八木景子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やぎけいこ
八木景子
八木景子
2016年2月
生年月日 1967年
出生地 東京都[1]
職業 映画製作会社・代表[2]
事務所 合同会社八木フィルム
公式サイト 公式ウェブサイト
主な作品
ビハインド・ザ・コーヴ 〜捕鯨問題の謎に迫る〜[3]
テンプレートを表示

八木 景子(やぎ けいこ、1967年[1] - )は、日本の映画監督。2015年に『ビハインド・ザ・コーヴ 〜捕鯨問題の謎に迫る〜』を製作し監督デビューし、同作品は 2018年2月17日に反捕鯨国の英国ロンドンで開催されたロンドン・フィルムメーカー国際映画祭で長編ドキュメンタリーベスト監督賞を受賞した[4][5]

東京都生まれ[1]。アメリカの映画配給会社の東京支社で8年間勤務し、2011年3月に退職[1]。2014年、映画制作会社「合同会社八木フィルム」を設立[6]。同年春にドキュメンタリー映画『ビハインド・ザ・コーヴ 〜捕鯨問題の謎に迫る〜』を企図、同年7月から和歌山県東牟婁郡太地町で4か月間の撮影を行い、半年かけて編集をし、監督デビュー作の製作を単独で行った[6]

八木本人はアマゾンガラパゴスキューバ南アフリカケニヤエジプトインドなどの秘境を旅したことが有り、日本を外から見る機会を得ている日本人であると、モントリオール世界映画祭で紹介された[7]

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “モントリオール世界映画祭に出品 : 太地の捕鯨テーマに制作 : 八木景子監督が思いを語る”. 熊野新聞ウエブサイト. (2015年9月2日). http://www.kinan-newspaper.co.jp/history/2015/9/2/05.html 
  2. ^ a b 小山田研慈 (2015年9月2日). “「ザ・コーヴ」に対抗、反捕鯨活動追う カナダで上映へ”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/articles/ASH8W4DKBH8WULZU009.html 
  3. ^ お知らせ : 8/7 マスコミ試写会 (PDF)”. 水産ジャーナリストの会ウェブサイト. 水産ジャーナリストの会. 2015年11月3日閲覧。
  4. ^ “反捕鯨国・英の映画祭、捕鯨問題描いた日本映画が受賞”. TBS NEWS. (2018年2月18日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3295471.html 2018年2月18日閲覧。 
  5. ^ “最優秀監督賞に日本人=捕鯨批判に反論-英映画制作者祭”. 時事通信. (2018年2月18日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021800179&g=soc 2018年2月18日閲覧。 
  6. ^ a b “「日本の食文化アピール」 捕鯨の映画制作の八木監督が会見”. 紀伊民報ウェブサイト. (2015年9月1日). http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=300655&p=more 
  7. ^ “movie-BEHIND 'THE COVE'” (英語). The Montreal World Film Festival (World Film Festival). (2015年). http://www.ffm-montreal.org/en/462-en_behind-the-cove-.html 2015年11月4日閲覧。 
  8. ^ DROP CINEMA SPECIAL : 『あの女はやめとけ』”. 専門学校ENBUゼミナール. 2015年11月4日閲覧。
  9. ^ Keiko Yagi (2015年8月12日). “Behind "THE COVE" digest (Youtube)”. YAGI Film Inc.. 2015年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]