山口敬之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口 敬之
(やまぐち のりゆき)
生誕 (1966-05-04) 1966年5月4日(50歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
教育 慶應義塾大学経済学部
職業 政治部記者
カメラマン
活動期間 1990年 - 現在
肩書き TBSテレビワシントン支局長
ジャーナリスト
配偶者
子供 1男

山口敬之(やまぐち のりゆき、1966年5月4日 - )は、日本のジャーナリスト、元TBSテレビ報道局ワシントン支局長[1]

来歴[編集]

東京都出身。筑波大学附属中学校・高等学校慶應義塾大学経済学部卒業後の1990年4月にTBS(現・東京放送ホールディングス)に入社。同期には渡辺真理(現・フリーアナウンサー)や岩井健浩植田博樹磯山晶などがいる。

入社当初は報道カメラマンのセクションに配属され雲仙普賢岳火砕流、臨時プノンペン支局でカンボジア国際連合平和維持活動等を取材。その後、1993年特派員としてロンドン支局に赴任。欧州はもとよりロシア中東アフリカをカバー。南アフリカ共和国ネルソン・マンデラ大統領誕生やヤーセル・アラファートパレスチナを入り等取材。またルワンダ紛争アイルランド共和軍(IRA)によるテロ攻撃、パレスチナ紛争など各地の内戦や紛争を多く取材した。在ペルー日本大使公邸占拠事件も現地で長期取材した[要出典]

帰国後、社会部(警視庁運輸省など)、政治部(官邸キャップ、自民党外務省など)を担当。その後『JNN報道特集プロデューサー、外信部を経て[要出典]2013年から[要出典]ワシントン支局長。

ワシントン支局長時代の2015年3月、「ベトナム戦争当時の韓国軍慰安所の存在を指摘するアメリカの公文書」に関する調査報道の記事を『週刊文春』(同年4月2日号)に発表した[2]。この記事については、2015年3月26日アメリカ合衆国国務省記者会見で「米国立公文書館の文書がベトナム駐留の韓国軍売春宿を運営していたことを証したという日本からの報道を知っているか」との質問が出て、ラトケ報道官は「知っている」と回答。「この事例は人身売買だが、調査する意図はないか」「この問題で韓国政府と協議するか」などの質問が出た[3][4]。また、韓国のハンギョレ新聞は2015年4月25日の配信記事(日本語版)で「腹立たしくはあるが反論しにくい主張」だと評した[5]。同記事で第47回大宅壮一ノンフィクション賞候補。

2015年4月23日付でワシントン支局長の任を解かれ、営業局へ異動した[6][7]2016年5月30日付でTBSテレビを退社し、ジャーナリストと兼業でアメリカ系シンクタンク研究員に転身した事を自身のFacebookで公表した[8]

著作[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

TBS退社以降

インターネット動画配信[編集]

TBS時代

ラジオ[編集]

TBSテレビ時代

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FACEBOOKプロフィール欄
  2. ^ 週刊文春公式サイト
  3. ^ アメリカ国務省会見記録 2015年3月26日~ベトナム関連(英文)
  4. ^ 週刊文春公式サイト・古森義久記事
  5. ^ 『週刊文春の「韓国軍トルコ風呂」報道、腹立たしいが反論は困難…』(東京/キル・ユンヒョン特派員)
  6. ^ 山口敬之FACEBOOK2015年4月25日
  7. ^ ZAKZAK 2015年04月26日
  8. ^ 山口敬之, 【TBSを辞めました】, Facebook, 2016年6月9日最終確認。

関連人物[編集]

外部リンク[編集]