2006年沖縄県知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2006年沖縄県知事選挙(-ねんおきなわけんちじせんきょ)は、沖縄県の執行機関である県知事を選出するため、2006年11月19日に投票が行われた日本の地方選挙である。

概要[編集]

県知事の任期(4年)満了による選挙で、本土復帰以降10回目の知事選挙である。今回は、現職の稲嶺惠一知事の不出馬により、国政及び県政与党である自民・公明の支援を受ける仲井眞弘多と民主・共産など野党8党が支援する参院議員糸数慶子の両新人による事実上の一騎討ちの選挙となった。在日米軍再編に伴う普天間基地移設問題経済振興などを争点に激しい選挙戦となったが、稲嶺県政継承を主張する仲井眞候補が勝利した。

選挙日程および有権者数[編集]

  • 告示:11月2日
  • 投票日:11月19日
  • 選挙当日の有権者数[1]:1,036,743名
男性:503,914名
女性:532,829名

候補者[編集]

立候補者は以下の3人である。

立候補者一覧(届け出順)[2]
候補者名 年齢 所属党派 新旧 推薦・支持政党 備考
糸数慶子   59 無所属 新人
  • (推薦)
民主党日本共産党社会民主党国民新党
新党日本自由連合沖縄社会大衆党 
前参議院議員
屋良朝助   57 諸派 新人 琉球独立党 会社社長
仲井眞弘多   67 無所属 新人 前県商工会議所連合会会長

選挙結果[編集]

  • 投票日:11月19日
  • 投票率[1]:64.54%(投票者数:669,162名)
男性:62.37%(317,707名)
女性:65.31%(351,455名)
候補者別得票数[3]
当落 候補者名 所属党派 新旧 得票数 得票率
当選  仲井眞弘多  無所属   新人   347,303 
糸数慶子 無所属 新人 309,985
屋良朝助 諸派 新人 6,220
候補者得票合計 663,508

即日開票の結果、無所属新人で自民党・公明党の支援を受けた仲井真弘多候補が糸数候補に4万票近い差をつけて初当選した。当選した仲井真候補は経済界や自民・公明の組織力に加えて、経済振興を全面に訴えたことが功を奏し県内で幅広い支持を集めることに成功したことが勝因となった。これに対し、糸数候補は辺野古への新基地建設反対と普天間飛行場の国外移設を訴えたが、選挙戦の出遅れや候補者選定でのしこりが響いて票を伸ばせなかった[4]

出典[編集]

  1. ^ a b 平成18年11月19日執行 沖縄県知事選挙 投票速報xls)- 沖縄県選挙管理委員会(2011年1月5日閲覧)
  2. ^ 基地、振興争点に 知事選告示3氏届け出 - 2006年11月2日付琉球新報
  3. ^ 開票結果に関する調xls) - 沖縄県選挙管理委員会(2011年1月5日閲覧)
  4. ^ 仲井真氏が初当選 糸数氏に3万7318票差 - 2006年11月20日付琉球新報