真相深入り!虎ノ門ニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
虎ノ門ニュース 8時入り!

真相深入り! 虎ノ門ニュース
ジャンル 帯番組 / ニュースショー / 討論番組[注 1]
放送国 日本の旗 日本
制作局 DHCテレビ
プロデューサー 山田晃
出演者 居島一平米粒写経
外部リンク 真相深入り! 虎ノ門ニュース
虎ノ門ニュース 8時入り!
放送時間 月 - 金曜日 8:00 – 10:00(120分)
放送期間 2015年4月1日 - 2016年4月1日
真相深入り!虎ノ門ニュース
放送時間 月 - 金曜日 22:00 – 24:00(120分)
放送期間 2016年4月3日 - 2017年3月31日
真相深入り!虎ノ門ニュース(生ストリーミング配信)
放送時間 月 - 金曜日 8:00 – 10:00(120分)
放送期間 2015年4月1日 - 現在

特記事項:
番組名1と2の放送日時はCS放送事業者であったDHCシアターとしてのもの。配信日時に関しては、番組名3を参照。放送事業者として放送期間中も並行してストリーミング同時配信を行っていた。
テンプレートを表示

真相深入り! 虎ノ門ニュース』(しんそうふかいり!とらのもんにゅーす)は、DHCテレビYouTube Live等の動画共有サービスにてライブ配信を行っている報道番組、ニュースショーである。2015年4月1日から2017年3月31日までCS放送チャンネルDHCシアターにて放送されていた[注 2]。改題前のタイトルは『虎ノ門ニュース 8時入り![注 3]

概要[編集]

チャンネル名称をシアターテレビジョンからDHCシアターとして再スタートの目玉として、2015年4月1日より放送開始した番組で、コンセプトとして地上波テレビ局における番組制作過程に存在する、「事前の段取ごと」を省き、番組制作の裏側も見せるコンセプトを掲げている。

放送週[1]の日曜日に、その1週間の内容の総集編が放送され、2015年10月からコメンテーターの放送後から楽屋裏シーンを収録したVTRコーナー「10時ハケ!」を総集編のみで初め、2016年9月4日から、楽屋トークメインの構成にテコ入れし番組タイトルも「楽屋入り!」に改題。また、2017年4月から、楽屋入りは総集編メインから移行され、収録回が生配信の回から数週間のバッファが設けられた。2016年11月の第一週から、全曜日の出演者シャッフルを実施。

番組放送中[2]、メールやTwitter、YouTube Live以外のライブ配信プラットフォームのコメント欄やアンケート募集機能を用いて、意見募集を募っておりハッシュタグを「#虎8」としている[注 4]

番組開始時から、複数の動画配信プラットフォームにてストリーミング生配信を行って来ており、2015年7月放送、配信分から2週間分[注 5]アーカイブとして公開しており、2016年4月1日からAmebaFRESH!での同時無料配信をスタートさせた。一方で、局の方針でDHCシアターチャンネルにおいて、テレビ放送縮減、ネット配信強化の編成を敷くため、制作局での放送時間をプライムタイムに変更したが、従前より並行して行っていたネット配信の配信時間に変更はなく、結果として放送より先行する形になった。

2017年3月31日をもって、DHCシアターが閉局したため、4月3日からテレビでの放送は終了しネット配信のみの番組となったが、これに伴うストリーミング生配信の配信日時の変更は無し。

配信時間[編集]

配信プラットフォームはYoutube Liveニコニコ生放送、FRESH! by CyberAgent

JST表記

  • 平日 8:00 - 10:00(2015年4月4日 - )
真相深入り!虎ノ門ニュース 楽屋入り
  • 金曜日 21:00頃に最新放送回をアップロード(2017年4月7日 - )

放送事業者としての放送時間[編集]

  • 本放送
    • 月 - 金曜日 8:00 - 10:00(2015年4月1日 - 2016年4月1日)
    • 月 - 金曜日 22:00 - 24:00(2016年4月4日 - 2017年3月31日)
  • 再放送
    • 月 - 金曜日 19:00 - 21:00(2015年4月1日 - 2016年4月1日)
    • 火 - 土曜日 5:00 - 7:00(2016年4月5日 - 2017年3月31日)
真相深入り!虎ノ門ニュース 楽屋入り
  • 本放送:日曜 22:00 - 23:00(2016年4月10日 - 2017年3月26日)
  • 再放送:月曜 - 金曜 4:00 - 5:00、土曜 9:00 - 10:00、17:30 - 18:30(2016年4月10日 - 2017年3月31日)
総集編
  • 日曜 12:00 - 13:00(2015年4月5日 - 2016年3月27日)
  • 月曜 1:00 - 2:00(2015年4月6日 - 2016年3月28日)

出演者[編集]

MC[編集]

現在[編集]

過去[編集]

コメンテーター[編集]

2017年8月1日時点
ゲスト
過去のレギュラーコメンテーター

レギュラーコーナー[編集]

曜日共通[編集]

  • ブレイクタイム(月、火曜日を除く)
開始後1時間経過頃のコーナーで、マスコットキャラクターの金魚「虎金ちゃんズ」を映しながら、出演者の雑談の音を流すコーナー。リニューアル前は金曜日のみ首都圏近郊のイベント中継を行っていた。
  • トラ撮り!(火曜日を除く[注 37]
コメンテーターのプライベートや仕事上(宣伝も含む)の写真を紹介するコーナーで、2015年10月1日から開始。番組改題前は「9時撮り!」

オピニオンコーナー[編集]

過去のレギュラーコーナー[編集]

  • 虎ノ門クエスチョン9時Q
  • 青山繁晴の超現場主義
  • 半井小絵のキツネの嫁入り
  • 半井小絵の半信半疑
  • 有本香の世界の裏
  • 小川榮太郎のQ & 榮[注 40]太郎
  • 大高未貴のインシャラー(إن شاء الله)
  • 井上和彦のおもろいやないか!?
  • 厳喜ハツラツ虎ノ門川柳

スペシャル[編集]

  • 青山繁晴×百田尚樹が語る『終戦の日と日本人』
終戦の日記念と題して「敗戦後の祖国の根幹を考える」と表し、青山と百田が対談と別々にロケをした映像で構成した特別番組。
2015年8月15日に前篇、8月16日に後編(共に13:00 - 14:00)として編成[注 41]京都霊山護国神社の境内にて両者の対談を行い、青山がハワイ州オアフ島真珠湾にあるアリゾナ記念館へ、百田が零戦元搭乗員とのインタビューを収録。また、8月22日には対談部分のノーカット版を放送[5][6]
  • 青山繁晴×百田尚樹2016年 日本はこうなる!元旦スペシャル
2016年の元日に日本の行方について対談した。通常のDHCシアターのスタジオではなく、六本木ヒルズ内のYouTube Space Tokyoにて収録を実施。
対談テーマ:第3次安倍改造内閣、憲法改正、日本の安全保障、日本のメディア、竹島尖閣諸島北方領土問題
  • 新春対談スペシャル 2016年の日本を語る
2016年1月4日から8日の放送を通常放送ではなく、新春スペシャルとしてレギュラーコメンテーター陣が出演曜日を入れ替えて特定のテーマについて対談する形式を採った。
  • 月曜:対談相手:武田、半井×井上、テーマ「大東亜会議
  • 火曜:対談相手:百田×加藤、テーマ「日本のメディア」
  • 水曜:対談相手:田母神×ケント、テーマ「日本の国防」
  • 木曜:対談相手:青山×有本、テーマ「世界は変わる」
  • 金曜:対談相手:須田×諏訪、テーマ「日本の経済」
  • 青山繁晴×百田尚樹 1周年記念スペシャル 『日本が世界のリーダーになる日』
2016年4月1日、番組放送開始から1周年を迎え特番として編成し、元日対談同様YouTube Space Tokyoにて収録[注 42]
テーマは、「憲法改正」「外交」について議論。また、この放送回は視聴者及び青山の会社が運営しているインディペンデントクラブの会員を含めた約25人が収録に参加し、「青山・百田にこれが聞きたい」と題して質疑応答を行った。
  • 1周年記念企画 スペシャル対談
2016年4月3日から8日の放送を番組改題を機に、出演者をシャッフルした対談で構成。但し、新春スペシャルとは違い、事前収録形式では無く通常の生放送で編成。
  • 月曜:対談相手:武田×ケント、テーマ「世界の中の日本」
  • 火曜:対談相手:百田×半井×井上、テーマ「国を守るために」
  • 水曜:対談相手:田母神×須田、テーマ「日本をどう守る?」「憲法改正」
  • 木曜:対談相手:青山×ケント[注 43]、テーマ「米大統領選で日本が変わる!?」
  • 金曜:対談相手:有本×竹田[注 43]、テーマ「日本人が知らない日本」
  • 2017年 新春スペシャル!
2017年1月2日から6日放送分を新春特番としてレギュラーコメンテーター陣の出演曜日を入れ替えて特定のテーマについての対談[注 44]
YouTube Space Tokyoにて視聴者及び青山の回のみ青山が所属していた独研のインディペンデントクラブの会員を含めた約30人が収録に参加し、質疑応答を行った。
  • 月曜:対談相手:青山×有本、テーマ「世界の中の日本」
  • 火曜:対談相手:百田×櫻井、テーマ「どうなる?憲法改正
  • 水曜:対談相手:ケント×高山×上念、テーマ「メディアの責任と大ウソ」
  • 木曜:対談相手:大高×有本×半井、テーマ「憂国の虎ノ門女子会
  • 金曜:対談相手:井上×武田×須田、テーマ「混迷する世界情勢とややこしいオッサン」
  • 緊急生放送! 〜デモ隊が来るのでとりあえず番組立ち上げましたSP〜
2017年6月22日(19:00 - 20:30)に通常回とは別の配信回として、同局が番組制作し、TOKYO MX等の特定地上基幹放送事業者放送局番組販売している『ニュース女子』#91(2017年1月2日)の放送内容に対してレイバーネットの有志団体が抗議するデモ隊[7]がサテライトスタジオ前を通過する情報を掴んだ為、対抗するために番組を編成。
MCは緊急に特番を編成したため、居島では無く、プロデューサーの山田が担当し、コメンテーターに百田と武田がスタジオ出演[注 45]、ゲストとして、アメリカ合衆国オハイオ州に出張していた我那覇がSkype中継で番組参加した[8]
  • 番組横断DHCテレビ祭り
2017年8月29日から9月1日、2018年8月7、8日の間の配信をDHCグループメディアの番組と横断的に編成し、2017年は木、金曜は録画とロケの構成。但し、月曜は通常配信と同一。2018年は火曜は事前収録、水曜は『エクストリームBeauty』の配信スタジオであるHARAJUKUAbemaStudioの道中をバスツアー企画として、TOKYO MX本社である半蔵門メディアセンター前迄ロケを行った
2017年
  • 火曜:百田、有本、ゲストMC(ニュース女子):脊山麻理子(フリーアナウンサー、元日本テレビアナウンサー)
  • 水曜:井上、上念、我那覇(Skype中継)、ゲストMC(エクストリームBeauty):伊倉愛美※「楽屋入り」の番外編で両番組終了後も生配信を実施し、ナレーターのせんだ、間宮が生ナレーションを実施
  • 木曜:対談相手:大高×高山×馬渕睦夫[注 46] 、テーマ:世界情勢のフェイクと印象操作
2018年
  • 火曜:百田、櫻井
  • 水曜:須田、上念、ゲストMC:伊倉
  • 2018年 新春スペシャル 日本の未来のために「今」を語る!
2018年1月1日から5日放送分を新春特番として百田を除くレギュラーコメンテーター陣の出演曜日を入れ替えて特定のテーマについての対談。
当該シリーズの特番は、対談テーマに寄せて、全て違う場所にてロケを実施。
  • 月曜:対談相手:青山×すぎやまこういち、テーマ:「真相 日本国憲法」、ロケ地:DNタワー21第一生命館マッカーサー記念室)、サンミ高松 本店
  • 火曜:対談相手:竹田×上念×半井、テーマ:「天皇・皇室~意外に知らない伝統・暮らしに迫る~」、ロケ地:レストラン アラスカ パレスサイド店[注 47]
  • 水曜:対談相手:フィフィ×金美齢×ケント×有本、テーマ:「こうあるべき! 海外から見たニッポン」、ロケ地:大田区池上 古民家カフェ 蓮月
  • 木曜:対談相手:武田×藤井×田母神、テーマ:「三匹のオッサンが斬る! 困った三ヵ国[注 48] 、ロケ地:屋形船船上(晴海お台場
  • 金曜:対談相手:石平×大高×須田×井上、テーマ「ニッポンを蝕む悪を治療する!」、ロケ地:病院ハウススタジオ
  • 2018年 GW、夏休み特別企画 コメンテーターへの大質問タイム "これが聞きたい"[注 49]
2018年5月第1週、8月第3週の後半パートをコメンテーターと視聴者及び番組ギャラリーからの質疑コーナーを設けた
5月の月曜のみレギュラーの青山がアメリカ合衆国への出張[注 50][9][10]のため上念と有本が代理を努め、他曜日はレギュラーと一部ゲストが質疑に応じた

スピンオフ[編集]

2016年4月15日、DHCグループ傘下に入った、CROSS FMにて、2016年7月3日から番宣番組である『Weekly 虎ノ門ニュース』がスタート。パーソナリティは当該番組のMCである居島が担当。10月から放送時間も30分延長された。

出演者[編集]

  • パーソナリティ: 居島一平、川村綾

放送時間[編集]

現在
  • 日曜:7:00 - 8:00(2016年10月2日 - )
過去
  • 日曜:11:00 - 11:30(2016年7月3日 - 2016年9月25日)

スタッフ[編集]

レギュラー放送[編集]

現在[編集]

  • ナレーション:せんだみつお、間宮久美子[注 51]
  • 構成:森下つよし、橋本修平
  • 編集:久保田和樹、土田重之[注 52](BRAISE)、名越義和[注 52](BRAISE)
  • MA:イトルベ・セバスチャン(BRAISE)[注 52]
  • 音楽効果:(株)音楽探険隊、今井雅俊(音楽探険隊)[注 52]
  • 技術協力:Angle、Rays Studio[注 52](BRAISE)
  • ニュース提供:共同通信社[注 53][注 54]ライフビジネスウェザー[注 55]
  • メイク:竹田博美、松下智実、小川幸子
  • スタイリスト:烏丸由紀子[注 56]
  • AD:岡田俊介、宮田譲、町田雄一郎、柳原淳志、竹内雄太、小嶋武尊、小林秀斗、小川晃司
  • ディレクター:岡本光弘(月曜)、如沢大介(火曜)、城後亮介(水、金曜)、松井香与子、中村健(木、金曜)
  • AP:兼田泰子、伊東蓉美子、川本佳乃、越智えりか
  • スタジオ運営:竹村賢治(DHCテレビ)
  • プロデューサー:山田晃(DHCテレビ)、吉田麻理(DHCテレビ) - 2018年1月 - 、山下悟(ウッドオフィス)、八木沼邦彦(ロングテイル)
  • 制作協力:ウッドオフィス[注 57]、ロングテイル
  • 製作著作:DHCテレビ

過去[編集]

  • 構成:槙田英司(月、水曜)、横山雄一郎(水、金曜)
  • ディレクター:示野浩司(月、金曜)2015年4月 - 2017年8月、丹川祥一(月、金曜)、中村慎吾(金曜)、見崎、沫コ(金曜)
  • AP:岩井秀行
  • AD:東亜理沙(月、水、金曜)、田村浩貴、馬暁崢(月、水、金曜)、渡邉沙耶(火曜、木曜)、菅伸広(火曜)
  • プロデューサー:上村直人(DHCテレビ)
  • エグゼクティブプロデューサー:濱田麻記子 - 2015年4月1日 - 2017年10月18日

スペシャル[編集]

  • ナレーション:沢城みゆき
  • VO島田敏
  • カメラ:鈴木康男(コールツプロダクション)[注 58]、薬袋孝人(コールツプロダクション)[注 58]
  • 音声:若林宏美(コールツプロダクション)[注 58]、倉持友和(コールツプロダクション)[注 58]
  • 美術:テレビ朝日クリエイト[注 58]
  • 編集:竹野秀崇(e-naスタジオ
  • MA:坪野有馬(e-naスタジオ)
  • 音楽効果:稲田俊介(音楽探検隊)
  • 技術協力:光学堂、Angle、港家、エムズプロ、FirstShot[注 59]
  • 協力:株式会社独立総合研究所、宇治田博士、愛媛零戦搭乗員会
  • AD:斎藤優美絵[注 58]、小西優輝[注 58]、原田卓弥[注 58]
  • ディレクター:コシダマリ、松宮夢々、平賀知博[注 58]
  • プロデューサー:川上重之(ロングテイル)[注 58]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 特別番組のみ
  2. ^ 2017年3月31日をもってDHCシアターが放送事業者としてチャンネルを閉局したため
  3. ^ 局の方針として改題に伴う番組終了とアナウンスしたが、番組内容は一緒
  4. ^ 改題後も一緒
  5. ^ 番組開始時から6月第4週までは1週間分であったが、2016年4月3日放送分から戻した
  6. ^ 2015年4月、5月迄は月、水、木曜日の担当
  7. ^ 第24回参議院議員通常選挙出馬に伴い、2016年6月22日以降公職選挙法規定に伴い選挙運動期間中は出演見合わせ。
  8. ^ 議員当選後国会審議自民党部会日程の都合により事前収録、リニューアル後は番組前後半の短出で出演の場合あったが、2018年3月の参議院予算委員会出席をしていた際は、月末の収録迄番組を欠席した
  9. ^ 2016年9月29日放送分は有本との対談回
  10. ^ リニューアル以前は木曜に出演(2016年10月27日まで)、同年10月31日から月曜へ移動[3]
  11. ^ a b c d e 青山選挙出馬中の代理出演経験あり
  12. ^ a b ケント、井上共レギュラー昇格前に、2015年8月11日、8月18日、9月8日、10月5日にゲストコメンテーターとして出演
  13. ^ 2016年12月6日にゲスト出演、その後、2017年から準レギュラーに変更
  14. ^ 2016年12月23日、2017年1月20日、2月21日、4月28日
  15. ^ 隔週出演、レギュラー昇格前は2016年7月19日、2017年3月7日、8月1日、11月7日にゲスト出演
  16. ^ 2015年6月19日に単発出演後、レギュラー昇格
  17. ^ 2015年7月時点リニューアル前の週替わりコメンテーター(吉木りさ(タレント) - 2015年6月5日、福島香織(ジャーナリスト) - 2015年6月12日、山口真由(弁護士) - 2015年6月26日)
  18. ^ リニューアル以前は、金曜に出演。隔週で現役国会議員がゲスト出演
  19. ^ a b 出演日では無かったが、番組放送中飛び入り参加経験が有り
  20. ^ 2017年7月以降から、百田が配信しているニコ生チャンネル番組に参加後、百田が1人で出演する際、1人で出演するのがイヤなためにゲストとしてブッキングして以降、元来から番組構成を破壊するを物言いや対応をするため、フォロー役として百田と共に「ゲスト」扱いで出演する場合がある。また、百田を自身の木曜にゲストで出演して貰った配信回も有り
  21. ^ 2015年10月22日にゲスト出演、その後、2017年から準レギュラーに変更
  22. ^ 2016年5月17日、6月30日、10月11日、11月15日、12月13日、12月22日、2017年3月14日、4月26日、6月29日、7月25日
  23. ^ 2016年2月9日にゲスト出演、その後、2017年から準レギュラーに変更
  24. ^ 2016年2月9日、4月8日、5月18日、7月27日、8月24日、9月28日、11月24日
  25. ^ a b c リニューアル以前は月曜に出演し、須田の代理で金曜出演経験あり
  26. ^ 隔週出演、リニューアル以前に須田が隔週レギュラーで出演している『ニュースリアルKANSAI』(テレビ大阪)やゲスト出演している『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)の収録の都合、自身の海外出張で欠席の回があった
  27. ^ レギュラー昇格前に2016年5月24日、6月15日、6月24日、7月13日、7月20日、8月10日、9月14日にゲスト出演
  28. ^ a b リニューアル以前は月曜に出演し、上念がゲスト出演時に水曜に出演する事があった
  29. ^ 隔週出演、レギュラー昇格前は2016年9月6日、2016年9月30日、2016年10月28日にゲスト出演
  30. ^ 無報酬扱い
  31. ^ 出演時は元職、議員返咲き以後出演無し
  32. ^ a b c d e f g Skype中継
  33. ^ a b c 電話出演
  34. ^ 2016年4月14日に公職選挙法違反容疑で逮捕、起訴後に拘留され、同年9月29日に保釈されたが、番組リニューアル直前時点での出演は無く、済し崩し状態で降板。後にゲストで出演。
  35. ^ 毎月第1木曜日のみの出演、2016年8月23日にゲスト出演、その後リニューアルに伴いレギュラー昇格
  36. ^ 4月24日放送分にて、青山のファンを「信者」などと皮肉り、その後プロデューサーが「青山さんに対して不適切な発言だった」と一度は謝罪したが、その後、香山のツィッターに「青山さんはホントに下劣だ」などと皮肉ったツイートが投稿されたことが問題となり、のちに「私(香山)が書いたものではない」と、何者かによって乗っ取られた可能性があると釈明した。しかし、実際には、「香山がファン向けに書いたダイレクトメールの下書きをツイートした」ことが分かったといい、プロデューサーは「アプリケーションの開発会社に問い合わせてみましょう」と調査することを約束したが、後日、香山がプロデューサーへの不満の手紙を出し、そこに、番組降板の申し入れをしたという[4]
  37. ^ 2017年夏以降、火曜レギュラーの百田がこのコーナー構成に不満を持っているため、番組側が意向を汲んでスキップしている
  38. ^ 強力わかもと」のオマージュで本商品にラベルに似せた薬瓶も小道具として使用
  39. ^ 題字は「東京スポーツ」のオマージュ
  40. ^ 題字は「榮の「木」が「A]である
  41. ^ 初回放送以降、リピート放送を複数回行った
  42. ^ 2016年3月15日付収録
  43. ^ a b 対談前に通常のニュースラインナップも消化したため、全編討論では無い
  44. ^ 番組内にて、居島と『キレイを磨く!エクストリームBeauty』のMCである伊倉愛美がコメンテーターをイジるインフォマーシャルが放送された
  45. ^ 武田の翌日通常回出演の前入りと百田の新作著書宣伝を兼ねてのブッキング
  46. ^ 高山はゲスト複数出演しているが、『放言BARリークス』、馬渕『和の未来を創る』出演者としてのゲスト扱い
  47. ^ 皇居への眺望が望めるため
  48. ^ 対談特番ではあるがレギュラーコーナーの「トラ撮り」も番組内で実施
  49. ^ 略称:これ聞き!
  50. ^ テキサス州ワシントンD.C.アメリカ太平洋軍ハワイ州
  51. ^ 総集編のみだが、本編収録分の説明、番宣CMナレーションも担当
  52. ^ a b c d e 総集編及び特番のみ
  53. ^ ニュースの項目によっては他紙のニュースソース使用の場合有
  54. ^ 火曜の場合、百田のTwitterアカウントからのツイートをニュース扱いとして紹介するため、構成作家が書いた独自ニュースを紹介する場合がある
  55. ^ 尖閣諸島天気予報の気象データ提供
  56. ^ 2015年7月1日から居島、7月6日から百田、2016年11月からは有本、半井も担当。
  57. ^ 楽屋入り含め制作を担当し、ウッドオフィスWebページに記載
  58. ^ a b c d e f g h i j 2018年 新春スペシャルのみ
  59. ^ 元日、開始1周年特番のみ

出典[編集]

関連項目[編集]

  • 月刊WiLL※発売日直前に番組内で2分間のインフォマーシャルを実施、また、特定の出演者の中で当該雑誌に寄稿している。
  • 放送法遵守を求める視聴者の会※番組レギュラーである百田、ケント、有本、上念が理事を務め、元出演者である小川も理事をしていた任意団体

外部リンク[編集]