826
  • Lives of the Novelists, 1821–1824
  • The Journal of Sir Walter Scott, 1825–1832
  • The Letters of Malachi Malagrowther, 1826
  • 『ナポレオン伝』The Life of Napoleon Buonaparte, 1827
  • Religious Discourses, 1828
  • Tales of a Grandfather; Being Stories Taken from Scottish HistoryTales of a Grandfatherシリーズ第1作), 1828
  • The History of Scotland: Volume I, 1829
  • Tales of a Grandfather; Being Stories Taken from Scottish HistoryTales of a Grandfatherシリーズ第2作, 1829
  • Essays on Ballad Poetry, 1830
  • The History of Scotland: Volume II, 1830
  • Tales of a Grandfather; Being Stories Taken from Scottish HistoryTales of a Grandfatherシリーズ第3作), 1830
  • Letters on Demonology and Witchcraft, 1830
  • Tales of a Grandfather; Being Stories Taken from the History of FranceTales of a Grandfatherシリーズ第4作), 1831

邦文伝記[編集]

  • 大和資雄『スコット』研究社出版 新英米文学評伝叢書 1955
  • J.G.ロックハート『ウォルター・スコット伝』佐藤猛郎,内田市五郎、佐藤豊、原田祐貨訳 彩流社 2001
  • 松井優子『スコット 人と文学』勉誠出版 世界の作家 2007

参考文献[編集]

  1. ^ 『ウォルター・スコット邸訪問記』齊藤昇訳、岩波書店、2006年
  • 朱牟田夏雄「スコット 生涯と作品」(『世界文学全集 8 ケニルワースの城 アドルフ』集英社 1975年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]