久野潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久野 潤(くの じゅん、1980年8月1日 - )は日本教育者戦史艦内神社研究家。大阪観光大学国際交流学部専任講師(担当は日本史[1]、外国史[1]、講義内容は文章講読、日本神話論、日本人の心性〈神道〉、現代生活基礎、現代文化基礎、礼法・作法の精神など[2])、名城大学非常勤講師(2015年~農学部一年生を対象にした教養科目〈15コマ2単位〉で日本の歴史と文化の講義を行っている)、竹田研究財団理事、京都竹田研究会幹事長[3]日本国史学会事務局長[要出典]

来歴[編集]

奈良県生駒市出身。奈良学園中学校・高等学校卒。2003年、慶應義塾大学総合政策学部総合政策学科卒[4]。2006年、京都大学大学院法学研究科国際公共政策専攻修士課程修了[5][6]中西輝政の薫陶を受けた[要出典]

戦艦「大和」の艦内神社は大和神社から、重巡洋艦「愛宕」の艦内神社は愛宕神社から、などという形で同名神社から分霊されていると報告している[7]。艦内神社とは、艦内に存在する船の守り神を祀る神棚である[8]。近年では大東亜戦争に参戦した旧日本陸海軍の元兵士を訪ね、その体験談を聞き取り調査の研究している。またブラウザゲームである「艦隊これくしょん -艦これ-」についても艦内神社の関心への入り口になってほしいと述べている[9]。2018年に発刊された百田尚樹の著書『日本国紀』の校閲を行い、書誌情報には記載されていないが「監修」であると自認している[10]

補注[編集]

受賞[編集]

アパグループ主催・第七回『「真の近現代史観」懸賞論文』佳作(2014年)

著書[編集]

  • 『新島八重 -とある会津女子の生涯-』 (晋遊舎新書 S09)
  • 『帝国海軍と艦内神社 神々にまもられた日本の海』(祥伝社
  • 『帝国海軍の航跡―父祖たちの証言』(青林堂

寄稿[編集]

  • 『保守陣営のネット上戦闘力』(那須陽一名義)WiLL (雑誌)2008年4月号
  • 『やはり民主党には政権は任せられない 政権交代の意義と国体の復原性と』時事評論石川2009年4月号
  • 『「日本をまもる」ためにまもるべきもの--国体の再認識と、国家・歴史の当事者への転換』教育再生兵庫2011年
  • 『欧米に脅威を与えた戦艦「大和」』ザ・リバティ2019年5月号幸福の科学出版
  • 『「銃後」という失われた意識--解説に代えて』ロバート・D・エルドリッヂ『人口減少と自衛隊』(扶桑社新書 300)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]