齊藤昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

齊藤 昇(さいとう のぼる、1956年1月1日[1] - )は、日本のアメリカ文学者立正大学教授。立正大学第33代学長。文学博士(立正大学・2005年)。専門はワシントン・アーヴィングヘンリー・デイヴィッド・ソローナサニエル・ホーソーンO・ヘンリーなどのアメリカ文学[2]

来歴[編集]

山梨県生まれ。立正大学文学部英文科卒業(1978年3月)、大学院文学研究科博士後期課程英文学専攻満期退学(1983年3月)。同大学文学部英文学科助手(1983年4月-1985年3月)、教養部講師(1985年4月-1988年3月)、助教授(1988年4月-1994年3月)、教授(1994年4月-1995年3月)を経て、教養部解体にともない文学部英米文学科教授(1995年4月-2002年3月)。のちに英米文学科の改組にともない文学科英語英米文学専攻コース教授(2002年4月-)。立正大学文学部長(2013年4月-2016年3月)を経て、2016年4月より立正大学第33代学長。2005年「ワシントン・アーヴィングとその時代」で立正大学文学博士。日本ソロー学会会長、国際異文化学会第2代会長を歴任。

著書[編集]

  • 『郷愁の世界――ワシントン・アーヴィングの文学』旺史社、1993年4月
  • The Literary Pilgrimage of Nathaniel Hawthorne. 文化書房博文社、1996年10月
  • 『彷徨する文人たち――アメリカ・ロマン派の文学風景』エディトリアルデザイン研究所、1998年2月
  • 『ワシントン・アーヴィングとその時代』本の友社、2005年4月
  • 『「最後の一葉」はこうして生まれた O・ヘンリーの知られざる生涯』(角川学芸ブックス)角川学芸出版、2005年5月
  • 『ユーモア・ウィット・ペーソス――短編小説の名手O・ヘンリー』NHK出版、2014年3月
  • 『そしてワシントン・アーヴィングは伝説になった――〈アメリカ・ロマン派〉の栄光』彩流社、2017年5月

翻訳[編集]

  • ワシントン・アーヴィング『スコットランドの吟遊詩人を訪ねて』文化書房博文社、1997年1月
  • ナサニエル・ホーソーン『わが旧牧師館への小径』(平凡社ライブラリー平凡社、2005年12月
  • ワシントン・アーヴィング『ウォルター・スコット邸訪問記』(岩波文庫岩波書店、2006年11月 
  • ワシントン・アーヴィング『ブレイスブリッジ邸』(岩波文庫)岩波書店、2009年11月
  • ワシントン・アーヴィング『スケッチ・ブック(上)』(岩波文庫)岩波書店、2014年11月
  • ワシントン・アーヴィング『スケッチ・ブック(下)』(岩波文庫)岩波書店、2015年1月
  • ワシントン・アーヴィング, ランドルフ・コールデコット『昔なつかしいクリスマス』三元社、2016年12月 

共編著[編集]

  • Studies in Henry David Thoreau. 日本ソロー学会編 、六甲出版、1999年9月
  • 『英米文学への誘い』鏡味國彦共編、文化書房博文社、2008年7月
  • 『英米文学の風景』鏡味國彦・川成洋共編、文化書房博文社、2012年2月

参考文献[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2017年版』(読売新聞東京本社、2017年)p.292
  2. ^ http://www.ris.ac.jp/introduction/message/profile/index.html

外部リンク[編集]