山口敬之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口 敬之
(やまぐち のりゆき)
生誕 (1966-05-04) 1966年5月4日(51歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
教育 慶應義塾大学経済学部
職業 政治部記者
カメラマン
活動期間 1990年 - 現在
肩書き TBSテレビワシントン支局長
ジャーナリスト
シンクタンク客員研究員[1]
配偶者
子供 1男

山口敬之(やまぐち のりゆき、1966年5月4日 - )は、日本のジャーナリスト、元TBSテレビ報道局ワシントン支局長[2]。一般財団法人日本シンギュラリティ財団代表理事(齊藤元章と共同で務める)。政治団体「日本シンギュラリティ党」代表。

来歴[編集]

東京都出身。筑波大学附属中学校・高等学校慶應義塾大学経済学部卒業後の1990年4月、TBSに入社。

入社当初は報道カメラマンのセクションに配属され雲仙普賢岳火砕流、臨時プノンペン支局でカンボジア国際連合平和維持活動等を取材。その後、1993年特派員としてロンドン支局に赴任。欧州はもとよりロシア、中東、アフリカをカバー。南アフリカ共和国ネルソン・マンデラ大統領誕生やヤーセル・アラファートパレスチナを入り等取材。またルワンダ紛争アイルランド共和軍(IRA)によるテロ攻撃、パレスチナ紛争など各地の内戦や紛争を多く取材した。在ペルー日本大使公邸占拠事件も現地で長期取材した[要出典]

帰国後、社会部(警視庁運輸省など)、政治部(官邸キャップ、自民党外務省など)を担当。その後報道特集、外信部を経て[要出典]2013年からワシントン支局長[1]

2015年4月3日、アメリカでジャーナリズムを勉強していた女性が日本に帰国した際に面会しており、この女性が飲酒中に気を失った後、ホテルで同意を得ないまま性行為に及んでおり、6月には準強姦容疑で逮捕状が出されていたが、刑事部長の決裁により逮捕状の執行が直前で停止されている。同年4月18日、山口氏自身が女性に対しメールを送っており、性行為については認めているが、違法性は否定している[3][4][5]。 2017年9月22日、検察審査会で不起訴相当となっている[6]

2015年4月23日付でワシントン支局長の任を解かれ、入社以来25年間所属した報道局から営業局へ異動した[7][8][1]2016年5月30日付でTBSテレビを退社し、ジャーナリストと兼業でアメリカ系シンクタンク研究員に転身した事を自身のFacebookで公表した[9]

2016年1月15日政治団体「日本シンギュラリティ党」代表に就任[10]。同年3月、一般財団法人「日本シンギュラリティ財団」を設立し、代表理事に就任した[11]スーパーコンピュータ開発会社PEZY Computing顧問でもある[11]

活動[編集]

韓国軍慰安婦について[編集]

ワシントン支局長時代の2015年、米国立公文書記録管理局(NARA)の公文書から、ベトナム戦争の際、サイゴン(現ホーチミン)に韓国兵限定で使用する「トルコ風呂」と呼ばれる慰安所を設置してベトナム人女性に売春させていた事実が判明したとして、『週刊文春』(2015年4月2日号)に韓国軍慰安婦の存在について発表している[12][13]。同記事で第47回大宅壮一ノンフィクション賞候補。


週刊新潮』2017年10月26日号は、文春記事が虚偽・勘違い・捏造を絡めて構成されたものとの疑念を示し[14]、同年10月31日号・11月9日号に検証記事を掲載した。

著作[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

TBSテレビ退社以降

インターネット動画配信[編集]

TBSテレビ時代

ラジオ[編集]

TBSテレビ時代

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c “『暗闘』著者紹介”. 紀伊國屋書店. https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784344030633 2017年12月18日閲覧。 
  2. ^ FACEBOOKプロフィール欄
  3. ^ ““安倍の太鼓持ち”山口敬之のレイプ事件潰しは官邸の圧力? 逮捕寸前に中止命じた警察官僚は菅官房長官の右腕”. リテラ. (2017年5月10日). http://lite-ra.com/2017/05/post-3146.html 2018年1月9日閲覧。 
  4. ^ 「「安倍総理」ベッタリ記者の「準強姦逮捕状」」、『週刊新潮』2017年5月18日。
  5. ^ ““Saying #MeToo in Japan, When it comes to sexual assault and harassment in Japan, a culture of silence prevails.”. ニューヨークタイムズ. (2018年1月2日). https://www.politico.eu/article/metoo-sexual-assault-women-rights-japan/ 2018年1月9日閲覧。 
  6. ^ “元TBS記者は「不起訴相当」 「性犯罪被害」で検審”. 朝日新聞. (2017年9月22日). https://www.asahi.com/articles/ASK9Q54BHK9QUTIL02F.html 2018年1月9日閲覧。 
  7. ^ 山口敬之FACEBOOK2015年4月25日
  8. ^ ZAKZAK 2015年04月26日
  9. ^ 山口敬之, 【TBSを辞めました】, Facebook, 2016年6月9日最終確認。
  10. ^ 政党以外の政治団体(五十音順) (PDF)”. 東京都選挙管理委員会. 2017年12月18日閲覧。
  11. ^ a b “スパコン助成不正受給会社の顧問に元TBS山口敬之氏の名”. 週刊ポスト. (2017年12月11日). http://www.news-postseven.com/archives/20171211_636109.html 2017年12月18日閲覧。 
  12. ^ 「韓国軍が慰安所設置」 ベトナム戦争時 米公文書に記述 産経新聞 2015年3月29日
  13. ^ 韓国軍が数千人ベトナム女性を強姦し、慰安婦にしていた…米国メディア「日本より先に謝罪すべきだ」 産経新聞 2017年4月30日
  14. ^ “文春スクープ「韓国軍に慰安婦」記事に捏造疑惑 山口敬之のもう一つの“罪””. 週刊新潮. (2017年10月26日). https://www.dailyshincho.jp/article/2017/10181701/?all=1 2017年12月18日閲覧。 

外部リンク[編集]