我那覇真子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
がなは まさこ
我那覇 真子
生誕 (1989-08-10) 1989年8月10日(31歳)[1]
日本の旗 日本沖縄県名護市
住居日本の旗 日本沖縄県
国籍日本の旗 日本
出身校早稲田大学人間科学部
職業政治活動家
活動期間2013年 - 現在
団体琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会
活動拠点沖縄県
肩書き琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会 代表運営委員
日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター
運動・動向保守主義
敵対者琉球新報[注 1][2]
沖縄タイムス
沖縄米軍基地反対派
我那覇隆裕(父)
親戚我那覇隆夫(伯父)、我那覇隆光(祖父)
公式サイト我那覇真子 公式Webサイト

我那覇 真子(がなは まさこ、1989年[3]8月10日[1] - )は、政治活動家予備自衛官。「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員[3]日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター[3]。元編集者

来歴[編集]

沖縄県名護市出身[3]。父は、琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会の運営委員[4]我那覇隆裕。「県政奪還! 世直し自分直し沖縄庶民の会[5]の共同代表我那覇隆夫は隆裕の兄、真子の伯父。ソーキそばの元祖を名乗る丸隆そば[注 2]の創業者であり、名護市議(1970-1986)を務めた我那覇隆光[6]は、隆夫、隆裕の父[7]自由民主党所属の元衆議院議員である嘉数知賢は、隆夫、隆裕と異父兄弟である [8]

FBIのエージェント(特別捜査官)になることを夢みて[2]沖縄県立名護高等学校在学中の2005年、交換留学によりアメリカオハイオ州カリフォルニア州へ留学したものの[3]、FBIへの就職は無理と考えて帰国[2][注 3]。警察官を目指したが断念し、名護高校も中退した[2]大検資格取得後、早稲田大学人間科学部へ進学[2]。在学中、高円宮杯全日本中学校英語弁論大会を主催する日本学生協会基金の運営委員を務め[3][2]、2012年に同大を卒業[3]。卒業後は後述の出版社に就職が決まっていたが、編集方針の齟齬から卒業直前に進路を変更し、名護市の実家に帰郷し政治活動を開始することになったと父親の隆裕が集会で語っている。帰郷後は名護市で子供たちに英語やダンスを教えていた[2]

2013年2月21日、普天間飛行場辺野古移設を推進する「危険な普天間飛行場の辺野古地先移設促進名護市民大会」にて、地元女性部代表でスピーチをした[2][9]事をきっかけに論壇活動を開始する[2]。スピーチの経験を元に2013年11月、大学時代のインターン先だった株式会社ヘッドラインの協力を経て[10]、合同会社やんばるプレスを設立し、地元でフリーペーパー「やんばるプレス」を創刊[11]した。内容は国会議員へのインタビューをはじめとする政治ネタから、「名護美人」と題したタウン情報も扱い、那覇市や県外からも大きな反響があり創刊号が全て配布されたが、TOKYO HEADLINEとの間で編集方針の齟齬があり廃刊[12]

2014年沖縄県知事選挙では、前県知事であった仲井眞弘多陣営で広報を担当した[12]。その後、2015年4月19日、沖縄本島の地元紙を糾弾する琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会を設立。また、同時に日本文化チャンネル桜沖縄支局のキャスターを務めており[3]、父親とコミュニティFMにてラジオ番組を放送している[13]

名護市辺野古への米軍新基地建設に賛成の立場を取っている[14]

2016年、父隆裕を中心に真子と妹の舞輝の3人で沖縄のFM21から「応用心理ラジオセミナー」を開始。隆裕が講師を務める応用心理カウンセラー協会[15]は、その創設者を、生長の家元幹部の菊池藤吉[16]に持ち、広義には、戦後も日本の天皇を「国家生命の全機的統一者」と唱え、「明治憲法復元運動」を展開した生長の家創設者谷口雅春の思想に立ち戻り継承しようとする、いわゆる生長の家本流運動の一派に位置する心理カウンセリング団体である。

2017年1月2日、DHCテレビが製作し、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)で放映された「ニュース女子」第91回の沖縄県の米軍基地反対運動を取り上げた正月特集番組に、ボギー手登根(手登根安則)と依田啓示と共に出演[17]。後に、同番組に対して放送倫理・番組向上機構(BPO)は、「重大な放送倫理違反があった」[18]と意見書を公表。DHC会長吉田嘉明産経新聞に異例の反論を寄稿し、「BPOは正気か」「アジアの中でも唯一日本人だけがヨーロッパ人に近い民族」などと持論を展開した。[19]

2017年12月6日、我那覇のラジオ番組「沖縄防衛情報局」が、「沖縄の反戦平和運動はほとんどが偽物」「朝鮮人や中国人はどうして平気でうそをつくのか」など、差別的ともとれる発言を放送していた問題[20]で、浦添市「FM21」と那覇市「FM琉球」、本部町「FM本部」の3局は第三者機関による番組審議会を開催。我那覇側に対し「改善がなされない場合は12月末で終了」[21]と通告。26日に、我那覇側は「内容を改善し継続したい」と返答した。その後、3局での放送は終了し宜野湾市「ぎのわんシティFM」・うるま市「FMうるま」・「沖縄ラジオ」での放送に変わっている。

2021年1月現在、「大統領選挙取材のため」と称してアメリカ・ワシントンDCに滞在中(本人ツイッターより)。

2021年4月22日、虚偽や差別的な内容を含むとして番組審議会から通告を受け、2018年6月末に打ち切りとなったラジオ番組に関し、表現の自由を侵害されたとして契約の確認や損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は請求を棄却した一審那覇地裁判決を支持し、「FM21側が、これらの発言が放送法が定める遵守事項や放送倫理に抵触する恐れがあると判断するのは相応の理由がある」として控訴を棄却した[22]

2020アメリカ大統領選挙[編集]

CNNおよびジェフ・ザッカーに対する誹謗中傷[編集]

2020/12/04にプロジェクト・ベリタス英語: Project VeritasCNNの電話会議を盗聴し切り貼りした映像に、我那覇真子が嘘の字幕を乗せて公開した。 字幕での我那覇の主張は、ディープステートハンター・バイデンのメールを偽物であると広報している、CNNやジェフ・ザッカー英語: Jeff Zuckerのそのキャンペーンを行っている、ルドルフ・ジュリアーニを貶める事でメールの信頼性を落とそうとしている、ドナルド・トランプをキチガイに仕立て上げようとした、トランプと弁護団を信頼できない様に見せようとした。
英文の内容は、ルドルフ・ジュリアーニは役に立つ馬鹿ではないか?、ハンターバイデンを貶める為の偽メールキャンペーンはワシントン(トランプ政権)が取りまとめた大きなデマの一部、本当にキチガイ(craziness)なのは弁護団ではなくトランプ、メアリー・L・トランプの暴露本の様にトランプは精神病と言うのを広める路線に戻るべき、トランプに仕えた官僚が辞任し「あの男はキチガイ(crazy)だ」と言っていてこれは一面の事実だ、トランプを攻撃すると言うのは目の付け所が良いキチガイ弁護団(the crazy legal team)だけでなくトランプも攻撃対象になる点で。[23] [注 4]

コーネル大学図書館のアーカイブ[編集]

根拠のない不正選挙の申し立てが広まった結果、選挙への信頼が損なわれたとして、コーネル大学図書館のアーカイブサイト、arXivにて情報発信源の一つとして記録された[24]

著作[編集]

  • 『日本を守る沖縄の戦い ―日本のジャンヌダルクかく語りき―』アイバス出版、2016年。ISBN 978-4-861-13616-0

出演番組[編集]

テレビ[編集]

  • 真相深入り!虎ノ門ニュースDHCテレビ)- 2015年10月27日、2016年4月13日、8月31日、2017年2月23日、3月22日、5月31日、6月22日(スペシャル番組出演)、7月4日、10月10日、11月28日、12月12日、2018年2月6日、2月13日、4月24日、5月22日、7月24日
  • ニュースザップBSスカパー!)- 2016年9月29日
  • ニュース女子(DHCテレビ)※VTR出演 - 2017年1月6日
  • 放言BARリークス〜酒と政治とおカネと女〜(DHCテレビ)- 2017年4月15日、4月22日
  • 新唐人電視台- 2020年12月24日- ジャーナリスト・我那覇真子さん「日本も米国と同じ危険にさらされている」

Web動画配信[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ プロフィールに明記しているが、実家の商売の都合上、定期購読をしている。
  2. ^ 我那覇隆光、節子が創業したそば店は、名護そば→我那覇そば→丸隆そばと店名を変えている。真子は祖母がソーキそばを発明したと 『真相深入り!虎ノ門ニュース 楽屋入り!』2018/6/22配信 - YouTubeで語っているが、ソーキそばの起源については二説ある。
  3. ^ FBI特別捜査官はアメリカ市民であることが最低条件。加えて連邦捜査局#人員・装備にもある通り、非常に高い学歴が必要。
  4. ^ 動画中のワシントンと言う単語はトランプ政権の事だと推定される、"a term"は可算名詞なので専門用語、"It gets tied to"は主語がitなので主体的に何かしろと言う話ではない"That's the real story, in some way."は"一面の真実である"我那覇訳の様に"仕立てれる"なんて訳は存在しない、"pawning"は"信頼できなくみせる"ではなく"(精神病だ)と伝える"ぐらいの物で、マイナスのイメージを伝えるだけで、事実無根の様なニュアンスは無い。

出典[編集]

  1. ^ a b Profile 我那覇真子 公式Webサイト
  2. ^ a b c d e f g h i 三枝玄太郎 (2013年11月15日). “我那覇真子さん「FBIのエージェントになりたかった」「沖縄は『保革伯仲』が真の姿」「実家近くをウロウロする人が…」 (3/5)”. 産経ニュース (産経新聞). http://www.sankei.com/premium/news/170409/prm1704090033-n3.html 2017年1月11日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h 我那覇 真子”. Viewpoint. 世界日報. 2017年1月11日閲覧。
  4. ^ 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会#概要
  5. ^ 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会#活動
  6. ^ 名護市役所. “名護市議会議員名簿”. 2018年6月24日閲覧。
  7. ^ 一般社団法人 沖縄お悔み情報局. “我那覇隆光様 享年98歳”. 2018年6月24日閲覧。
  8. ^ 四国新聞社. “我那覇節子さん死去/嘉数知賢衆院議員の母 2003/05/19”. 2018年6月24日閲覧。
  9. ^ “北部地域振興協議会 市民大会開き辺野古推進を決議”. 琉球朝日放送. (2013年2月22日). http://www.qab.co.jp/news/2013022241393.html 2016年9月28日閲覧。 
  10. ^ “【きょうの人】沖縄・名護でフリーペーパー発刊 我那覇真子(がなは・まさこ)さん(24)”. 産経ニュース (産経新聞). (2013年11月15日). http://www.sankei.com/politics/news/131115/plt1311150035-n1.html 2017年1月11日閲覧。 
  11. ^ “11月15日に沖縄・名護で新メディア「新聞やんばるプレス」創刊”. 東京ヘッドライン (株式会社ヘッドライン). (2013年11月8日). https://www.tokyoheadline.com/11%E6%9C%8815%E6%97%A5%E3%81%AB%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%83%BB%E5%90%8D%E8%AD%B7%E3%81%A7%E6%96%B0%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%80%8C%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%82%84%E3%82%93%E3%81%B0_147876/ 2016年10月2日閲覧。 
  12. ^ a b “沖縄県知事選 20代の選対関係者に聞いた沖縄の現在(下) ── キャスター・我那覇真子さん”. THE PAGE. (2014年11月19日). オリジナルの2014年11月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141121165540/https://thepage.jp/detail/20141119-00000024-wordleaf 2016年10月2日閲覧。 
  13. ^ ラジオはじめました♪(2016年9月1日)
  14. ^ “「沖縄で人権侵害ない」「知事は尖閣狙う中国の脅威を無視」 国連人権理で辺野古賛成派が反論”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年9月22日). http://www.sankei.com/world/news/150922/wor1509220045-n1.html 2016年10月2日閲覧。 
  15. ^ 応用心理カウンセラー協会 | 応用心理学・話し方上達教室・沖縄心の相談室・母親大学”. archive.is (2018年3月16日). 2019年11月30日閲覧。
  16. ^ 応用心理カウンセラー協会 | 応用心理学・話し方上達教室・沖縄心の相談室・母親大学”. ouyoushinri.com. 2019年11月30日閲覧。
  17. ^ (日本語) 『ニュース女子』#91, https://www.youtube.com/watch?v=SpPxLRYiTrs 2019年12月1日閲覧。 
  18. ^ 第27号 | BPO | 放送倫理・番組向上機構 |”. www.bpo.gr.jp. 2019年12月1日閲覧。
  19. ^ 【DHC会長独占手記】「ニュース女子」騒動、BPOは正気か” (jp). オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」. 2019年12月1日閲覧。
  20. ^ 「沖縄の平和運動は偽物」「朝鮮・中国人は平気でうそ」 沖縄市の地域FM局で放送”. 沖縄タイムス. 2017年9月20日 08:15閲覧。
  21. ^ 差別的放送「改善する」 出演者が地域FM局へ回答 番組は継続 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2020年1月16日閲覧。
  22. ^ 番組打ち切りに「相応の理由」 我那覇真子氏の控訴を棄却 福岡高裁那覇支部” (日本語). 琉球新報デジタル. 2021年4月22日閲覧。
  23. ^ 我那覇真子 (2020年12月6日). “【日本語字幕】10#CNN​ 内部電話会議 CNNのジェフ•ザッカー ルディ•ジュリアーニを”役に立つバカ”とCNNの幹部との朝9時の電話会議で攻撃する”. 2021年5月2日閲覧。
  24. ^ VoterFraud2020: a Multi-modal Dataset of Election Fraud Claims on Twitter
  25. ^ 本来は安倍、櫻井、半井小絵の3人みの出演であったが、「言論さくら組」での企画として産経新聞紙面と言論テレビで配信しているため、他の聞き手として、産経新聞政治部官邸キャップの田北真樹子と加わった。
  26. ^ “【新春2018年 安倍晋三首相と語る】我那覇真子さん「沖縄問題、マスコミの印象操作が政府と国民分断」 首相「基地負担の軽減、最も進めてきた」”. 産経新聞. (2018年1月5日). https://www.sankei.com/premium/news/180105/prm1801050014-n1.html 2018年3月10日閲覧。 
  27. ^ (お年玉無料配信)【櫻LIVE】第272回 - 新春特番:安倍首相に華やかさくら組が迫る! 櫻井よしこ/我那覇真子/半井小絵/田北真樹子(全編) - YouTube

関連リンク[編集]