我那覇真子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
がなは まさこ
我那覇 真子
生誕 (1989-08-10) 1989年8月10日(29歳)[1]
日本の旗 日本沖縄県名護市
住居 日本の旗 日本沖縄県
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学人間科学部
職業 政治活動家
活動期間 2013年 - 現在
団体 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会
活動拠点 沖縄県
肩書き 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会 代表運営委員
日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター
運動・動向 保守主義‎
敵対者 琉球新報[注 1][2]
沖縄タイムス
沖縄米軍基地反対派
両親
公式サイト 我那覇真子 公式Webサイト

我那覇 真子(がなは まさこ、1989年[3](平成元年)8月10日[1] - )は、政治活動家。「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員[3]日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター[3]、元編集者

来歴[編集]

沖縄県名護市出身[3]。琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会の運営委員[4]である我那覇隆裕は父であり、「県政奪還! 世直し自分直し沖縄庶民の会」[5]の共同代表我那覇隆夫は隆裕の兄、真子の伯父。ソーキそばの元祖を名乗る丸隆そば[注 2]の創業者であり、名護市議(1970-1986)を務めた我那覇隆光[6]は、隆夫、隆裕の父[7]自由民主党所属の元衆議院議員である嘉数知賢は、隆夫、隆裕と異父兄弟である [8]

当時はFBIのエージェントになるのが夢で[2]沖縄県立名護高等学校在学中の2005年、交換留学によりアメリカオハイオ州カリフォルニア州へ留学した[3]が、FBIへの就職は無理と考えて帰国[2]。警察官を目指したが断念し、名護高校も中退した[2]大検資格取得後、早稲田大学人間科学部へ進学[2]。在学中、高円宮杯全日本中学校英語弁論大会を主催するJNSAの運営委員を務め[3][2]、2012年に同大を卒業[3]。卒業後は後述の出版社に就職が決まっていたが、編集方針の齟齬から卒業直前に進路を変更し、名護市の実家に帰郷し政治活動を開始することになったと父親の隆裕が集会で語っている。帰郷後は名護市で子供たちに英語やダンスを教えていた[2]

2013年2月21日、普天間飛行場辺野古移設を推進する「危険な普天間飛行場の辺野古地先移設促進名護市民大会」にて、地元女性部代表でスピーチをした[2][9]事をきっかけに論壇活動を開始する[2]。スピーチの経験を元に2013年11月、大学時代のインターン先だった株式会社ヘッドラインの協力を経て[10]、合同会社やんばるプレスを設立し、地元でフリーペーパー「やんばるプレス」を創刊[11]した。内容は国会議員へのインタビューをはじめとする政治ネタから、「名護美人」と題したタウン情報も扱い、那覇市や県外からも大きな反響があり創刊号が全て配布されたが、TOKYO HEADLINEとの間で編集方針の齟齬があり廃刊[12]

2014年沖縄県知事選挙では、前県知事であった仲井眞弘多陣営で広報を担当した[12]。その後、2015年4月19日、沖縄本島の地元紙を糾弾する琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会を設立。また、同時に日本文化チャンネル桜沖縄支局のキャスターを務めており[3]、父親とコミュニティFMにてラジオ番組を放送している[13]

普天間飛行場名護市辺野古への移設に賛成の立場を取っている[14]

著作[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

  • 真相深入り!虎ノ門ニュースDHCテレビ)- 2015年10月27日、2016年4月13日、8月31日、2017年2月23日、3月22日、5月31日、6月22日(スペシャル番組出演)、7月4日、10月10日、11月28日、12月12日、2018年2月6日、2月13日、4月24日、5月22日、7月24日
  • ニュースザップBSスカパー!)- 2016年9月29日
  • ニュース女子(DHCテレビ)※VTR出演 - 2017年1月6日
  • 放言BARリークス〜酒と政治とおカネと女〜(DHCテレビ)- 2017年4月15日、4月22日

Web動画配信[編集]

  • 沖縄の声(日本文化チャンネル桜)沖縄支局キャスター※Web配信のみ
  • 我那覇真子のおおきなわ(日本文化チャンネル桜)- 2018年1月5日 -

ラジオ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ プロフィールに明記しているが、実家の商売の都合上、定期購読をしている。
  2. ^ 我那覇隆光、節子が創業したそば店は、名護そば→我那覇そば→丸隆そばと店名を変えている。真子は祖母がソーキそばを発明したと 『真相深入り!虎ノ門ニュース 楽屋入り!』2018/6/22配信 - YouTubeで語っているが、ソーキそばの起源については二説ある。

出典[編集]

  1. ^ a b Profile 我那覇真子 公式Webサイト
  2. ^ a b c d e f g h i “我那覇真子さん「FBIのエージェントになりたかった」「沖縄は『保革伯仲』が真の姿」「実家近くをウロウロする人が…」 (3/5)”. 産経ニュース (産経新聞). (2013年11月15日). http://www.sankei.com/premium/news/170409/prm1704090033-n3.html 2017年1月11日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h 我那覇 真子”. Viewpoint. 世界日報. 2017年1月11日閲覧。
  4. ^ 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会#概要
  5. ^ 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会#活動
  6. ^ 名護市役所. “名護市議会議員名簿”. 2018年6月24日閲覧。
  7. ^ 一般社団法人 沖縄お悔み情報局. “我那覇隆光様 享年98歳”. 2018年6月24日閲覧。
  8. ^ 四国新聞社. “我那覇節子さん死去/嘉数知賢衆院議員の母 2003/05/19”. 2018年6月24日閲覧。
  9. ^ “北部地域振興協議会 市民大会開き辺野古推進を決議”. 琉球朝日放送. (2013年2月22日). http://www.qab.co.jp/news/2013022241393.html 2016年9月28日閲覧。 
  10. ^ “【きょうの人】沖縄・名護でフリーペーパー発刊 我那覇真子(がなは・まさこ)さん(24)”. 産経ニュース (産経新聞). (2013年11月15日). http://www.sankei.com/politics/news/131115/plt1311150035-n1.html 2017年1月11日閲覧。 
  11. ^ “11月15日に沖縄・名護で新メディア「新聞やんばるプレス」創刊”. 東京ヘッドライン (株式会社ヘッドライン). (2013年11月8日). https://www.tokyoheadline.com/11%E6%9C%8815%E6%97%A5%E3%81%AB%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%83%BB%E5%90%8D%E8%AD%B7%E3%81%A7%E6%96%B0%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%80%8C%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%82%84%E3%82%93%E3%81%B0_147876/ 2016年10月2日閲覧。 
  12. ^ a b “沖縄県知事選 20代の選対関係者に聞いた沖縄の現在(下) ── キャスター・我那覇真子さん”. THE PAGE. (2014年11月19日). https://thepage.jp/detail/20141119-00000024-wordleaf 2016年10月2日閲覧。 
  13. ^ ラジオはじめました♪(2016年9月1日)
  14. ^ “「沖縄で人権侵害ない」「知事は尖閣狙う中国の脅威を無視」 国連人権理で辺野古賛成派が反論”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年9月22日). http://www.sankei.com/world/news/150922/wor1509220045-n1.html 2016年10月2日閲覧。 
  15. ^ 本来は安倍、櫻井、半井小絵の3人みの出演であったが、「言論さくら組」での企画として産経新聞紙面と言論テレビで配信しているため、他の聞き手として、産経新聞社 政治部官邸キャップの田北真樹子と加わった。
  16. ^ “【新春2018年 安倍晋三首相と語る】我那覇真子さん「沖縄問題、マスコミの印象操作が政府と国民分断」 首相「基地負担の軽減、最も進めてきた」”. 産経新聞. (2018年1月5日). https://www.sankei.com/premium/news/180105/prm1801050014-n1.html 2018年3月10日閲覧。 
  17. ^ (お年玉無料配信)【櫻LIVE】第272回 - 新春特番:安倍首相に華やかさくら組が迫る! 櫻井よしこ/我那覇真子/半井小絵/田北真樹子(全編) - YouTube

関連リンク[編集]