亀井高孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

亀井 高孝(かめい たかよし、1886年6月8日 - 1977年10月4日)は、日本西洋史学者。

略歴[編集]

伊賀旧名張藩主家出身の藤堂高矩の二男として、父の赴任地山形県で生まれる。父の没後、亀井家の養子となった。

東京府立第一中学校第一高等学校を経て、1909年東京帝国大学文科大学西洋史学科卒業。大学院に進学した後、1912年から東京府立第一中学校教諭、1920年から水戸高等学校教授、1923年から一高教授となり、1941年には同教頭。1944年に退官。1949年清泉女子大学文学部教授となり、1961年に退職。[1]

長男の亀井孝国語学者、三女の阪田雪子は日本語教育学研究者。

栄典[編集]

著書[編集]

共著[編集]

  • 『岩波西洋人名辞典』野上豊一郎,石原純共編 岩波書店 1932
  • 『概説西洋歴史』林健太郎共著 大八洲出版 1948、のち吉川弘文館
  • 『世界歴史対照年表』三上次男,児玉幸多共編 吉川弘文館 1950
  • 『世界歴史地図』三上次男共編 吉川弘文館 1950
  • 『定本世界史地図』三上次男共編 吉川弘文館 1954
  • 『標準世界史地図』三上次男,堀米庸三共編 吉川弘文館 1955
  • 『標準世界史年表』三上次男共編 吉川弘文館 1962(のち林健太郎、三上共編)
  • 『魯西亜弁語』村山七郎,中村喜和共編著 近藤出版 1972
  • 『世界史年表・地図』三上次男,林健太郎,堀米庸三共編 吉川弘文館 1995

校訂など[編集]

編 三秀舎 1937
村山七郎共編 吉川弘文館 1965
  • 『北槎聞略 大黒屋光太夫ロシア漂流記』校訂 岩波文庫 1990

[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典
  2. ^ 官報』第5108号「叙任及辞令」1944年1月26日。