鳥取県・島根県選挙区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥取県・島根県選挙区
定数 2人(改選数・1人)
2018年10月25日現在
選出議員
2022年改選
青木一彦
選出議員
2025年改選
舞立昇治
有権者数 1,052,591人
一票の格差・1.62 倍(福井との比較)
総務省・2018年9月登録日現在)
テンプレートを表示

鳥取県及び島根県参議院合同選挙区(とっとりけんおよびしまねけんさんぎいんごうどうせんきょく)は、日本参議院議員通常選挙における選挙区である。参議院一人区の1つ。参議院合同選挙区(合区)の1つ。公職選挙法改正によって、2016年第24回参議院議員通常選挙から適用されている。

概要[編集]

参議院議員通常選挙において議員一人当たりの人口に不均衡が生じている状況(一票の格差)を是正するため、公職選挙法が改正され、鳥取県島根県徳島県高知県の選挙区をそれぞれ合併して新たな選挙区を設ける(いわゆる合区する)ことになった[1]

東西に長い選挙区となっており、両県の日本海側を山陰本線で行けば320キロを超し、山陽新幹線に例えると新大阪駅から広島駅に近い距離であることが報道されている[2]

2019年(令和元年)の第25回参議院議員通常選挙は改選前に島根県選挙区選出の島田三郎が2019年5月に逝去したため、欠員1の状態で改選を行う[注釈 1]

地域[編集]

鳥取県全域、島根県全域

定数[編集]

2(改選1)

選出議員[編集]

※は現職。

回数 当選者 党派 備考
第24回 2016年 青木一彦 自由民主党
第25回 2019年 舞立昇治 自由民主党

選挙結果[編集]

第25回参議院議員通常選挙 鳥取県・島根県選挙区(定数:1人)

2019年(令和元年)7月21日執行
当日有権者数:1,048,600人(鳥取:474,342人 島根:574,258人) 最終投票率:52.20%(鳥取:49.98% 島根:54.04%)

当落氏名年齢所属党派新旧得票得票率推薦・支持
総得票鳥取島根総得票率鳥取島根
舞立昇治43自由民主党328,394票156,653票171,741票
62.26%
68.47%57.50%公明党推薦
中林佳子73無所属167,329票59,764票107,565票
31.72%
26.12%36.01%日本共産党推薦
黒瀬信明34NHKから国民を守る党31,770票12,375票19,395票
6.02%
5.41%6.49%
  • 中林は日本共産党所属であるが、野党統一候補として無所属で立候補した。
第24回参議院議員通常選挙 鳥取県・島根県選挙区(定数:1人)

2016年(平成28年)7月10日執行
当日有権者数:1,070,057人(鳥取:483,895人 島根:586,162人) 最終投票率:59.52%(鳥取:56.28% 島根:62.20%)

当落氏名年齢所属党派新旧得票得票率推薦・支持
総得票鳥取島根総得票率鳥取島根
青木一彦55自由民主党387,787票144,727票243,060票
62.70%
55.38%68.05%公明党推薦
福嶋浩彦59無所属214,917票109,743票105,174票
34.75%
41.99%29.45%民進党生活の党と山本太郎となかまたち日本共産党社会民主党推薦
国領豊太34幸福実現党15,791票6,867票8,924票
2.55%
2.63%2.50%

注釈[編集]

  1. ^ 公職選挙法第33条の2第6項の規定により補欠選挙の対象にはならない。そのため島根県選挙区は欠員のまま廃止された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]