末延吉正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
末延 吉正
(すえのぶ よしまさ)
生誕 (1954-11-09) 1954年11月9日(62歳)
日本の旗 日本 山口県光市
国籍 日本
教育 早稲田大学
慶應義塾大学
職業 ジャーナリスト
活動期間 1979年 – 現在
代理人 末延吉正事務所
代表経歴 ジャーナリスト
テレビ朝日政治部部長
肩書き 東海大学教授

末延 吉正(すえのぶ よしまさ、1954年11月9日 - )は、日本フリージャーナリストである。元テレビ朝日記者で、現在東海大学教授である。バイオリニストの末延麻裕子は姪[1]に当たる。

人物[編集]

山口県光市出身で実家は建設業[1]を営み、近所に岸信介宅があり青少年時代から安倍晋三と面識があった[1]

1979年早稲田大学社会科学部卒業後、テレビ朝日に入社して社会部政治部ニューヨーク特派員、バンコク支局長などを歴任し、湾岸戦争で米軍を従軍取材する。帰国後に「ニュースステーションディレクターを経て、1997年に『スーパーJチャンネル』初代プロデューサーとして番組の立ち上げに携わり、2002年報道局解説委員室にへ異動して『やじうまプラス』などの番組コメンテーターを務める。政治部長在職当時の部下に対する暴力事件[1]2004年11月にテレビ朝日を退職し、末延吉正事務所を設立してジャーナリストとして独立する。

2005年4月に立命館大学経済学部客員教授2009年4月より中央大学経済学部特任教授2012年に家業の代表取締役[2]、にそれぞれ就くする。2013年3月に慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程を修了し、2015年4月に東海大学チャレンジセンター教授に就き、2016年4月に東海大学文学部広報メディア学科教授に移動し、東海大学大学広報部次長に就く。

政治部記者として長く自民党を担当して、同郷の安倍晋三総理とは安倍内閣有力ブレーンの一員と目されるほど旧知で、政権与党に人脈豊富である。2006年2月12日に小沢一郎衆議院議員政治団体である改革国民会議で講演して謝礼50万円[3]、4月11日に小沢一郎政経研究会で講演して謝礼30万円[4]、をそれぞれ収受している。

主な著作に『 "わが友・安倍晋三の「苦悩の350 日」" 』 (月刊現代2007年11月号)、原麻里子柴山哲也編著「公共放送BBCの研究」所収コラム『「怪物君」になったテレビ局ーテレビ報道の光と影』(2011年)などがある。

出演番組[編集]

現在[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去[編集]

テレビ[編集]

テレビ朝日記者時代

注釈[編集]

  1. ^ a b c d 『 "わが友・安倍晋三の「苦悩の350 日」" 』 (月刊現代 2007年11月号)
  2. ^ http://www.suenobu.co.jp/corp/history/ 末延建設株式会社 会社沿革と歴史]
  3. ^ 平成18年度改革国民会議収支報告書
  4. ^ 平成18年度小沢一郎政経研究会収支報告書

外部リンク[編集]